企業の概要

東亜産業|コロナ禍でも成長する企業の採用情報を調査

女性とグラフ

現在、新型コロナウイルスが流行していることから企業それぞれの取り組みが重要になり、
それにより成長できる企業なのか、また社会貢献活動が行われている企業なのかどうかが
注目されるようになりました。

コロナ禍と言われている現在、社会貢献活動が注目され、
さらに目覚ましい成長を続けている企業があります。

それは、株式会社東亜産業です。

今回は東亜産業がどのような会社なのかといった部分から、
現在募集している職種や企業理念、採用方針などを併せてご紹介します。

東亜産業って何をしている会社!?

はてなで顔を隠した人

東亜産業は、電気製品・日用雑貨・美容健康製品・PC周辺機器・医療機器等の企画開発・製造、
アプリケーションソフトウェア企画開発及び運営を行っている会社です。

本社は東京都千代田区外神田に位置しており、平成8年9月に設立されました。

資本金は1,000万円、売上高は令和2年8月期現在で約330憶円にまで上ります。

本社以外にも、国内拠点として福岡ロジスティクス(物流センター)や
電子タバコ・電気製品の製造を行う福岡工場
食品を提供している久留米工場柳川工場があります。

子会社は、佐賀県唐津市に東和化粧品株式会社
東京都内にSKS株式会社ABC JAPAN株式会社があります。

その他にも海外に協力会社や工場があり、規模としても大きい会社だと言えるでしょう。

 

コロナ禍で行った大きな社会貢献活動が話題!

花束

現在も成長を続けている東亜産業では、
コロナ禍に社会貢献活動を行っていることで注目されています。

新型コロナウイルスが世界中で流行し始めた2020年春から、
全国のドラッグストアで元々取り扱っていたアルコールハンドジェルなどの衛生用品を
大量に納品しました。

その頃には既に品薄状態が続いていた衛生用品を一度に大量納品することは
なかなか難しいことです。

しかし、世の中の情勢を鑑みた東亜産業は、
この時期だからこそ需要が高まり必要な人の元へ届けられるようにと
納品を決定したのではないかと考えられます。

また、東亜産業はハンドジェルなどの衛生用品を取り扱っていることでも有名な会社です。

数年前まで中国に所在している自社工場にてマスクを製造していましたが、
最近はマスクの製造を中止していました。

しかし、その機械を稼働させてマスクを製造し、
名古屋市・広島市・北九州市という東亜産業にゆかりのある地へ寄贈したのです。

この時製造したマスクは全て寄付しており、販売はしていません。

他にも東京や福岡などの都市へマスクを寄贈しており、
計160万枚ものマスクを配布していました。

このことから、東亜産業はコロナ禍で大きな社会貢献活動を行っていたことが分かります。

 

東亜産業の募集職種がこちら!

メモする女性

東亜産業は電気製品・日用雑貨・美容健康製品・PC周辺機器・医療機器等の企画開発・製造、
アプリケーションソフトウェア企画開発及び運営を行っている会社なので、
募集している職種も多岐にわたります。

募集職種それぞれの採用条件をご紹介しましょう。

 

新商品企画

勤務地は本社となっていて、給与は基本給25万円+歩合制です。

賞与はありませんが必要な資格も特にありません。

新商品開発や既存商品の改良、デザインの打合せなどが仕事内容です。

案件によっては九州や中国への出張があります。

 

食品バイヤー

勤務地は本社となっており、給与は25万円~35万円、
賞与は夏と冬の年に2回給与の1ヶ月分となっています。

必要な資格は特にありません。

国内での食品の仕入れや仕入れ先の新規開拓、
供給ルートの確保などの業務全般が仕事内容となっています。

 

品質管理(化粧品)

化粧品の品質管理に関する業務全般を行う品質管理は、
勤務地が本社で給与は28万円~32万円、賞与は夏・冬の年2回あります。

化粧品・薬事に特化した資格を有していることが条件です。

 

EC担当

主に東亜産業のECサイトの動画編集・広告宣伝を行う職種で、勤務地は本社になります。

給与は23万円~25万円で、賞与はありませんが資格も特にありません。

 

デザイナー

本社勤務のデザイナーは、給与が25万円~35万円、賞与は年に2回で資格は必要ありません。

新商品のパッケージデザインからデザイン業務全般が仕事内容となります。

 

営業(商品企画)

既存顧客への新商品提案や新規開拓、納期の管理などが主な業務内容となっています。

勤務地は本社、給与は25万円+歩合制、賞与はないものの要資格は特にありません。

 

経理

本社勤務となる経理は管理職候補であれば35万円~50万円、
一般であれば25万円~30万円の給与となっており、賞与も年に2回となっています。

要資格は、管理職だと日商簿記2級相当以上経理業務に精通している人、
一般は日商簿記3級程度経理経験のある人としています。

 

知的財産(調査)

知的財産・特許・意匠に関する侵害調査や、
その他知的財産に関する業務全般が仕事内容です。

必須となる資格はありませんが、
弁理士資格や知的財産管理技能士等を有する人が望ましいでしょう。

本社勤務となり、給与は28万円~35万円、賞与も年に2回となっています。

 

法務

弁護士資格を有していなければなりませんが、法務に関する業務全般が仕事内容となります。

本社勤務で給与が50万円~60万円、賞与は年に2回あります。

 

東亜産業の理念、採用方針等のまとめ

握手

どの会社に応募する際にも、
その企業の持つ理念や採用方針などを明確に知っておく必要があります。

ここからは東亜産業の経営理念や採用方針について、まとめてご紹介します。

 

まずは、東亜産業の経営理念は“お客様に『驚き』『豊かさを届けることを目指しています。
そして、当社に関わる、従業員も含めた全ての方が幸せになれること”としています。

お客様に寄り添った経営をしていくと同時に、
関わっている従業員も含め全ての人を幸せにしたいという願いが込められている経営理念です。

コロナ禍に行っている社会貢献活動を鑑みても、
東亜産業に関わる人を幸せにしたい、何とかしてあげたいという思いを感じられるでしょう。

加えて採用方針は

会社全体が常に新しいことに挑戦しているので、
変化していく中でアンテナをはり、チャンスをつかみ、
常にチャレンジし続けることのできる方を歓迎します。

です。

東亜産業は常に先を見据え上を目指している人を求めており、
そういう人材が多いからこそコロナ禍でも成長を続けられる会社になっていると考えられます。

 

働く社員の声をピックアップ

笑顔の女性

実際に働いている社員の声をピックアップしてご紹介していきます。

どのような働き方ができるのかチェックしていきましょう。

 

若くてベンチャー感あります。一人一人個人事業主って感じがします。頭の周りが速い人達と働くのは凄く楽しいかと思います。

上司とはほぼ距離感ないかと思います。仕事上問題や悩み有れば普通に上司達に言っても大丈夫です!この点につきましてちょっと自分もびっくりしました!

いろんな国の人がいます!日本語以外にも中国語、英語、韓国語が飛び回ってます

引用:https://en-hyouban.com/company/10105853887/kuchikomi/5193783/

この口コミからは、非常にフラットな社風となっていることが分かります。

外国籍の社員が多いこともあり、社内では日本語以外の言語も多く飛び交っているようです。

上司との距離感が近いので相談しやすい環境が整っていると考えられます。

 

会社が常に成長していることを感じられるのが一番の魅力です。そのため、他の会社では経験できないことができたり、チャンスをたくさん与えてもらうことができます。会社の成長が個人の成長、個人の成長が会社の成長に繋がる、とても働きがいのある会社です。

引用元:https://en-hyouban.com/company/10105853887/kuchikomi/2934912/

この口コミからは、個人の成長と共に会社の成長も感じられていることが分かります。

自分の成長が会社の成長につながると言っていることから、
与えられるチャンスも多く自身の成長につながりやすい環境下で業務が行えて、
それがやりがいにつながっているようです。

また、キャリアアップも狙える会社だということが分かる口コミです。

 

社員からの口コミを見る限り、
グローバルな会社であることやフラットな社風で意見や相談もしやすい社内環境であること、
個人の成長が会社の成長につながっていると感じられるほどしっかりとキャリアアップが狙えること、
また自分の実力を感じられる環境であることが分かりました。

様々な国籍の社員がいることで、より活気のあるオフィスになっているのでしょう。

 

まとめ

ラテアート

東亜産業は現在コロナ禍でありながらも成長を続けている会社です。

そのため、今後さらに成長が期待できる会社とも言えるでしょう。

成長している会社はハードルが高いとイメージされますが、
東亜産業では特に資格を要さない職種も多く募集されています。

さらに、自身の成長を目指している人や積極性のある人を求めているので、
中途でも目指しやすい会社と言えるでしょう。

よりグローバルな環境で自身の成長を感じたい、
やりがいのある会社で働いてみたい人はぜひ応募してみてはいかがでしょうか?