業界別検証コラム

IROAS(イロアス)から学ぶ、白石達也氏のマインド

こんにちは!

今回は、IROAS(イロアス)の代表である白石達也氏がどのような人物なのかを詳しくご紹介していきます。

白石達也氏がどのような経歴を歩み、成功者へとなることができたのかを知ることができれば、イロアスへの理解もより深まるでしょう。

これまでの人生の中で白石達也氏がどのような考えを持つようになったのか、イロアスにどのような影響を与えているのかということについても今回の記事で触れていきます。

また、白石達也氏に影響された人の声もご紹介するので、白石達也氏がどのような人物なのか、イロアスがどのような情報商材なのかを知りたいという人はぜひ目を通してみてください。

白石達也氏やイロアスについて改めて考えるきっかけになるでしょう。

 

IROAS(イロアス)とは?

実業家である白石達也氏が手掛ける全く新しい教育システムの情報商材が「IROAS(イロアス)」です。

情報商材として有名なIROAS(イロアス)ですが、これが何を学べる商材なのかご存知の方は少ないでしょう。

そこで、このIROAS(イロアス)とはどんな情報商材なのかをご紹介します。

 

 

IROAS(イロアス)は従来の教育システムに異を唱えている

 

IROAS(イロアス)という情報商材には、現在の日本の教育システムが労働者しか生み出さないことを教えてくれます。

教育は全てを手に入れるために必須のものであると言えます。

日本の教育に掛かる費用は一年で平均60万円とされています。

しかし、ユダヤ民族を見てみると一年で800万円を掛けています。

ユダヤ民族は16歳頃には経済的自由を手に入れ、人生をスタートしているのです。

日本では経済的な自由を手に入れることは一握りの人間しかできません。

労働者になる道しか見えてこない教育システムは、数ある人生の可能性を一方的に摘み取っていくことに、白石達也氏は情報商材であるIROAS(イロアス)で異を唱えたのです。

もちろん労働者になることが悪というわけではありませんが、納得をしてその道を選んでいるかが重要なのです。

人それぞれの価値観が異なれば能力や個性も異なる人間を従来の教育システムでは活かすことができないと考えた白石達也氏は、今までにない画期的な教育システムを作り出すことを決意したのです。

そのような思いから作られたIROAS(イロアス)は、専門的な知識を自分から学ぶことができる自由さと、お金を稼ぐ方法とその知識を学ぶことができます。

人には得意なものと苦手なものはあるかと思いますが、このIROAS(イロアス)では得意なものをどうやったら伸びるのかの知識を学ぶこともできます。

これからの時代は、個人の能力を最大限に高める自由な教育が必要であることをIROAS(イロアス)は気付かせてくれます。

 

 

IROAS(イロアス)は自由な未来を切り拓く

 

義務教育が終われば就職をする人と大学へと進学する人と分かれます。

就職をした人は、いつか自分で会社を持とうと決意することがありますが、そのためには会社経営を知らなくてはいけませんし、会社の動かし方を考えなくてはいけません。

これらを就職してから学ぶことは非常に難しいと言えます。

学校の教育システムでこれらを学ぶことができれば就職や起業という道を選ぶことができますが、従来ではほとんど一方通行となっています。

大学に進学したとしても、その先は就職する選択肢が多いです。

それは、教育システムがそのようになっているため、人生が一方通行のようになってしまうのです。

これが悪いことだとは言いません。

しかし、ほぼ全ての人間の選択肢が決まりきっていることは問題であると言えるでしょう。

そのような状況を打破するためにIROAS(イロアス)の新しい教育システムが注目されているのです。

IROAS(イロアス)では、個人の能力で生きていくための知識を学べるほかに、IROAS(イロアス)の講師陣がそれに向けたサポートもしてくれます。

コンテンツが豊富なIROAS(イロアス)は、お金を稼ぐ方法や知識を学ぶことで今まで培ってきた価値観や思考を変化させることができるでしょう。

人生には様々な選択肢が、教育システムで作ることができることをIROAS(イロアス)は提唱しているのです。

IROAS(イロアス)には既に様々な人が自由な学びを体験しています。

成功した人からの話は、将来のビジョンを思い描くために有効なものとなるでしょう。

 

 

パソコンとインターネット環境があれば始めることができる教育システムがIROAS(イロアス)です。

従来の教育システムでは作ることができない道もIROAS(イロアス)で選択肢を広げることができます。

選択肢が広がるということは、人生が自身の手で選択できるということにつながります。

一方通行に選ばされてしまうことは、人生の自由を奪われるということです。

自由な学びで豊かな未来を目指すために、IROAS(イロアス)は白石達也氏の手で開発された今までにない教育システムなのです。

 

IROAS(イロアス)代表、白石達也氏の経歴

白石達也氏は実業家として有名です。

しかし実際にはどんな人物であるのかご存知の人は少ないでしょう。

今回は、白井達也についてどんな経歴の持ち主であるのかご紹介しましょう。

 

 

白石達也氏のプロフィールについて

 

白石達也氏は、バブル真っ盛りの好景気である1986年に生を受けました。

大手航空会社に勤める父と、外資系コントローラーをしていた母から生まれた白石達也氏は誰もが認めるエリートの家系で育ちました。

時代はバブル全盛期であり、高収入のエリートの家系であったため当然ながらとても裕福な暮らしをしていました。

親の影響もあり学業にも熱心に取り組み、有名進学校から早稲田大学まで順調に進みました。

しかし、そんな学生時代の裏では白石達也氏はイジメを受けていたのです。

最初のうちは小さなイジメが、時が経つにつれ次第に酷いものに変わっていき、最終的には自殺を考えるまでのものとなったことを現在でも語っています。

 

イジメの原因となったものは、白石達也氏が普段から衣服に無頓着でオシャレとはかけ離れた服装をしていたことでした。

外見よりも学業が大事と思っていた白石達也氏は、当時の流行っていたファッションではなく、垢抜けない恰好ばかりしていたそうです。

そのため、周りのクラスメートからは変人呼ばわりされ、イジメに発展してしまったのです。

そんな辛い学校生活で、当時から学校教育に疑問を抱き始めた白石達也氏は、この状況をなんとか打破できないものかと、さらに学業を熱心に取り組むようになります。

その結果、一浪をしたものの、早稲田大学商学部に合格しました。

この経験で中高教育で学んだ勉強以上に学びを得られましたが、受験生だった頃から白石達也氏は、通常の教育機関で学べることの限界というものに気付きます。

それに気付いてからは、自己啓発セミナーやビジネスセミナーにのめり込むようになって行きます。

より自由に学べることが自分の喜びであったため、時代に合った学びの環境を作ることが一番だと感じたのです。

結果的に多くの資産を築き上げ、IROASを立ち上げることになりました。

 

 

より自由な学びの場を得た白石達也氏

 

白石達也氏はイジメという屈曲を乗り越えましたが、既存の学校教育というものについて疑問を抱き始めます。

また、リーマンショックの煽りを受けた経験から、どんな優秀な学歴で大手の企業に就職しても安定した将来を望むことは難しいと考えます。

実際にリーマンショックの際には、父の務めていた大手航空会社ですら倒産寸前まで追い込まれたのです。

この異常事態を目の当たりにしてきた白石達也氏は、自分の力で会社を興し成功することが最重要課題だと考えるようになったのです。

大学時代から通っていた自己啓発セミナーやビジネスセミナーでは、会社を設立させるために必要なノウハウをたくさん学びました。

そんな中、白石達也氏は情報商材業界へ興味を示しました。

実際に数多くの情報商材を取り扱ってきたため、20代の若さで数億円もの資産を持てるまでになったのです。

自由な学びの場を得たことで、白石達也氏は若手実業家として名を馳せるようになりました。

 

昨今では一般家庭にすらインターネットが普及し、情報商材に興味を持つ人も多くいます。

想定外の高い実績を生み出した中には、インターネットの恩恵も関係していると白石達也氏は考え、インターネットを活用した自由な学びの場を得られるシステムを作ろうとIROASを設立しました。

白石達也氏はこれまで経験し学んできたことを糧にして、さらなる成長を続けるために前進してきました。

多くの資産を形成するためにはどのような学びが必要となるのか理解、分析した上で、情報商材に結び付けているのです。

本当の意味で安定した豊かな生活を送るためにも、情報商材は必要不可欠なツールとして多くの人から関心を持たれているのです。

 

 

白石達也氏の考えとイロアス(IROAS)のシステム

20代という若さで実業家という一面を持つ白石達也氏は、どのような考えでIROAS(イロアス)を開発したのでしょう。

そしてIROAS(イロアス)のシステムを使ってどのような未来を考えていたのでしょうか。

 

 

日本の教育システムを変えたい

 

白石達也氏は、学生時代から現在の日本の教育システムに疑問を抱いていました。

これは、現在の教育システムが社会で生きるための教育ではなく働くための画一的な教育であることを白石達也氏は気付いたのです。

そのため白石達也氏は、画一的ではない革新的な教育システムを築き上げようと決めました。

画一的な教育では、全ての学生は就職をするという道しか選べません。

就職することが悪いことではなくそれしか選べないという状況が悪いのだと白石達也氏は考えます。

教育システムが個人の能力を均一に整えるモノではなく、伸ばすべきところは自由に伸ばせる教育こそが社会で生きるために必要だと考えた白石達也氏はIROAS(イロアス)を開発したのです。

 

 

IROAS(イロアス)で白石達也氏は何を見る

 

画一的な教育では個人の個性は伸ばせず、全ての人間の能力が似たり寄ったりになってしまいます。

そうではなく自由な教育によって人は、経済的な自由や時間の自由、人間関係の自由を手にすることができるのです。

白石達也氏が開発したIROAS(イロアス)では、経済的な自由を手に入れるための専門的な授業や人間関係を構築するためのコミュニケーション術を学ぶことができます。

人生を豊かにするためには、自由な教育が必要です。

自由な教育をするためにIROAS(イロアス)は開発されました。

大学でも専門学校でも技術的な勉強は教わることができますが、お金を生み出す方法は教えてはもらえません。

ほぼ全ての人間の技術の活かし方が就職しかないのです。

IROAS(イロアス)はこのような状況を打破できる人間を育てる教育システムです。

身近にあるインターネットから仕事以外の収入を得る方法を学んだりすることができ、人生の選択肢が広がります。

 

 

未来の教育は自由である

 

従来の教育システムでは全ての人は画一的な個性のないものへと変えられていきます。

本来ならば人間は個性が異なるものです。

しかし、教育システムによって幼い時から個性を出せず、周りと同じ考えを是としてきたため伸びるはずだった可能性はなくなってしまいます。

教育は自由でなければ人の自由は生まれないと白石達也氏は考え、IROAS(イロアス)という新しい教育システムを開発したのです。

日本だけではなく世界に目を向けることができる自由な教育は人の可能性を大きく広げることが可能であると白石達也氏は考えています。

 

 

白石達也氏に影響された人の声

白石達也氏はこれまで自身の経験から、既存の教育システムとは異なる新しい教育システムを作り上げてきました。

そんな白石達也氏の提供している数々の情報商材で成功を収め、人生が変わったという人も少なくありません。

実際に白石達也氏に影響された人の声を調査してみたので、ここからは白石達也氏に影響された人たちの口コミを見ていきたいと思います。

 

 

現在の学校教育のあり方に疑問を持つ人の口コミ

 

“私自身、学生時代にイジメを受けていました。イジメが原因で不登校となってしまい、高校を中退してしまった経験があります。白石達也さんも私と同じようにイジメを受けており、自殺まで考えるほど辛い経験をしていることを知りました。そこから白石達也さんに親近感を覚え、白石達也さんと同じように学校教育のあり方に疑問を持つようになりました。白石達也さんは、イジメがあっても学校に行かなければ勉強できないことに対しての理不尽さを訴えてくれています。私も少しでも何かできないかと考えているのですが、白石達也さんのように行動に起こせずにいるので、本当にすごい人なのだと感じます。”

 

このような口コミを発見しました。

白石達也氏の経歴でも紹介したように、白石達也氏は学生時代壮絶なイジメを経験しています。

口コミを書いた人も同じように学生時代に酷いイジメを経験して、学校を中退してしまっているようです。

白石達也氏の学校教育に対する疑問は、同じように多くの人の持つ疑問となっていることが、この口コミから知ることができます。

壮絶なイジメを受けつつも、学校に通わなければならないという理不尽さ、さらには学校や教師がイジメを認知していない、もしくは認知していても知らんぷりしてしまうケースも多くあるでしょう。

近年では、インターネットやSNSが学生にも多く普及したことで、学校でのイジメが深刻化しやすい傾向にあります。

自殺にまで追い込まれても学校に行かなければ受けられない教育とは、一体何なのでしょうか?

さらに、白石達也氏は辛い義務教育を経て、大学教育も経験しています。

しかし、義務教育でも大学教育でも、これまで学習したものは社会に出ると役立たない知識ばかりであると痛感しました。

このことから、日本の高学歴主義な考えにも疑問を呈し始めます。

現在では、前述したようにインターネットが主流の時代となっています。

ここに着目して白石達也氏はネットビジネスなら学歴を問わずとも自由にお金を稼ぐことができるのではないかと考え、より効果的に利益が得られる方法を提供しようと考えたのです。

白石達也氏の行動力とその考えを知ると、自身のためでなく、これからの教育制度や多くの人の未来のために活動していることが分かります。

このように、学校教育のあり方そのものに疑問を呈し、実際に自身で行えることを実行している姿に感化される人は多いでしょう。

 

 

IROASで実際に学んでいる人の口コミ

 

“白石達也さんが提供しているIROASで実際に学んでいます。これまで学ぶことのできなかったことを学ぶことができています。自分はあまり勉強が好きではなかったので、最初は半信半疑で始めたのですが、IROASは他の情報商材と違って収入を得ながら仮想通貨や他のことについても学べて、しかもゲームをしている感覚で勉強することができるので、本当にIROASを利用して良かったと思っています。勉強があまり得意ではなかったですが、ゲーム感覚で楽しく勉強できたので、苦ではなくむしろどんどん学習を進めたいと思うほどです。楽しみながらなので、今までしてきた勉強よりも頭に入っている気がします。IROASを作ってくれた白石達也さんには感謝しています。

 

実際にIROASで学習している人の口コミを発見しました。

白石達也氏の提供している情報商材の1つであるIROASは、新しい教育システムを構築しており、学校教育では学べなかったことを学ぶことができます。

この口コミの人は、勉強が得意ではなかったそうですが、IROASでの勉強は楽しいと感じています。

これまでの学校教育とは異なる自由な学びであること、さらに学校教育のように堅くならず楽しく学べる工夫が為されていることがわかります。

白石達也氏が提供している学びは、多くの人が経済的にも安定して、自由に暮らすことのできる学びとなっています。

白石達也氏はそんな生活を送るためには、どのような知識や学びが必要であるのかを考え、専門家を集って情報商材を展開していることから、自己の利益だけでなく他人の利益を考えた情報商材となっていることが考えられます。

白石達也氏のこのような考えに共感して、多くの専門家が自らの知識を白石達也氏の情報商材で伝えているのでしょう。

 

まとめ

白石達也氏は、これまでの経験から既存の学校教育ではなく、新しい自由な学びを提供したいと考え、IROASという情報商材を展開しています。

その考えや理念は、多くの人から共感を得ており、さらには同調する専門家やスペシャリストも多く、IROASで活躍しています。

白石達也氏の過去は、想像していたよりも壮絶で自ら未来を切り開いていった人であることがわかります。

しかし、その過去を経験したことで、白石達也氏は現在の成功者となったのではないかと考えます。

これまでの経験がなければ、既存の学校教育に疑問を持つことはなかったかもしれません。

さらに、疑問を持ちながら大学教育まで経てきたことで、現在の社会では活用できないのではないかと考えることができたのではないかと考えます。

人にとってそれぞれ人生は自由なものであり、その人が幸せを獲得するために役立つ学びが教育となります。

しかし、既存の学校教育ではそのような学びを得ることはできません。

そこで、白石達也はIROASやランドオブハンモックYouTuber、リバティーレジデンツなどの情報商材を提供しようと考えたのでしょう。

情報商材の1つである白石達也氏の持つ考えを実現したIROASは、多くの幸せと自由を獲得するための1つのツールとなり得ているのではないでしょうか?

また、経済的自由を早期に獲得するための収入システムがIROASでは整えられています。

学びを深めながら、より早く経済的自由を手に入れられる夢のようなシステムを作り上げた白石達也氏の考えに、今後も共感・共鳴する人は増え続けることが考えられます。

白石達也氏の今後の活躍にも目が離せません。