商材の噂・真相

森谷祐二氏の翻訳ってどんなもの?怪しくない?

わずか3ヶ月で翻訳に必要な英語と翻訳のスキルを身に付けられると話題の
森谷式翻訳術ですが、それって本当?そんな短期間でできるなんて怪しくない?
と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は森谷祐二氏とはいったいどんな人物なのか、経歴や年収、翻訳術の特徴など詳しく掘り下げていきたいと思います。

森谷祐二さんとは

森谷祐二さんとはいったいどんな人物なのか、紹介していきましょう。
1969年4月22日生まれの森谷祐二さんは、翻訳会社の試験に合格してからわずか3ヶ月で月収100万円以上稼いだプロの翻訳者です。

翻訳者となる前は会社員として働いていた森谷祐二さんですが、働きすぎて過労で体を壊し入院したこともあるそうです。
そのとき生死の境をさまよい、死に直面したことが再度自分の人生を見直すきっかけになったと言います。

そんな経験から「自分の好きなときに好きなだけ仕事ができる環境が欲しい」「英語を使って仕事をしたい」と翻訳スクールに入学しました。
しかし、翻訳スクールに入ったからといってすぐに成果が出るわけではありません。
森谷祐二さんも長い間成果を出すことができず、一時は翻訳者の道を諦めようと思ったこともあるそうです。

そんなときに、翻訳者として欠けている自分の問題に気付いたのです。
その後は翻訳会社の試験にも合格し、わずか3ヶ月で月収100万円を達成しています。
今では誰もが知っている有名企業から依頼が殺到し引く手あまたな翻訳者として活躍しています。

森谷祐二さんの過去

現在は翻訳講師として翻訳指導に力を注がれていますが、どのような経緯で今に至っているのでしょうか。

上でも説明したように、働きすぎて体を壊してしまった森谷祐二さんは、生死の境をさまよったことが人生を見つめ直す転機となりました。
そして、時間や場所に捉われない自由な働き方と好きなことを仕事にし、安定的に稼げるスキルを身に付けたいと考えるようになり、それを実現したのです。

実際に森谷祐二さんのような働き方をしたいと考えている人は多いでしょう。
そのような方たちのために、森谷祐二さんは自身が構築したメソッドを伝授すべく翻訳者育成スクールを開講するに至ったのです。

森谷式翻訳術最大の特徴「トランスクリエーション」

森谷式翻訳術は、翻訳に必要な英語や翻訳に関するスキルを業界最速で身に付けることができるカリキュラムです。
わずか3ヶ月で翻訳者としてデビューできると謳っていますが、もちろんそれには根拠があります。

その根拠というのが「トランスクリエーション」を学べることであり、森谷式翻訳術最大の特徴といっても過言ではありません。

ではトランスクリエーションとはいったい何なのでしょうか。
「翻訳(translation)」と「創造(creation)」を組み合わせた造語である
「トランスクリエーション」は、英語圏ではクリエイティブに他の言語や文化にマッチングさせることと定義されています。
つまりトランスクリエーションは、正しい翻訳に意訳を加えたものを指し、ただ直訳するだけではありません。

本来、翻訳は原文の持つ意味を正確に訳すものではと思われるかもしれませんが、意訳を加えることでさらに訴求力を持たせることができます。
ビジネスがグローバル化したことで、商品の説明もただ翻訳するだけでなく、相手に合わせて、最も効果的な書き方をする必要があると言われています。

例えばネットで商品を購入しようとした際に、日本語の商品説明がどこかおかしい商品を目にしたことはないでしょうか。
確かに直訳すればそうなのかもしれませんが、商品の魅力が伝わらないだけでなく、怪しさすら感じてしまい、結果購入を辞めてしまうなんてことにつながります。
原文はもちろん重要であるものの、そこに本来原文の持っていた意図や戦略、ブランディングなどの様々な要素を加味した上で、その国の文化や市場に適した表現を使うことにより、より商品イメージを向上させることができるのです。

このようにトランスクリエーションとは創造的な翻訳であるため、英語力に加えて日本語の表現力も必要としますが、そのような技術を持った翻訳者は少ないのが現状です。
そして、医療や法律といった分野では正確な情報が求められるため、
何でもかんでもトランスクリエーションを用いれば良いという訳ではありません。
求められている分野で正確に提供することが重要なのです。

森谷式翻訳カレッジの概要、コース種類

トランスクリエーションに特化した授業を行っている森谷式翻訳カレッジは英語コースのみです。

「通常コース」「マンツーマンコース」「セルフプログラム」の3コースあります。
通常コースとマンツーマンコースはどちらも随時受講可能で、受講期間は6ヶ月です。
セルフプログラムでは教材のみ提供で、期間は教材の提供から1年間、随時受講可能となります。

この翻訳者育成スクールでは、翻訳スクールでは珍しく完全オンラインで授業を行っています。
そのため、全国どこにいても同じ授業を受けることが可能です。
スクールへ通うための移動時間もかからないため、仕事をしていたり、子育てをしていたりと普段忙しい人でも効率的に翻訳について学ぶことが可能です。

また、カリキュラムが終了したから終わりではなく、スクール卒業後のキャリアサポートも実施しています。
せっかくカリキュラムが終了しても翻訳者になれなかったら受講した意味がありませんから、しっかりキャリアサポートを行ってくれる点は、受講するか迷っている方の背中を押すポイントとなるのではないでしょうか。

口コミ調査

ここまで、森谷式翻訳術について詳しく紹介してきましたが、実際に試した人はどのように感じているのでしょうか。
口コミを探してみましたが、あまり参考となるような口コミを見つけることができませんでした

あまり良いことが書かれていない書き込みはありましたが、よく見てみるとそのどれもが実際に体験していない人が書き込んでいるようでした。

実際に体験した人だったら参考になりますが、体験していないうえに同じことばかり書かれているものは、あまり参考となりません。

こういった口コミの多くは不満のある人がはけ口として書くことが多く、満足している人はすぐに次の目的へ移るため、結果として良い口コミは少ない傾向にあります。

そのため、私が探した限り悪い口コミがなかったということは、実際に森谷式翻訳術を受講し不満を持っている人はほとんどいないということではないでしょうか。

まとめ

「英語が好き」「英語力を活かした仕事をしたい」と考えていても、翻訳という仕事はハードルが高く感じている人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、森谷式翻訳術なら最短でわずか3ヶ月で翻訳に必要とされる英語スキルと翻訳スキルを身に付けることが可能です。

これは、時間や場所に捉われない自由な働き方を希望している方や好きな英語を使った仕事をしたいと考えている方にとってとても魅力的な内容でしょう。

グローバル化が進む中で、翻訳という仕事は今後も需要拡大が見込める産業です。
さらにトランスクリエーションの技術を身に付けることで、より翻訳の仕事の幅も広がるでしょう。

現状を何とか変えたい、英語スキルを活かした仕事をしたいと考えているならば、一歩前へ進むために挑戦してみてはいかがでしょうか。