不動産

不動産テックへのこだわり、古木大咲氏の革新的なビジネスとは?

IoTの活躍が目覚ましくなってきた日本では、最先端のテクノロジーを活かした事業が多くなってきました。

今回は、古木大咲氏が不動産業界に新たな風を吹き込んだ「革新的なビジネス」についてご紹介していきます。

これから、事業を確立したいと考えている人はぜひ目を通してみてください。

 

 

古木大咲氏が考える”不動産テックが必要な理由”

近年ではIoT・デザインアパートメント運営会社の経営を行う古木大咲氏も、不動産テックは魅力的なものとして事業に取り入れています。

不動産事業とテクノロジーを掛け合わせた「不動産テック」という言葉も注目され始めるほど普及してきており、より良いものへと進化していたテクノロジーの数々は、古木大咲氏の考えに衝撃を与えるものでした。

ここでは、古木大咲氏が考える不動産への熱き思い、不動産テックについて詳しくご紹介していきましょう。

 

最新のテクノロジーが生み出す新たな販売スタイル

不動産事業を運営する古木大咲氏は、会社側が土地を購入し、その土地にアパートを建てて売るというのが、一般的なビジネスモデルだと述べています。

古木大咲氏が設立した会社でも以前は、このようなビジネススタイルを通して販売を行っていましたが、それでは非効率的だと気付いたのです。

リーマンショックを経験し、融資条件が厳しくなったことから一気に売り上げは激減していきました。

事業体制を持ち直すために考えられた策は、「在庫を持たないビジネス」というものであり、不動産テックを取り入れ、これまでにはないビジネスで勝負に出ることを決めます。

在庫を持たないビジネスは今までの販売方法とは違いがあります。

これまでの企業側が土地を購入し建物を建てる方法が一般的だったビジネスモデルを変化させ、不動産テックの力を借りてマッチングサイトによりオーナーに土地を買ってもらうことから始まります。

購入してもらった土地にアパートを建設することで、これまでにはないスムーズなアパート経営ができるようになりました。

そして古木大咲氏が運営する会社では、テクノロジーを使い管理代行も素早く的確に行えるようにしています。

オーナーが手軽に運営を始められる仕組みを作り出し、多くの販売実績を残してきました。

 

IoT・デザインアパートメント運営会社の古木大咲氏は、不動産テックに目を付けて事業に取り組んできました。

これからも発展していくテクノロジーに合わせてどんどんビジネススタイルを画期的なものへと進化していくことでしょう。

 

 

11万円から購入できるクラウドファンディングが画期的な理由

IoTの力を借りてビジネスを発展させてきた古木大咲氏は、クラウドファンディングも活用しようとしています。

ここからは、古木大咲氏が運営している会社で行われている、1口1万円から購入できるクラウドファンディングについて詳しい情報をまとめていきます。

 

まずクラウドファンディングとは何なのか?

クラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語になっています。

ネットを上であらゆる活動や夢を発言し、たくさんの人に伝え共感を得ることで融資を募ることを指しています。

近年では様々な企業が行う事業の一部として存在しており、以前よりも普及してきました。

 

新事業、1口1万円からのクラウドファンディング

IoT・デザインアパートメント運営会社を経営する古木大咲氏は、最先端のテクノロジーを活かしたクラウドファンディングにも目を付けました。

これまでアパート経営を行うためには、かなり多くのコストが必要とされていました。

数千万円といった大金がアパート経営には必要で、これだけ多くの資金を自己資金として出すか、金融機関から借りなければいけませんでした。

これに対して、古木大咲氏はリーマンショック後の日本では「誰にでもアパート経営を行える」という夢が叶わないと気付きます。

この問題を断ち切るために古木大咲氏は、1口1万円から出資ができる投資を考えました。

ネットを使い、WEB上で1棟の物件に対して複数の投資家から出資を集めてき、企業側が運用によって得た利益を分配していくシステムになっています。

運用側にとっては1万円という誰でも投資できる金額によって、資金調達できる人の幅を増やすことができます。

また、少額投資をしたいと考えている人達の投資意欲を高めることにつなげてくれます。

そうして利用者を増やしている1口1万円からのクラウドファンディングはアパート経営で立ちはだかる資金問題を解決し、誰にでもアパート経営が経験できる素晴らしい事業を展開することに成功しています。

多くの資金を集められない人でもアパート経営の世界に踏み込むことができるように進化し、これからも新たな不動産テック事業を展開していく古木大咲氏は、IoT×アパートメント事業のスペシャリストとしてトップに君臨していくことでしょう。

 

 

無在庫ビジネスが優れている理由

在庫を持つことなく会社の運営を行っていける無在庫ビジネスは、画期的なビジネススタイルとして注目を集めています。

ここでは、無在庫ビジネスの優れている点や、古木大咲氏が行う無在庫ビジネスの特徴についてご紹介していきましょう。

 

古木大咲氏が自社で行う無在庫ビジネスとは?

古木大咲氏が経営している会社では、チャットを通して土地情報やデザインアパート企画、施工、賃貸管理とありとあらゆることを行っています。

これは在庫を持たないからこそできる事業であり、オーナー自身が土地の場所、賃貸物件のデザインを決めることができ、オーナーが満足できるアパート経営が行える点が特徴的です。

そのため、オーナー一人ひとりが自身のこだわりを持って建てられる物件が多く、似たような建物が少なくなります。

これにより建物の差別化につながり、バリエーションを増やし、オーナーが理想とするアパートで運営を行えます。

また、建物の在庫管理をする必要がないので、管理コストを抑え他の部分に多くの費用を割くことができるでしょう。

デザイン性を高め、低価格で提供できることが挙げられ、オーナーにとってありがたい条件が整います。

 

アパートメント事業での無在庫ビジネスの先駆けを納めた古木大咲氏は、今後も在庫がないビジネスで勝負していくと予想できます。