不動産

最新ビジネスモデルを打ち出した経営者・古木大咲氏を知る

若いうちに経営者として成功を収めている古木大咲氏は、IoT・デザインアパートメント運営会社を経営しています。

不動産業界に詳しい人であれば、古木大咲氏がどのような人物なのかご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、そこまで業界に詳しくない人は古木大咲氏についても知らないという人は多いでしょう。

古木大咲氏は、これまでにはなかったIoTを活用した不動産サービスを提供してきたため、業界の中では革命児的な存在であると言えます。

今回は、そのような実績を残してきた古木大咲氏の経歴や関連ニュース、名言、考え方などについてご紹介していきましょう。

古木大咲氏がどのような経歴を持つのか、どのような考え方をしているのかを知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

古木大咲氏の生い立ちや経歴

IoT・デザインアパートメント運営会社の経営者である古木大咲氏は、これまでに様々な実績を残し、不動産業界に新しい風を吹き込んできました。

経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社は、設立されてからわずか9年で上場しています。

これは、古木大咲氏が持つ経営者としての手腕が非常に素晴らしいということを意味していると言えます。

そこで、まずは彼の生い立ちや経歴からご紹介していきましょう。

 

若い頃は苦労が絶えなかった

古木大咲氏は、1979年9月14日に鹿児島県鹿児島市で生まれました。

父親が自営業をしていて、その背中を見て育ってきました。

しかし、自営業を営んでいた父親は古木大咲氏が中学3年生の時に亡くなってしまいます。

それをきっかけに、鹿児島県から福岡県へと移住します。

移住してからは、福岡県内にある高校に入学しますが、わずか1年で中退してしまうのです。

その後は、アルバイトをしながら生活を続けていました。

高校をわずか1年で中退してしまった背景には、家族に学費で迷惑をかけたくないという気持ちがあったと言います。

今は、大きな実績を残している古木大咲氏にそのような生い立ちがあったことを信じられないという人も少なくないでしょう。

そんな中、コンビニや居酒屋などでアルバイトをしながら生計を立てていたのですが、どのアルバイトもなかなか長続きせず、あちこちを転々としていました。

その様子を見た身内からは、非難されてしまうこともあり、辛い思いもしてきました。

このように古木大咲氏の過去を振り返ってみると、若い頃は苦労が絶えなかったことが分かります。

 

「いつかは自分の会社を経営する」という強い思いを持っていた

アルバイトを転々とするような生活を送り、周りから非難され続けてきた古木大咲氏ですが、「いつかは自分の会社を経営する」という強い思いを持ち続けていました。

アルバイトでも生活ができないということはありませんが、そのままの生活に不安を感じるようになっていったのです。

そして、起業することを決意しました。

しかし、起業をするためのノウハウなどが全くないという状態だったため、すぐに起業することはできませんでした。

そこで古木大咲氏は、不動産会社で正社員として働くことにしました。

入社した時は、営業職を希望していましたが、これまでの経歴や学歴から物件の清掃担当として働くことになりました。

希望している配属とは全く異なりましたが、古木大咲氏は諦めることなく営業職を目指します。

休日返上で飛び込み営業を行い、成果を出していきました。

その成果を認められ、ずっと夢を抱いていた営業職への転身が実現することになります。

 

その後古木大咲氏は、25歳の時に独立を決めます。

独立してからは、デザインアパートなどの賃貸物件の分譲を行うといった事業を中心に展開していました。

少しずつ実績を残し始めた矢先に、リーマン・ショックという大きな出来事が世界を襲いました。

国内の不動産業界なども大きな打撃を受け、古木大咲氏が立ち上げた会社も同様に大きな打撃を受けることになったのです。

そんな中でも、ピンチをチャンスに変えるために業態を変革してきました。

そして、これまでには無かった在庫を持たない不動産のビジネススタイルを構築することに成功しました。

現在は、東証一部上場に市場変更しているため、かなり早い成長を遂げている会社だと言えます。

 

 

古木大咲氏に関連するニュース・リリース情報

古木大咲氏は、若い実業家として知名度が高い人物です。そのため、これまでに様々なメディアでも取り上げられています。続いては、古木大咲氏が出演したニュースなどについてご紹介していきます。

 

ビジネス情報雑誌の巻頭企画に登場している

古木大咲氏は、ビジネス情報雑誌の巻頭企画に登場したこともありました。

ビジネス情報雑誌の巻頭企画に登場した理由は、これまでの経営者にはないような経歴を持っているからだと考えられます。

リーマン・ショックで大きな打撃を受けてからの新しいビジネスモデルの構築、効率の良いシステム構築ができたのはなぜなのか、といった内容が企画で取り上げられました。

この企画の中で、多くの人が印象的だと感じたのは、仕事の本質について語っていることではないでしょうか?

仕事を上手く進めていくためには、現場が最も重要だと古木大咲氏は考えています。

わざわざ現場に足を運び、どのような状況になっているかを確認するほど現場を重要視しているのです。

現場を経営者が確認することによって、仕事をより効率良く進めるための環境作りにも役立ちます。

そしてそれは、社員の働きやすさにもつながり、より成長性のある会社へと変化していけるのでしょう。

 

電子書籍でも経営者として取り上げられている

多くの経営者を取り上げている電子書籍でも、古木大咲氏は取り上げられています。

古木大咲氏の会社は、従来の不動産会社にはない斬新なビジネスモデルを導入しています。

そのビジネスモデルによって、大きな成長を遂げました。

その点に注目している経営者が多かったことから、多くの経営者を取り上げている電子書籍からも声がかかったと考えられます。

ビジネスモデルだけではなく、多くのピンチをチャンスに変え、乗り越えてきた古木大咲氏の経歴や最近の取り組みまで紹介されていました。

 

このような取り上げられ方をしていることから、古木大咲氏が経営している会社は、まだまだ成長していく可能性が大きいと考えられます。

古木大咲氏が実際に語っていた言葉も紹介されているため、フリーターという経歴があっても成功できるということがよく分かる内容となっています。

また、電子書籍という形式を採用しているため、インターネット環境があれば誰でも読めるようになっているのです。

 

古木大咲氏は、この他にもラジオやインタビューといった形でもメディアに取り上げられています。

IoT・デザインアパートメント運営会社の経営者である古木大咲氏が大きな注目を集めていると言えるでしょう。

 

 

古木大咲氏の名言や経営における考え方

若くして成功した古木大咲氏は、これまでに多くの名言も残してきました。

最後に、古木大咲氏の名言や経営における考え方について見ていきましょう。

 

古木大咲氏の名言

まずは、古木大咲氏の名言から見ていきましょう。

 

まず社員に、なぜビジネスモデルを変えるのか理解してもらう必要がありました。そこで、全社員がキャッシュフロー計算書をつくれるようにしたのです。実際に自社のキャッシュフロー計算書をつくってもらい、これまでのビジネスモデルがいかに危険であるかを理解してもらいました

ビジネスの流行や大きなビジョンもあると思いますが、目の前のことをひとつひとつ丁寧に解決していった先に、結果として大きな目標の達成がある。周りにあまりとらわれず、地味な努力をコツコツやることが大事です

引用元:https://superceo.jp/tokusyu/hirameki/100179

古木大咲氏が経営している会社は、これまでになかった新しいビジネスモデルを構築した事業を行っているため、固定概念に捉われていては上手くいかなくなってしまう可能性も考えられるでしょう。

また、よりIoTに精通した人材を採用するためにも、会社自体の成長と信用力の強化は重要です。

そのようなことを踏まえて考えることができた古木大咲氏だからこそ、このような言葉を発したのではないでしょうか。

 

古木大咲氏の経営における考え方

次に、古木大咲氏の経営における考え方について見ていきましょう。

 

古木大咲氏は、仕事を成功させるためには無駄をなくすことが重要だと考えています。

無駄なものを嫌っている古木大咲氏は、業務効率を改善させるためにはどうしたら良いのかを考えた時に、無駄をなくす取り組みをしてきたと言います。

古木大咲氏が経営している会社は無在庫型のビジネスモデルを採用していますが、このビジネスモデルを採用した理由としても「無駄を省くこと」が念頭にあったと考えられます。

さらに、業務フローの見直しなども行い、根本的な部分から改善しようと取り組んできました。

そのためには無駄を省くだけではなく、「見える化」を心掛け、どんなに小さなことでも改善していきました。

それが、結果として大きな成長へとつながっているのではないでしょうか?

 

このような考え方を持つ古木大咲氏だからこそ、新しいビジネスモデルを取り入れたIoT・デザインアパートメント運営会社を大きく成長させることができたのでしょう。

これからも、古木大咲氏は活躍していくと考えられます。