業界別検証コラム

浅井健二とゴルフ上達へのコツ!マナーも覚えよう

浅井健二は、普段は会社員として働く自称ゴルファーです。
現在そのスコアは80を切れる程になり、日々の上達を感じているそうです。
しかし、そこに辿り着くまでには様々なことがあり、日頃の頑張りが結果につながったものとなったと伝えています。
今回は、浅井健二とゴルフ上達のコツについてご紹介します。

浅井健二の経歴

浅井健二とは普段は会社員として働く50代の男性で、趣味のゴルフを続けている自称ゴルファーでもあります。
元々ゴルフは父親の趣味であり、浅井健二の父は20代頃からゴルフをしていたそうです。
その父親の背中を見て育った浅井健二は、その頃からゴルフに関して興味を持ち始め、父親についてゴルフ場に行った際に自然と用語やルールなどを覚えていきました。
テレビのゴルフ番組を父と一緒に見る機会もあり、日常的にゴルフがある家庭で育っていきました。
本格的にゴルフクラブを握ったのは4歳頃で、その時に感じた楽しさを今でも忘れられないそうです。
そう言いつつも結果的にプロになる程、本格的にゴルフは行っていませんが、趣味で現在もゴルフを続けていて、最近はブログなどのSNSで積極的にゴルフの楽しさを発信しています。

初心者でも楽しめるゴルフ

ゴルフは簡単そうに見えて、とても奥が深いスポーツです。
初心者でも楽しめるスポーツですが、最初にゴルフを楽しむために知っておくべきことをいくつかご紹介します。

【ゴルフの基本的なルール】

ゴルフは、どれだけ少ないスコアかを競うスポーツです。
全部のコースを回った最終的な結果で判断しますが、ボールを飛ばした回数だけでなく、空振りでもスコアにカウントされます。
またペナルティも含まれているため、スコアが良くてもペナルティで逆転することもあります。

・OB(アウトオブバンズ)
それぞれのホールの規定外の場所に出てしまった場合に発生するペナルティです。
山や林の生い茂った場所などが主なOBです。
もし1打目がOBになった場合は1ペナルティとなり、3打目の計算になります。
2打目以降がOBになった場合も1ペナルティとなり、OBになった近くの場所でグリーンホールに近づかないところにボールを落として打ち直します。

・ペナルティエリア
打ったボールが池に入ってしまうとペナルティエリアに入ったとされて、1ペナルティとしてカウントします。
この場合、元の場所から打ち直しますが、ペナルティエリアを最後に横切った地点とグリーンをピンで結んだ後方線上に落して続けることもできます。
コースの右側がほとんど池の場合、最後に横切った地点とグリーンをピンで結んだ後方線上が遠くなりすぎる場合、ボールが入った地点から2本分のクラブの範囲であれば打ち直すことも可能です。

・マークなしでボールを拾う
ボールがグリーンに乗った場合、他の人の邪魔にならないようにプレー中のボールを拾うことができますが、そこでボールの正しい位置をマークしないままにすると1ペナルティとなります。

・バンカーの砂にクラブが触れる
バンカーに入ったボールを打ち上げる際に、クラブを素振りしたり構えたりしたりしますが、そこでボールを打つ前の動作によって砂にクラブが振れると2ペナルティとなります。
初心者はよくあることなので気をつけましょう。

・空振り
空振りそのものはペナルティとして数えられていませんが、1打というカウントになってしまうので気を付けましょう。
空振りが多くなるとスコアも変わってくるということです。

ゴルフに最適な服装

ゴルフにはルールだけでなく、それに見合った服装というものがあります。
マナーが厳しいと思われるかも知れませんが、決して堅苦しいということはありません。
ただ、お互いが気持ちの良いプレーをするために、最適な服装があるのでご紹介します。

【ゴルフに最適な服装】

・襟付きのトップス
・パンツ
・シューズ

ゴルフでは、Tシャツではなく襟付きの服装にしましょう。
ポロシャツなどは風通しも良く、動きやすさもあるので最も選ばれています。
またパンツは男女ともに共通で、ロングパンツやショートパンツでも良いでしょう。
特に最初は茂みにボールが入ることもあるので、ロングパンツの方が動きやすくなります。
だからと言ってジャージ姿は適した服装ではないので、マナー違反となる恐れがあります。

ゴルフの全体的なマナー

ゴルフ場では、服装やルール以外にも気をつけたいマナーがいくつもあります。

【ゴルフ場でのマナー】

ゴルフ場内に入ったらコースだけでなく、クラブハウスなどの敷地内でも同様の服装のマナーが必要です。
そのため、Tシャツやジーパン、ジャージやサンダルなどはコース内だけでなく、全般的にマナー違反となってしまうので気を付けましょう。
また、最低限のマナーとして、時間に遅れないようにしましょう。
最低でもスタートの30分前にはゴルフ場に到着し、10分前にはティーイングエリアにいるようにしましょう。
到着が遅れそうな場合は、ゴルフ場に早めに連絡を入れることをおすすめします。
基本的にコース内は禁煙です。
ゴルフ場によっては、コース内以外にもクラブハウス内も禁煙にしているところもあります。
ゴルフがスタートしたら、打つ人の邪魔にならないように大声で話さないようにしましょう。
ボールを打つための構えに入ったら、音を立てないように気を付けましょう。

【スロープレーにならないために】

初心者に多くありがちなスロープレーは、他のゴルファーに迷惑をかけてしまうことがあります。
前の組にしっかりと付いていくために、以下のことに気を付けましょう。

・てきぱきと行動する
・打順が来る前にクラブを決めておく
・素振りは2回程度にしておく
・クラブを常に2~3本持っていく
・歩いた方が早い場合にはカートに乗らない

常に前を意識しながら行っていくスポーツなので、他のゴルファーを待たせないようにしながら楽しんでいきます。
自分たちのプレーが遅くなってしまうと迷惑をかけてしまうので、行動もプレーもテキパキとできるようにしましょう。

グリーンに出てもマナーに注意

ゴルフは服装や基本的なルールも重要ですが、プレーを行うグリーン上でもきちんとしたマナーが存在します。
浅井健二のようなゴルファーを目指すなら、グリーンに出ても緊張感を保っていきましょう。
そこで知っておきたいグリーン上のマナーをご紹介します。

・ラインを踏まない
これからグリーンに入る場合、他人のパッティングラインを意識して、そのライン上は踏んで通らないようにしましょう。

・走らない
グリーン上で走ってしまうとせっかくの芝を傷つけてしまい、コンディションが悪くなってしまいます。
最高の状態でプレーするなら、グリーン上では気を付けて歩きましょう。

・打つ人の近くに行かない
グリーンでは、ショットのライン上に影が入ってしまうとパッティングの妨げになる恐れがあります。
そのため、これから打つ人の近くには立たないようにしましょう。
特に影の伸びやすい夏場は気を付けましょう。

・ボールマークを直す
打ったボールがグリーン上に落ちると、芝生に落ちた部分がくぼみます。
そのくぼみをボールマークと言いますが、このボールマークが出来た場合は必ず直すのがゴルファーのマナーです。
芝を丁寧に寄せて、元の形に直しておきましょう。

・旗はグリーン外に置く
パッティングの際に旗を外したら、その旗はグリーン上に置かないように気を付けましょう。
グリーンが広い場合やグリーン以外の場所の状態が悪い場合などは仕方ないのですが、それ以外の場合はできるだけ置かないようにします。

・カップの縁は踏まない
カップ周辺はとてもデリケートな部分であるため、カップに入ったボールを拾い上げる際はカップの縁を踏まないようにしましょう。

・グリーン上はパター以外持ち込まない
バンカーショットやアプローチによってグリーンにボールが乗った場合、他のクラブを持ったままグリーンに向かうことになりますが、その際にはグリーンエッジ内で次のホールに近い場所やカートに置くと、次への移動がスムーズになります。

バンカーでもマナーが重要

コースから外れてバンカーになってしまった場合でも、きちんとしたマナーが設けられています。
これも知っておくと、また一歩ゴルファーに近づけるでしょう。

・低い場所から入る
バンカーに入っていく際には、低くなっている部分から中に入っていきましょう。
バンカー内は急斜面になっていることも多いため、無理に入ってしまうとそこから土手が崩れていき、結果的に芝が傷んでしまう可能性があります。
バンカーなるべく低い所から中に入るようにしましょう。

・打ったら均しておく
バンカーショットをした後は、自分の足跡やショットの跡が残ってしまいます。
これらを丁寧に均一にしてからバンカーを後にしましょう。
レーキと呼ばれる道具もバンカー周辺に用意されているため、これを使ってきれいにして行くと良いです。

危険な事故を防いで楽しむためには

ゴルフは細心の注意をしていても、まれに危険な事故を引き起こしたり、遭遇したりすることがあります。
普段から気を付けていれば良いのですが、最初のうちは緊張から周囲がよく確認できないこともあり、事故を起こしてしまう可能性もあります。
危険な事故を防いで楽しむための注意点をご紹介します。

・打つ人に近づかない
これから打つ人の前や後ろなどに近付くと、クラブやボールに当たってしまうことがあるので大変危険です。
またあまりに距離が近いと、打つ人の集中力を妨げてしまう恐れもあるので、なるべく集中できる環境を与えるためにも打つ人には近づかないようにしましょう。

・近くでクラブを振らない
スイングする時は、周囲に人がいないかをよく確認しましょう。
確認しないままスイングすると、当たって怪我をするので気を付けましょう。

・前の組の人達に打ち込まない
ゴルフは前後にプレーしているグループがいます。
お互いの距離が近くなってしまうと、打球が前のグループに当たってしまう恐れがあります。
このような場合は危険なので打つのを控え、十分な距離を取ってから打つようにしましょう。
万が一前のグループや隣のコースに打ち込んでしまったら、大きな声でファーを叫んで危険をきちんと知らせましょう。

自分専用のゴルフ用品でラウンドデビューしてみよう

ここまでゴルフでのマナーや適した服装などをご紹介してきました。
今回はゴルフに必要なクラブなどをご紹介します。
これを参考にして自分専用のゴルフ用品を用意し、ラウンドデビューをしてみましょう。

ゴルフクラブはウッドやパターなどを合わせて14本程度持って行けますが、初心者から全て揃えるのは難しい部分もあります。
そのため、最初から14本買い揃えるのではなく、12本程度を目安に揃えていき、上達に伴ってクラブを変えていくようにしましょう。

・ウッド
よりボールを遠くに飛ばしたい時に使用されるのがウッドです。
1打目に使うドライバーと、2打目以降にも使われるフェアウェイウッドがあります。

・パター
グリーン上でカップに入れるために使うパターは、初心者の場合はグリーン周りからボールを集める時にも活用します。
基本的には1本で十分ですが、パターにも様々な形があるので自分に合った形状のパターを選ぶようにしましょう。

・アイアン
狙った場所へボールを打つために必要なアイアンは、ウッドと同じように数字で種類が分かれています。
初心者の場合ロングアイアンは難しく、変なくせを付けてしまう可能性もあるのでできれば避けた方が無難です。

・キャディバッグ
これらのクラブを入れて持ち運ぶキャディバッグは、基本的に好きなデザインやブランドから選んで使用できます。
特にマナーはありませんが、他人と間違えないようにネームタグを付けておくと良いでしょう。

・クラブセット
せっかくのラウンドデビューに向けて自分流のクラブを選んでも良いのですが、自分に何が合っているのかわからないという場合は、クラブセットの購入をおすすめします。
全てのゴルフクラブがこのクラブセットに入っているため、あれこれ考えずに購入できるのが魅力でしょう。
そこから少しずつ自分に合ったものを買い替えていけるので、初心者にはクラブセットがおすすめです。

ゴルフにはその場によってルールやマナーが存在しています。
最初はルールを覚え、プレーしながらそのルールが持つ意味を知っていけるのも魅力です。
楽しくプレーするためにも、これらのルールやマナーを覚えていくと良いでしょう。