企業の概要

トキネクトとは?デザインの評判や口コミを調査

この記事では、株式会社トキネクトについてご紹介していきます。

企業においてブランディングをおこなうことは、差別化を図るためには有効な手段といえます。

しかし、どうアピールしていけばいいのか分からずに悩んでいる企業もあるでしょう。

トキネクトは、ブランディングを軸にしてWEBサイトの企画や構築などのほか、名刺のデザインや店舗デザインなどを設計・構築してくれる企業です。

活用することで、ユーザーに対してほかの企業やサービスとは違うものであると認識させることにつながります。

企業独自のデザインを構築したいといった希望がある方は、本記事を読んでトキネクトについて深く知っていただければと思います。

 

トキネクトとは?

デザイン

まずは、トキネクトがどういった企業であるのかをご紹介していきます。

 

デザインや広告などを取り扱う企業

トキネクトは、広告デザインやWEBサイトの構築などをおこなっている企業です。

デザインを変えるだけで未来が変わる」と企業の代表でもある倉知氏は伝えています。

似合っていないデザインを作ったとしても企業やサービスの内容、商品と見合っていないデザインであれば人々の目や記憶に残すことは難しいです。

イメージの合うものを作り出すことで差別化が図れ、サービスや商品の良さを伝えることにもつながるのでしょう。

そのためにもトキネクトはブランディングが重要だと考えヒアリングを徹底的に行い、デザインをしていきます。

ヒアリングでは、オリジナルのヒアリングシートを活用しクライアントの想いを理解していきます。

会話も大事にしており、その中から問題解決のための糸口があると考えているため、トキネクトではクラインアントとの仲を深めることにも重点を置いているのです。

 

トキネクトが宣言していること

トキネクトがデザインをしていくうえで何を大切にしているか解説していきます。

 

企業に馴染むデザインと仕組みづくり

トキネクトでは中小企業にこそブランディングは重要だと考えています。

価格競争に巻き込まれてしまえば、ブランドが確立していない企業は飲み込まれ経営にも大きく影響を与えてしまうでしょう。

価格競争に負けないためにも、大手企業のブランディングを真似しようと考える企業もいるでしょうが、思うような結果が出ずに思い悩んでしまう人もいるはずです。

中小企業は、中小企業なりのやり方があるため、資本力や広報力、もともと持っているブランド力のある大手企業の真似をしても成功しないのです。

中小企業は独自の価値を作り出すことが重要だと考え、そのための土俵作りをトキネクトではおこなっています。

 

困っている人の助けになるデザインを考える

デザインが変わるだけでその企業の未来も大きく変わります。

」にも「」にもなり得るデザインだからこそ、困っている人たちのために自分たちが持っているパワーを提供したいとトキネクトでは考えています。

良い商品を編み出したにも関わらずスポットライトが当たっていないことで悩んでいる企業を救い出すために、トキネクトは全力を注いでくれるので、ブランドのイメージを定着させたい、良いデザインを考えたい、などと悩んでいる企業はトキネクトに一度相談してみましょう。

 

トキネクトの会社概要

デザイナー

ここでは、トキネクトの会社概要についてご紹介していきます。

 

会社概要

  • 社名:株式会社トキネクト
  • 設立:2020年12月
  • 資本金:300万円
  • 代表:倉知礼門
  • 事業内容:WEBサイトの企画・構築・運営、写真撮影、映像制作、グラフィックデザイン、広告デザイン、名刺デザイン、リーフレットデザイン、店舗デザイン・設計・施工など

 

働いている人物について

トキネクトで働いている人物をご紹介していきます。

 

総合演出・ディレクション

トキネクトの代表を務めている倉知 礼門氏は、どうやったら物事を伝えることができるのか「魅せ方」を考える人物です。

なぜ儲かるのか」「なぜ儲からないのか」といった経営の難しさを幼少期からみてきたことで、ブランディングの大切さを実感しています。

また、ファイナンシャル・プランナーの資格を持っている変わった経歴の持ち主でもあります。

 

デザイナー・シェフ

西川 純一氏は好奇心をさらに強くするデザインを考える人物です。

インパクトのあるデザインを構築するだけではなく、DNAに語りかけるようなデザインを編み出してくれます。

 

映像制作・音響

映像制作や音響を担当しているのが森田 啓資氏です。

クライアントが持つ「伝えたい想い」を汲み取り、イメージに近い作品に仕上げることを大切にしている人物です。

 

ブランディングの重要性

はてな

トキネクトではブランディングを軸にデザインを構築していますが、企業にとってブランディングがなぜ重要であるのか、その理由に迫っていきましょう。

 

ブランディングの意味

そもそも、ブランディングの意味を知っていますか?

ブランディングとは、ブランドを形作るための活動、企業や商品に対するイメージを定着させるための活動を意味します。

ほかの企業から出されている類似した商品と区別するためにも、デザインや商標、名称やキャッチフレーズなど、様々な要素が組み合わさることでブランドを形成していくのです。

そして、そのブランドを認知させていくことで自社のポジションが明確化され世の中に浸透させていくことができます。

 

ブランディングによるメリット

ブランディングから得られるメリットについてご紹介していきます。

 

リピート率のアップ

企業では、新規顧客を得るために投資を行い、リピート購入で生まれる利益によって投資の回収を行うことが一般的です。

リピート率が低い場合には、投資した分を回収できなくなってしまうため、企業の経営に大きな影響を与えてしまいます。

しかし、ブランディングが確立していることで他社の商品とは比較をせずに商品を購入してもらえるようになります。

リピート率が上昇すればするほど、投資のための回収が簡単になるだけではなく、商品開発にも着手しやすくなります。

その結果、企業全体の利益を上げることにもつながるので、リピート客を増やすためにもブランディングは重要となります。

 

価格競争の回避

類似商品があると価格競争に巻き込まれるケースがあります。

似たような商品であれば、価格の安い方に乗り換えるユーザーは多いので価格競争に負けてしまえば経営にとって大きな問題となるでしょう。

しかし、ブランディングが成功している商品であれば、価格だけではなく商品そのものが持っている価値に魅力を付けられるため、たとえ価格がほかの商品よりも高くても、その企業の商品を使い続けることに価値があると判断されるので価格競争に巻き込まれずに済むのです。

 

コスト削減ができる

ブランドを定着させるまで宣伝費用が必要になるブランディングですが、成功すればリピート客が増えるので宣伝費用を抑えながら商品を販売していくことができます。

宣伝をせずとも「指名買い」が増えることで宣伝をせずとも商品を売ることができるのでコスト削減につながるのです。

 

トキネクトの評判・口コミは?

サーチ

最後にトキネクトを実際に利用した人たちの口コミをご紹介していきます。

しかし、トキネクトは2020年12月に設立したばかりの会社です。

そのため現在はネット上に口コミや評判が掲載されていません。

しかし、公式ホームページを見る限りには非常にこだわりを持っている企業だということが分かります。

インパクトのあるデザインで興味を持てるような内容となっているため、企業においてのブランディングのためにも力を尽くしてくれ、満足のいく結果につながることが予想できる企業だと考えられます。

 

まとめ

男性

ここまで、株式会社トキネクトについてご紹介してきました。

口コミや評判については掲載されていないため、満足度を調べることはできません。

しかし、ホームページの内容を見る限り、こだわりを持っている企業だということが分かります。

ブランディングを成功させるべく、デザインの協力を依頼したい場合には、トキネクトを候補のひとつに入れて企業選びをしてみてください。

企業の力になってくれることでしょう。