流通・小売

全健会の商品はメルカリで買うべき??|価格・評判・口コミなど

皆さんは全健会(全国健康生活普及会)をご存知ですか?

全健会とは、日本直販総本社が運営する団体で、カイロプラクティックを通じて健康的な良い暮らしを実現しようと、技術や指導法の普及活動を行っています。

この取り組みの一つとしてカイロプラクティック施術やサロンで使う設備、販売商品を販売していますが、最近は転売が相次いでいるようです。

そもそも全健会の商品はどこで購入できるのか、またどんな商品を取り扱っているのでしょうか?

今回は全健会の商品を購入するのは転売が良いのか?それとも公式の購入方法が良いのか?検証していきます。

全健会の商品を購入する方法

全健会を運営する日本直販総本社では、カイロプラクティック関連の商品を豊富に取り扱い、販売しています。

近年は店舗だけではなく、ネットからも通販を通じて購入できますが、全健会の商品はどうやって購入できるのでしょうか?

実は商品の通販販売は一切行っておらず、全健会に入会しているカイロプラクティックの施術院・サロンでしか買えません。

施術院やサロンでしか購入できない理由とは?

通信販売が普及するなか、なぜ全健会に入会する施術院やサロンでしか購入できないのでしょうか?

その理由は、対面での販売を推奨しているからです。

全健会ではカイロプラクティックの効率を高めるために、運動療法に必要なアイテムや、不足しがちな栄養を補うサプリメントなどを取り扱っています。

これらのアイテムは正しく使うことで効果が発揮されます。

効果を高めると当時に、納得した上で使ってもらうためにも、カイロプロテクターやカイロエステティシャンに説明義務があると考えているのです。

その理由から説明がない通信販売は行わず、対面での販売だけにこだわっています。

全健会の商品は誰が使っても効果が変わらないような衣服、家電、食品などではなく身体に関わることなので、慎重に販売している。

全健会の施術院・サロンを探す方法

商品を購入するためには全健会の施術院とサロンを探す必要があります。

といっても、全健会は4000を超える店舗を持ち、全国各地で施術院が存在するので比較的簡単に見つかるでしょう。

美容系の情報サイトなどでも探せますし、全健会のサイトからもエリアや特徴を絞って検索可能です。

商品の販売元である日本直販総本社でも一部の施術院を検索できます。

近くに全健会の施術院・サロンがあれば、ぜひ訪れて施術を受けたり、商品を買ってみたりしてください。

施術院・サロンの中には取り扱っていない商品もあるかもしれないので、不安な方は商品が購入できるか確認をとっておくと安心でしょう。

購入したい場合は、4000を超える店舗を持つ全健会の施術院とサロンから探せば良い。

転売商品で購入する方がお得なの?

最近はメルカリをはじめ、ネットを通じて手軽に不要なものを転売できるサイトやアプリが増えています。

規制の範囲なら何でも出品できるので、全健会の商品を転売する人も増加しているようです。

メルカリのような転売行為が行われやすいサイトは欲しいものが見つかりやすい点がメリットですが、もちろん転売商品はリスクも伴います。

リスク①:実は公式よりも高く売られている

メルカリでは正規品よりも安く中古品が売られている一方、中にはプレミア価値が付けられて正規価格以上で出品されていることがあります。

全健会の商品は対面販売のみなので、一般店舗や通販で買える商品よりも希少性があるので、高値が付けられている場合もあります。

そうと知らずに購入すると金銭的に損をするので、転売での購入はおすすめしません。

リスク②:正規品であるかの根拠が全く無い

中古品となると傷や破損などの欠陥がある可能性が高いです。

中には状態良好と記載されていても、実際に届いた商品は傷や汚れが目立つといったクレームは珍しくありません。

時には未開封と表示しておきながら、開封済みである可能性もないとは言い切れません。

販売元とは異なり一般人が保管しているので、品質に注意が必要です。

また、中には正規品ではなく偽物や類似商品が届く詐欺被害を受けるリスクもあります。

出品の際は商品の写真を用意する必要がありますが、今は画像加工ができるアプリやソフトウェアが手に入りやすい時代です。

新品状態の商品画像もネットで入手しやすいので、そのような写真で公開すれば人々を騙すことも難しくはないでしょう。

そして、偽物を購入してしまっても誰も助けてはくれません。いわゆるノークレーム・ノーリターンというもので、購入者は圧倒的に不利な立場に置かれるのです。

リスク③:商品が買えなくなる可能性がある

転売商品は販売元の利益ではなく、転売者の利益となります。

従来の商品や新しい商品を継続的に販売するためには、販売で得た利益が必要です。

しかし、その重要な利益が得られないとなれば、企業の存続に関わります。

店舗よりも転売の方が売れるとなれば、それを阻止するために商品自体の流通をストップさせる事態になりかねません。

販売元は損益を受けた影響で商品自体がなくなる可能性があるので、転売での購入はおすすめできません。

リスク④:そもそもサプリメントは基本的にNG

全健会ではサプリメントを販売しています。

サプリメントは手軽に栄養が補えるので、健康や美容を意識する人に人気のある商品です。

そのため、多くの転売者が目を付けています。

サプリメントは医薬品ではなく健康補助食品に該当しており、メルカリなどのフリマサイトでは出品に関して若干緩い傾向があります。

しかし、サプリメントの中には医薬品に含まれる成分が含有されているものもあり、薬事法(薬機法)の関係から基本的に転売はNGとされています。

「○○に効く」というように効能を謳う表記があれば、それは薬事法(薬機法)に引っかかるので出品を削除する対策が取られていますが、メルカリでは削除されない商品も多いです。

その理由は効能について特に触れていないことから、「食品」と分類されて販売されているからと考えます。

分類のラインが曖昧なところに規制の緩さを感じます。

上記でも触れましたが、転売商品は品質管理が徹底されていない可能性があります。

サプリメントは体に取り込むものなので、品質管理が劣悪だと効果が発揮されず、逆に体調不良を招くリスクも考えます。

転売に関してもグレーゾーンなので、ちゃんと許可を取って販売している公式ルートが安全です。

全健会の主な商品の価格や評判

さて、ここまで全健会の商品を購入する方法と、転売商品を買わない方が良い理由をご紹介しましたが、全健会ではどんな商品を取り扱っているのでしょうか?

全健会が取り扱う主な商品の特徴と評判を見ていきましょう。

エブリシリーズ

健康的に生きていく上で、不足しているものを補うサプリメントやリフレッシュクリーム、冷却シート、スキンケア化粧品をラインナップにしたシリーズです。

どのような商品があるのか、一部をご紹介しましょう。

エブリ ビタミン

体に必要な必須ビタミンを1日1包で補えるサプリメントです。

不足しがちで世界的に注目されている「葉酸」も含まれています。

エブリ キャッツクロウ

南米ペルーのアマゾン川流域に原生するキャッツクロウという植物を主成分にしたサプリメントです。

健康に良いと言われる栄養素が豊富と古くから現地人に愛用されており、特に関節の保護に役立つ商品になります。

エブリ クレイオール

頭部を含めた全身に使用できる弱酸性のノンリンスボディソープです。

クレイ(粘土)の力で毛穴の汚れや余分な皮脂をキャッチして取り除いてくれます。

弱酸性なので体に優しく、適度の潤いを残してくれる突っ張り感もありません。

ヘルスウェーブゴールド

全健会の施術院・サロンでも使用されるマットレスのシリーズです。

睡眠は1日の疲れをリセットする大切な行動と考え、リラックスして就寝できる寝具として開発されました。

どのマットレスも正しい姿勢で負荷をかけない寝姿を保つことができ、安眠を誘ってくれます。

商品によっては素材や保温性、吸湿性などにもこだわって作られています。

全健会ではまくらや高級羽毛掛け布団、トルマリンや遠赤外線を含む掛け布団などのアイテムを用意されているので、合わせて使うと良いでしょう。

エクササイズシリーズ

1日1回の運動療法に必要なアイテムとして、「運動枕あおたけ」と「ボディーコントロールバンド」を販売しています。

運動枕あおたけはストレッチの際に頭や腰、足元などを支え、体のバランスを整えるサポートをしてくれる商品です。

ボディーコントロールバンドは伸縮性のあるゴムバンドで、伸ばすことで筋力や柔軟性を調節するストレッチができます。

 

この他にも技術や素材にこだわった化粧品やサプリメントなどと取り扱っています。

転売サイトで全健会の商品を検索すると多くの商品が出品されていることが分かりますが、欲しいと思っても買うことは避けましょう。

この記事でご紹介したように、転売商品には様々なリスクがあります。

健康に密接した商品となるので、特に品質管理の面で転売商品の使用は危険と言えるでしょう。

メルカリなどでは購入トラブルもあるので、安全に買いたいのであれば公式ルートとなる、全健会の施術院やサロンでお求めください。

 

ちなみに、公式サイトのよくある質問の中に注意書きがありました。

当たり前ですが、メルカリ等で購入した商品は公式のサポートを受けられないようですね。

 

今回のまとめ

・全国4000以上の店舗で全健会の商品が販売されている

・購入する人に合わせるため対面販売が中心になってる

・薬事法違反の可能性や正規品でないリスクがあるため正規ルートでの購入がオススメ