エネルギー

社長:渡邉良夫 | 取締役:浅井健二/三好敬久/佐藤誉司 | 荏原環境プラント株式会社

荏原環境プラント株式会社は、
廃棄物処理事業を中心とした環境・エネルギー関連施設の設計施工、
維持管理、補修工事などを行っている会社です。

「固形廃棄物処理に関する卓越した技術とサービスを提供し、
持続可能な社会の構築に貢献する」という企業理念に基づいた
事業の展開をしています。

今回はそんな荏原環境プラント株式会社についてご紹介しましょう。

荏原環境プラント株式会社の会社概要

荏原環境プラント株式会社は、
平成18年3月15日に設立された会社です。

2046名の従業員が在籍する、
規模の大きな会社となっています。

主な事業内容は廃棄物処理事業ですが、
環境・エネルギー関連施設の設計施工なども行っています。

代表取締役社長は渡邉良夫、取締役は浅井健二、三好敬久、佐藤誉司の3名です。

「固形廃棄物処理に関する卓越した技術とサービスを提供し、
持続可能な社会の構築に貢献する」という企業理念に基づき、
より品質の高いサービスの提供を目指しています。

創業の精神 「熱と誠」という考えが企業理念の根幹にあります。
掲げられた企業理念には、熱意を持って接することで必ず相手に通じる、
一人ひとりが創意工夫する気持ちを持つといった思いが込められており、
より品質の高いサービスを生み出すために必要な考えだと言えるでしょう。

全国各地に支店や営業所があり、さらに関連会社は国外にもあります。
このことから、国際的な発展も視野に入れた会社だということが分かりますね。

荏原環境プラント株式会社は、
これまでに国内外約400の施設に焼却炉を納入したという
実績を持つ会社でもあります。

これまでに培ってきた技術力や豊富な実績、
信頼させる一貫体制が荏原環境プラント株式会社の強みとなり、
現在も成長が続いているのではないかと考えられます。

社長・渡邉良夫氏について

荏原環境プラント株式会社の社長は渡邉良夫氏です。
続いては、渡邉良夫氏について見ていきましょう。

渡邉良夫氏は、
平成31年1月7日に荏原環境プラント株式会社の代表取締役社長に就任しました。

「固形廃棄物処理に関する卓越した技術とサービスを提供し、
持続可能な社会の構築に貢献する」という企業理念に基づいて、
社会に貢献できるような事業を展開していくことを目指す会社の代表として
日々努力を続けています。

渡邉良夫氏が代表取締役に就任したのは
『E-Plan2019』という中期経営計画の最終年度で、
「成長への飽くなき挑戦」を完成形にするための重要なタイミングでした。

今後も、荏原環境プラント株式会社の成長のために努力を続けていくことでしょう。

取締役である浅井健二氏、三好敬久氏、佐藤誉司氏について

最後に、取締役である
浅井健二氏、三好敬久氏、佐藤誉司氏の3名についてご紹介しましょう。

荏原環境プラント株式会社の取締役を務めている
三好敬久氏、佐藤誉司氏は、渡邉良夫氏が代表取締役に就任した
平成31年1月7日の役員体制の変更で取締役となりました。

浅井健二氏は体制変更前から取締役でしたが、
三好敬久氏と佐藤誉司氏は新任です。

役員体制の変更はどの会社でもあることですが、
それによって新たな方向性へと転換させようという目論見があったと考えられます。

荏原環境プラント株式会社は、
「固形廃棄物処理に関する卓越した技術とサービスを提供し、
持続可能な社会の構築に貢献する」という企業理念を実現するための
事業を展開している会社です。

平成31年1月7日に代表取締役社長に就任へと就任した渡邉良夫氏をはじめとし、
取締役である浅井健二氏、三好敬久氏、佐藤誉司氏が先頭に立ち、
今後もさらなる成長を遂げるのではないかと予想できます。

ニーズのある事業なので、その成長性に期待できるといえるでしょう。