企業の概要

アールエスアセットマネジメントが掲げるSDGsへの取り組みとはいったい?

アールエスアセットマネジメント

東日本大震災を機にエネルギーに関する見直しが図られてきた日本では、原子力発電や現在主流となっている火力発電だけではなく、安全性の高い太陽光発電や風力発電、水力発電に注目が集まっています。
東京都港区で再生可能エネルギーに関する事業を手掛けているアールエスアセットマネジメントでは、これまでに多くの場所に太陽光発電や風力発電を導入し日本の未来に貢献してきました。
そんなアールエスアセットマネジメントは2020年から、SDGsへの取り組みを行うと掲げています。
今回は、アールエスアセットマネジメントを詳しく知りたい人に向けてアールエスアセットマネジメントの詳しい事業内容、そしてSDGsの取り組みについての情報も発信していきます。
日本の未来を明るくする情報が詰まっているので、ぜひご一読ください。

アールエスアセットマネジメント

アールエスアセットマネジメントが行う事業について

アールエスアセットマネジメントは太陽光発電や風力発電、水力発電、バイオマス発電、地熱発電といった地球環境に優しい再生可能エネルギーを用いて日本の電力供給源を増やしたり、供給量を増加させてたりなど様々な活動を行ってきました。
2013年3月に立ち上げられたアールエスアセットマネジメントですが、数年にして大きな功績を残しています。
アールエスアセットマネジメントが中心的に広めている太陽光発電は多数の導入実績を誇り、合計容量に関しては400MW以上にも及んでいます。

また、アールエスアセットマネジメントでは太陽光発電を通じて投資をサポートする事業も行われています。
年金が受け取れるのかどうかの判断がつかない日本において、老後の心配をする人が多くなっています。
働き方改革によって働く時間が短くなっている今、老後のために稼ぎたくても多く稼げないのが現実です。
労働問題が懸念される時代の中でアールエスアセットマネジメントの太陽光発電事業が救いの手となり、豊かな暮らしをもたらすとされています。

太陽光発電を用いた投資は、アールエスアセットマネジメントの特別目的会社が設備の設置候補地の選定、設備設置、期中メンテナンスといった多くのことを担ってくれます。
そのため、投資家となる導入した人は、設備設置にかかる費用やメンテナンス費用を出費するだけで投資が始められるようになっているのです。
運用を考える必要もなく、経験豊富な特別目的会社が運用地において効率的な発電方法になるように考えて運用してくれます。

アールエスアセットマネジメントが一括で同じ特別目的会社に依頼していることから、運用にかかるコストを大幅に少なくしてくれていることにつながっています。
投資に使い過ぎてしまったといった多額の資産を失う心配性は少なく、投資が初めての人にも運用を始めやすい金額で提案してくれます。

アールエスアセットマネジメントはインベストメント事業も行っています。
インベストメント事業を詳しく説明すると、特別目的会社に対しての特別組合出資を行っており、事業の一つとして会社自らが投資を行う事業も行われています。
投資をサポートするために特別目的会社を紹介するアールエスアセットマネジメントでしたが、数多くの投資をサポートしていく中で、投資のノウハウをたくさん身に付けた人物が多く在籍しています。
そのため、有益な企業への投資を多く行い、サポートに基づいた収益だけではなくインベストメント事業によってより安定的な収益を確保することにつながっています。

 

アールエスアセットマネジメントの新たな目標、SDGsの達成とは?

アールエスアセットマネジメントではこれまでに地球環境に関する貢献を多く行ってきましたが、2020年に入り新たな目標を立てています。
それは「SDGsの達成」であり、より良い地球にするために必要な条件です。
まずはSDGsについて詳しく説明していきます。

 

SDGsとは?

SDGsはSustainable Development Goalsの略になっており、日本語に訳すと持続可能な開発目標になります。
これはニューヨーク国連本部において行われたサミットによって定めた目標です。
150以上の加盟国首脳の参加により決定した目標は、2030年までに目標を達成させると示しています。
地球の限りある資源を大切に、そして人間が変わらず繁栄できるように計画したとされているのです。

 

SDGsの具体的な目標は?

SDGsには17の取り組み目標があり、具体的には以下のようなものがあります。

1:貧困をなくそう
2:飢餓をゼロに
3:すべての人に健康と福祉を
4:質の高い教育をみんなに
5:ジェンダー平等を実現しよう
6:安全な水とトイレを世界中に
7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに
8:働きがいも経済成長も
9:産業と技術革新の基盤をつくろう
10:人や国民の不平等をなくそう
11:住み続けられるまちづくり
12:つくる責任 つかう責任
13:気候変動に具体的な対策を
14:海の豊かさを守ろう
15:陸の豊かさも守ろう
16:平和と公正をすべての人に
17:パートナーシップで目標を達成しよう

17もの取り組み目標が日本だけではなく世界全体を豊かにする目標として、SDGsを構成しています。
アールエスアセットマネジメントではこれらの中でも7番と13番である、エネルギーをみんなにそしてクリーンに、気候変動に具体的な対策をという2つの目標を達成させるためにさらに活動を大きくしていくと述べています。

現在主流になっている火力発電から太陽光発電に移植するサポートを行っていき、各家庭にも太陽光発電を行える設備を整えることで、火力発電ばかりに頼らない未来が作れるのです。
具体的数字の目標はCO2の排出削減量で数字にしており、2020年現在は151,619トンの削減量を2021年以降では倍以上の448,380トンまでに引き上げるとしています。
また、太陽光発電により年間発電量は2020年では292,700MWhから865,598MWhの発電量を誇れるように地球に優しい未来を創造していきます。

アールエスアセットマネジメント

太陽光発電投資の魅力を伝え続けるアールエスアセットマネジメントの評価は?

アールエスアセットマネジメントではただ単に太陽光発電設備を増やしていくだけではありません。
多くの人にもエコな地球活動に参加してもらえるように活動しているのがアールエスアセットマネジメントの務めになっています。
太陽光発電投資を通すことで太陽光発電の規模を大きくしながら、様々な人に投資が未来を支えてくれることの素晴らしさを伝えてきています。
企業だけではなく個々が太陽光発電を支える力になってもらい、これまでの日本に貢献してきたのです。
そんなアールエスアセットマネジメントは一体どんな評価を得ている会社なのでしょうか?
ここからは競合他社と比較した内容をご紹介していきます。

 

SBエナジーとの比較

ソフトバンクグループ株式会社の100%子会社であるSBエナジーでは、グループの信用力とシナジーを背景にして、安定した企業体制で事業を進めています。
太陽光発電は固定価格買取制度により契約からの20年間はずっと同じ価格で売電を行うことが可能です。
そのため、万一企業が倒産してしまいメンテナンスが行えなくなってしまったとなれば大きな問題につながりかねません。
そのような心配がないのがSBエナジーの魅力になっています。
全国どこでも発電計画を立てられられ、さらには最大規模のメガソーラーを開発していることからニーズに合った設備の導入ができるようになっています。
ただ、SBエナジーは導入実績がまだ少ない企業になっています。
全国で24件、約250MWh規模の発電容量であるため、導入実績についてはアールエスアセットマネジメントに軍配が上がると言えます。
また、資金調達といった面でもグループ企業であることから多くの資金を持っていることが予測できますが、アールエスアセットマネジメントでは2019年12月時点で1,850億円にも到達しており、創業からたった数年でここまで資産を増やしてきた成長力には驚くことでしょう。

 

スマートエナジーとの比較

スマートエナジーは発電所の資産価値の向上に力を入れている企業です。
最先端テクノロジーを用いた太陽光発電投資と発電力アップのための様々な提案により発電効率の良い投資が行えるでしょう。
また、新電力への開発にも力を注いでおり新電力小売専用顧客管理システム、代理店管理システム、高圧見積システムといった様々な管理が豊かな未来を作り出してくれるのです。
そしてさらに驚くべき点としてAIを用いた情報管理を可能にしています。
発電設備の個々のパーツ情報さえも事細かに記録し、最大限のパフォーマンスを維持するためのメンテナンス案内が簡単にできる仕組みになっています。
画期的な管理システムを備えたスマートエナジーですが、SBエナジー同様に導入実績の少なさが目立ちます。
たとえ素晴らしいサービスを有していても、選ばれなければその実力は認められていないと判断できてしまいます。
ただ、土木や環境整備の改善サービスや地元・近隣対応サービスサポートに対する姿勢は目を見張るものがあります。
サポートを重視や効率を重視するのであればスマートエナジーは優れた企業と言えるでしょう。

 

比較したようにアールエスアセットマネジメントの太陽光発電はたくさんの企業と個人投資家に選ばれているものとなっています。
多くの導入実績から分かる優秀なサービスの数々は他の企業以上に魅力的です。

 

太陽光発電にて結果を残してきたアールエスアセットマネジメントですが、2020年入ってからはバイオマス発電や風力発電にも力を入れ始めています。
今や導入数の多さは業界トップクラスであり、高い成長力には多くの投資家から注目を得ています。
今後はSDGsの目標を達成するための事業が進んで行われていくことでしょう。
日本が誇る存在にもなり得るアールエスアセットマネジメントは、これからも多く人に再生可能エネルギーの魅力を伝え、たくさんの導入実績が日本を豊かな未来にしていくことでしょう。

アールエスアセットマネジメント
RELATED POST