IT

白石達也が発信する次世代の情報商材「IROAS」とは?

若き実業家、白石達也のプロフィール

白石達也氏は現在実業家としてとても有名ですが、実際にはどのような人物であるのか分からないという人もいるでしょう。

ここでは、白井達也氏のこれまでの人生や、どんな経歴の持ち主であるのかをご紹介していきます。

 

 

白石達也氏のプロフィール

 

白石達也氏は、バブルの絶頂期である1986年に生まれました。父は大手航空会社に勤務、母は外資系コントローラーという誰もが羨むエリート家系で育ちます。

幼少時はバブルの真っ盛りであり、両親共に高収入の家系であったためとても裕福な暮らしをしていました。白石達也氏はそんなエリート家系の両親の影響から、学業にも真剣に取り組み有名進学校を卒業後、見事早稲田大学に入学しています。

しかし、学生時代に熱心に勉学に励む一方で、裏ではイジメを受けていました。

初めのうちは些細なイジメだったものが、時の経過と共に次第に酷いものへと変化し、最終的には自殺を考える程のものとなってしまいました。イジメの標的にされた主な原因は、白石達也氏が衣服に無頓着なことがきっかけだったようです。

勉強に熱心になるあまり、オシャレには無関心だったため、一般的な学生から見れば「ダサい」恰好に見えてしまったようです。そのため、周囲のクラスメートからはからかわれ、ついにはイジメに発展してしまいました。

そんな辛い経験をした学校生活で、白石達也氏は当時から学校教育について疑問を持ち始めるようになります。この状況をどうにか変えられないものかと、さらに猛勉強をした結果、一浪を経験したものの、早稲田大学商学部に合格することができました。

この経験は、中高教育で学んだ勉強を上回るほどの学びを得られましたが、白石達也氏は学生時代から通常の教育機関では学びの限界というものがあることに気付きます。学びの限界を知ってしまって以来、白石達也氏は自己啓発セミナーやビジネスセミナーなどに参加するようになり、次第にそれらにのめり込んでいきました。

自由に学ぶことができるというスタイルが自分の一番の喜びであったため、その時代に合わせた最新の学習環境を構築することがまず重要だと感じたのです。その結果、白石達也氏は多くの資産を築き上げることに成功し、イロアス(IROAS)を立ち上げるまでに至りました。

より自由に学ぶことができる場所を得ることができた白石達也氏

 

白石達也氏はこれまでの人生で壮絶なイジメに遭い辛い時期もありましたが、それを乗り越え既存の学校教育について疑問を持ち始めます。

また、リーマンショックの影響を受け、父親の勤務する大手航空会社が倒産寸前にまで追い込まれたことをきっかけに、どんな大企業に就職しても将来的な安定は保証されないということを知ります。この異常事態を実際に目にしてきた白石達也氏は、自分の力で会社を立ち上げて成功することが次の重要な課題だと考えるようになります。大学時代から足しげく通っていた自己啓発セミナーやビジネスセミナーでは、会社を立ち上げるために必要な数多くのノウハウを学びました。

そして、会社設立を考えると同時に白石達也氏は情報商材について興味を抱きました。

白石達也氏は実際にたくさんの情報商材を取り扱ってきたため、20代という若さで数億円の資産を構築できるようになったのです。

また、自由な学びの場を得たことから、白石達也氏は若手実業家として多くの人々からその名を知られるようになりました。現在ではインターネットが一般家庭に普及し、多くの人が利用しています。

白石達也氏が成功を収めた背景には、インターネットの恩恵もあったと考えたことから、インターネットの特性を活かした自由な学びの場を得られるシステムを構築するべく、イロアス(IROAS)を設立しました。

多くの資産を作るためには、実際どのような学びを必要とするのか、真の安定した豊かな生活とは何かということを知るためにも、情報商材は必要不可欠な存在であり多くの人から関心が寄せられているのです。

 

情報商材「IROAS」とは

 

若き実業家である白石達也氏が開発した、最新鋭の教育システムとして知られているのが、イロアス(IROAS)です。情報商材の中では非常に有名なイロアス(IROAS)ですが、どんな学びを行える商材なのかを実際に知る人は少ないでしょう。

ここでは、イロアス(IROAS)とはどんな情報商材であるのかをご紹介します。

 

 

イロアス(IROAS)は従来の教育システムに異を唱えている

 

イロアス(IROAS)には、現在の日本の教育システムでは経営者ではなく労働者だけしか生み出せないということを教えてもらえます。教育はお金や地位を手に入れるためには必要なものです。日本の教育費用は年間で平均60万円ですが、ユダヤ民族と比較すると大きな差があり、ユダヤ民族の場合は年間800万円が教育費用に使用されています。

そのため、ユダヤ民族のほとんどは16歳頃になると経済的な自由を手に入れ、充実した人生をスタートしています。それに比べ、日本では経済的な自由を手に入れることは難しく、ほんのわずかな人間にしかできません。

労働者になるように形成されている現在の日本の教育システムは、どんな才能を持った人間でも人生の可能性を広げることができずに労働者という道を選ばざるを得ない状況を作っていることに、白石達也氏は情報商材であるイロアス(IROAS)を通じて異論を唱えたのです。

また、人はそれぞれの価値観が異なり、能力や個性も違いがあります。様々な面から異なる人間を従来の教育システムでまとめて教育すれば、それぞれ個人が十分な学習をすることは不可能です。そのようなことから白石達也氏は、今までにない画期的な教育システムであるイロアス(IROAS)を作り出そうと考えたのです。

イロアス(IROAS)では、必要に応じて専門的な知識を自分から学ぶことができるため、従来の学習方法とは異なる自由さを味わいながら、お金を稼ぐ方法とその知識を学べます。人には得意不得意なものがありますが、このイロアス(IROAS)では得意な分野のものをどのようにしたら伸ばすことができるのかを学ぶことができます。

これからの時代には、個人の持つ能力を最大限に高めながら人生に活かすことができる自由な教育が必要だということをイロアス(IROAS)は教えてくれるでしょう。

 

 

イロアス(IROAS)は自由な未来への扉を開く

義務教育を終えると、就職をする人と大学へ進学する人に分かれるでしょう。就職をした人の中には、将来的に自分で会社を立ち上げようと考えている人もいます。

しかし、そのためには会社経営のノウハウを知る必要があり、会社を動かす方法を考えなくてはいけません。これらを就職後にさらに学ぶとなれば、時間もお金もかかることから非常に困難と言えます。

従来の学校の教育システムで幼いうちからこれらを学ぶことができれば、将来的な就職や起業に大いに役に立ちますが、現行のままの教育ではほとんど一方通行となってしまいます。また、大学に進学したとしてもその先の未来は「就職する」という選択肢が多く、自分で事業を起こして会社を立ち上げるというような人は少ないです。

そんな状況を打ち砕くために、イロアス(IROAS)の新しい教育システムは多くの人々から注目を集めています。イロアス(IROAS)では個人の能力を伸ばし、それを活用して生きていくための知識を学習できる上に、イロアス(IROAS)の講師陣が一人ひとりに合ったサポートを行います。

多くのコンテンツが用意されているイロアス(IROAS)では、お金を稼ぐ方法やその知識を学ぶことで、今までの教育で培ってきた価値観や思考とは違う考え方を持てるようになるでしょう。人生には様々な選択肢があり、それは最新の教育システムで構築することができることをイロアス(IROAS)は教えてくれます。

パソコンとインターネット環境さえあれば、すぐにでも始めることができる教育システムがイロアス(IROAS)の特徴です。自由な学びを行いながら豊かな未来を手に入れることができるイロアス(IROAS)は、白石達也氏が手掛けた今までにない教育システムと言えるでしょう。

白石達也がIROASにこだわる理由

 

現在、世の中には様々な情報商材が溢れています。しかし、中には高額で限定的な学びしかできない悪質な商材もあり、本当に学びたい知識やノウハウが得られないものもあるのです。

そんな中、白石達也氏はイロアス(IROAS)を1人でも多くの方に利用してほしいと考えており、強いこだわりを持っています。

 

 

本当に必要な教育を提供したい

 

イロアス(IROAS)では、ユダヤ民族に伝わっている「タルムード」と呼ばれる教育を教えています。タルムードではお金の区別の基本をはじめ、権利収入によってポートフォリオを構築するノウハウなどを提供しています。

では、なぜユダヤ民族に伝わるタルムードを教える必要があるのでしょうか?先に述べたように、ユダヤ民族は世界の中でも大富豪が多く、若くても多くの財産を得て豊かな生活を送っていると言われています。

子どもの教育にかける費用を1人につき800万円かけるユダヤ民族が、どれだけ教育を重要視しているか分かるでしょう。質の高い教育によって様々な知識を身に付けた子どもたちは、働き始めてすぐに富を築き、幸せに暮らすことができるのです。

日本では、ユダヤ民族のように子どもの教育にお金をかけません。日本の教育は、労働者を生み出すために必要なものとしての認識が強いからです。

しかし、本来あるべき教育とは、未来を担っていく子どもたちが豊かに暮らしていくだけの知恵とノウハウを身に付けるために提供されるものです。白石達也氏は、そんな日本の教育のあり方に疑問を持ち、イロアス(IROAS)を通じて幅広い分野で役立つ質の高い情報を提供しようと考えていました。

 

 

教育は大人にとっても必要なもの

 

大人になっても、学生時代のように学びを続けている方はどのくらいいるでしょうか?社会人になってから改めて学びたいと感じる方も多いですが、実際に学習しようとしても忙しくて時間がない方もたくさんいるでしょう。

しかし、イロアス(IROAS)ではそんな方にこそ利用しやすい教育システムとなっています。イロアス(IROAS)は、仕事や家庭が忙しくて学習の時間が持てないという方にとっても、空いた時間を上手く活用して知りたい情報を学ぶことができます。

目まぐるしく変わる社会の中で、学生時代に学んだ事柄だけでは情報不足になるケースもあるでしょう。教育に携わる教師や講師陣も同様です。白石達也氏は、時代のニーズに合わせて正しい情報は何か意識しながら学び続けていくことは、大人になっても重要だと考えています。情報社会の中では検索すれば簡単に知りたい情報が得られるようになってきています。

しかし、自分で調べた情報が必ずしも正しい情報だとは限りません。いかに効率的に有益な情報を習得できるかが、学びのポイントになるでしょう。イロアス(IROAS)は、そんな白石達也氏のこだわりが詰まった教育システムなのです。

 

最新鋭の情報がもたらしてくれるもの

 

最新で的確なあらゆる知識が習得できるイロアス(IROAS)ですが、最新鋭の情報は何をもたらしてくれるのか分からない方もいるでしょう。白石達也氏は、イロアス(IROAS)を通じて様々なスキルやノウハウを身に付け、好きな分野・得意な分野で活躍してほしいと考えています。

では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

経済的に豊かになれる

 

イロアス(IROAS)では、専門分野に特化した講師からレクチャーを受けながら、最新鋭の情報だけが学べる教育システムです。ただ単純にあらゆる分野の知識を提供するのではなく、実践力が身に付く教育を行っているので、テキスト通りの教育とは大きく異なります。

ゲーム感覚で楽しみながら学べるため、勉強が苦手な方にも取り組みやすく、効率的に知識を深められるのです。実際にイロアス(IROAS)で学んだ方の中には、国内外で成功し活躍している方も多くいます。

日本で行われている現在の教育では学べないような質の高い情報を提供することで、社会の最前線を歩む存在へと成長させてくれるのです。国内外で活躍できれば、これまでサラリーマンとして毎日仕事に励んでいた生活とは大きく違う人生を歩めるでしょう。

つまり、仕事や家庭と両立しながら空いた時間にイロアス(IROAS)で学び続けることによって、経済的な自由を手にして豊かな暮らしを実現できます。

人生を豊かなものにする近道は、お金に困らず自由な暮らしをすることです。白石達也氏は、イロアス(IROAS)で学んで経済的な自由を手にしてほしいと考え、真の教育を提供しています。

自由を手にしてどこでも暮らせるようになれる

 

白石達也氏は、経済的な自由を手にすることができれば、さらなる自由を手にできると考えています。イロアス(IROAS)で実現できるのは、経済的な自由を含め6つの自由だと言われています。

経済的な自由以外は、時間・健康・語学・人間関係・居住地の自由です。

 

時間の自由
自由に使えるお金があれば、毎日のように働かなくても済みます。 つまり、イロアス(IROAS)で経済的に豊かになれば、それだけ自由に過ごせる時間が増えるのです。
健康の自由
イロアス(IROAS)では、体を健康に保つための知識やノウハウも提供しています。 白石達也氏は、6つの自由を手にするためには健康が大前提だとして、健康で長生きするために役立つ知識が多く学べるようになっています。
語学の自由
日本では英語の学習が進められていますが、グローバル化が進む現代においては、英語以外の言語も視野に学ぶ必要があると考えられています。 イロアス(IROAS)では多言語が習得できる仕組みになっており、世界で活躍するために必要不可欠なコミュニケーション能力を高めることも可能です。
人間関係の自由
コミュニケーション能力を高めるための情報が多く取り入れられているため、人間関係を良好に保つためのノウハウも習得できます。人間関係の自由を手に入れれば、ビジネス展開も困難ではなくなるでしょう。

 

居住地の自由
経済的な自由・時間の自由・健康の自由・語学の自由・人間関係の自由が手に入ると、世界のどこへ行っても暮らしていける居住地の自由も実現できます。 イロアス(IROAS)は世界のどこにいてもネット環境があれば学び続けられる教育システムなので、海外移住や世界旅行にも行けるようになるのです。

まとめ

現在の日本の教育に疑問を抱く白石達也氏は、多くの方に真の教育が何かを理解し自由な学びをしてほしいと考え、イロアス(IROAS)を手掛けました。イロアス(IROAS)は、忙しく働いているサラリーマンでも、家事・育児に追われている主婦であっても、幅広い方が学習できる教育システムとなっています。

インターネット環境があればいつでもどこにいても学習できるため、効率的で最新鋭の情報が入手できます。専門分野に特化した実力と実績のある講師陣が教えてくれるので、時代のニーズに合った重要で役立つ学びができるのです。情報社会の中にはありとあらゆる情報が飛び交っており、中には間違った情報を信じてしまう方もたくさんいます。

しかし、それでは知りたい情報が入手できないばかりか、自分自身の成長にもつながりません。白石達也氏は、真の教育は人々に幸福をもたらすものでなければならないと考えています。

本当の意味での教育とは何か考えたことはあるでしょうか?

学びは、子どもから大人まで必要不可欠なものであり、1度習得した知識でも、時代の中で変化する可能性があることも知っておかなければなりません。その時代に合わせて的確な情報を掴み提供してくれるのは、白石達也氏が手掛けたイロアス(IROAS)しかないでしょう。白石達也氏は、今では経済的な自由を手にして自由な暮らしを叶えていますが、順風満帆な生活を常に送っていたわけではありませんでした。

彼なりの苦労を乗り越えたからこそ、本当の教育を提供する素晴らしさに気が付き、イロアス(IROAS)考案につながったのです。白石達也氏は、イロアス(IROAS)の学びを通じて、経済的な自由をはじめ、時間・健康・語学・人間関係・居住地といった6つの自由を実現してほしいと考えています。

イロアス(IROAS)には、幸福な人生を歩むために必要な6つの自由を手に入れる知識とノウハウが詰まっているのです。人々が理想とする生活は、好きなことをしてどこでも自由に暮らすことでしょう。しかし、その力を身に付けるためには、具体的に何をすれば良いのか分かっていない方も多いです。

イロアス(IROAS)は、幸福な人生を歩みたい方にこそ利用する価値のある情報商材です。一般的な教育で得られる知識よりも遥かに上回る情報とノウハウは、豊かで幸せな人生を歩むきっかけとなるに違いありません。

イロアス(IROAS)で、新たな未来を切り拓いている人々もたくさんいるのです。