シューズ

チャコット株式会社について!ダンスシューズの製造過程や、理念は?

みなさん、こんにちは。

私のサイトへ訪問してくださりありがとうございます。
もうすぐクリスマスの時期になりますね。クリスマスにはバレエやオペラなどの文化イベントも多いと思います。
特にバレエのくるみ割り人形や、白鳥の湖などは、予備知識もいらずどの年代の人も楽しくみることのできる作品ですよね!
ということで、本日は人気のバレエ・ダンス用品の企業、チャコット株式会社について記事を書いていきたいと思います。

チャコット株式会社の概要について

まずはチャコット株式会社の概要についてみていきましょう。
チャコット株式会社は、1961年4月に設立された会社で、現在の従業員数は約634名、売上高は2017年度時点では 111億1,700万円となっています。
創業は、1950年に東京都板橋区に青志社として行われたということです。
事業内容はバレエ・ダンス用品、フィットネス用品、ボールルーム(社交)ダンス用品、アートスポーツ用品、コスメティック用品、その他ウェア・シューズの製造・販売と、ダンススタジオ経営や衣裳レンタルなどで、ダンス用品の販売だけでなく、多岐に渡ります。
現在の代表取締役社長は早川政美氏です。

それでは、会社の理念などを探るために、代表のメッセージをまず見てみましょう。

「芸術と共に生きる
創業以来、ダンス芸術を愛する情熱と共に
わたしたちはこの信条を守り続けています。
チャコットは半世紀を超える歴史の中で、
世界の一流アーティストが人々に夢を与え、
感動に導く力を学んできました。
本物であること。新しい可能性を信じること。
この原則は「芸術文化」から「健康と心の豊かさ」へと
ビジネスステージを拡大した今も変わりません。
現代社会は物質的な豊かさを経て、
ますますこころの豊かさを求める時代へと成熟しつつあります。
世界に夢を。人生に歓びを。
わたしたちチャコットは、高い理想と技術力で
商品、情報、空間など多彩なサービスを提供しています。

チャコット株式会社 代表取締役会長 馬場 昭典」

芸術との共生から、健康・こころの豊かさまで言及されていて、とても素敵な言葉になっています。
単にダンス用品を生産するというのではなく、人々に歓びを与え続けたいという思いが込められていますね!

チャコット株式会社の事業内容

 

それでは、実際チャコット株式会社がどのような仕事をおこなっているのか、ご紹介していきたいと思います。

 

チャコット株式会社には、大きく分けると3つの事業があります。

①製造小売事業

②スタジオ運営事業

③文化事業・文化支援

 

ではそれぞれみていきましょう!

①製造小売事業

「製造小売」という名の通り、ダンスシューズなどを生産する工程から、店舗でお客様に直接販売するに至るまで、幅広い事業をおこなっています。

メイクアップや店舗で開催されるシューズイベントなど、ダンサーに近い分野での事業も展開されています。

 

《事業内容 例》

・英国フリード社の監修のもとでのトゥシューズフィッティング。

・チャコット所属のメイクアップアーティストによる各お教室での講習会・レッスン・舞台現場でのメイク。

・チャコットのショップで開催されるシューズイベント。

・ステージ用コスメティクスとして自社開発された「CHACOTT FOR PROFESSIONALS」の販売

・フラメンコダンスシューズの老舗「ガジャルドダンス社」(スペイン)の販売

・日本初のバレエ複合商業施設「ダンスキューブ勝どき」の運営

②スタジオ運営事業

 

チャコット株式会社では、トップクラスの講師による質の高い指導が受けられる、ダンススタジオの運営も事業としておこなっています。

③文化事業・文化支援

チャコット株式会社では、バレエを中心とした舞台の自主公演事業を展開しています。

世界でもトップクラスの日本人バレエダンサーの吉田都さんなどが、イベントに登場することもあるようです。

こんなイベントが開催されるのは、バレエシューズ業界大手のチャコット株式会社ならではのことですね。

 

またチャコット株式会社が支援・協賛している文化団体もあります。

「全日本ジュニア新体操選手権大会」に対して、チャコットは2002年から支援をおこなっており、かの「ローザンヌ国際バレエコンクール」への支援も2012年から開始しています。

またチャコット株式会社は、新体操日本代表選手団とベラルーシ共和国代表選手団のオフィシャルサプライヤーにもなっており、国際大会での大きな活躍を支えているそうです。

チャコット株式会社のものづくり「TSUKURUTE」

チャコットは創業以来、顧客目線でバレエシューズなどの製品づくりに取り組んでいます。

長野県上田市に構える「チャコット上田工場」ではトゥシューズ、バレエシューズなどの各種ダンスシューズや、社交ダンスドレスやレオタードなどのダンスウェアを1点ずつ手作業で製作しているそうです。

顧客からの感想やフィードバックもその都度製品づくりに反映させながら、ますます開発改良を重ねているそうです。

 

トゥシューズの製造工程

・「型抜き」

トゥシューズなどの表面となる生地や、底のパーツとなる牛革を抜き出します。

 

・「裏貼り」

裏地を付ける作業で履き心地に影響を及ぼす工程です。

 

・「カウンター製造」

トゥシューズのつま先部分をぐるりと取り囲むカップ状の特殊な型を作る工程です。

 

・「木型打ち」

裸の木型に、薄い中底を取り付け、仮止めをする作業です。

 

・「釣り込み」

「木型打ち」のあとシューズの表地となる「製甲」の生地パーツを、「木型」に組み合わせる作業です。

 

・「糊付け」

木型にはじめに作った「カウンター」を組み込み、糊を塗ることでシューズの種類ごとに適した硬さを生み出すという大事な仕事です。

「バンジャク」と呼ばれるキャラメルピーナッツバター色の特製の糊を使用します。

 

・「しわ取り」

甲板でひらめくサテン生地をシューズの船体にしっかりと密着させる作業で、生地を取り、寄せてしわをよせます。船底の前方にひだを作り寄せると、他の部分の生地は吸い付くかの様に密着します。

 

・「仕上げ」

小さなハンマーで打ち付け、先程の「しわ取り」を施した前方部分を入念に、全体を四方八方から美しく均していく作業です。

最後にプレスを施すと、トゥシューズが完成します。

チャコット株式会社の商品の口コミ

◆ダンスシューズ

とても可愛かったです。手頃なお値段ですし大満足です!

 

革が柔らかく、とても履きやすくて重宝しています。

 

でもとても履き心地がよいので、当分はこれでよさそう。

 

 

◆化粧品

もう、何個リピしてるかわかりません。レビューを見て、他の色や、ラメ入りも試してみたい気もしますが、トータルして、このクリアにまさるものはないようで、今回もクリア3個買いです。

 

元々チャコットのリキッドファンデを使っていて、かなり良かったのでフェイスパウダーも買いました。
色はオークル2番です。かなり肌が黒いのですが、いい感じに白浮きせず使えました。
乾燥肌かつ、敏感肌なのですが粉っぽくならず、満足して使っています。
リピもありかなと思うくらいコスパもいいと思います。

 

下地→bbもしくはccクリーム→コンシーラー→ティッシュで軽くオフ→この商品
という感じです
最後にはたくにはちょうどいい品で、夏のテカリもほぼ抑えることができます

 

コスパ最高です。

肌に塗った質感もよく、
色合いも自然な感じ。

お値段が良心的なのに大容量。
一年ではとても使いきれません。

プチプラで綺麗な仕上がりを求めるなら
これがいいですね。

通販サイトでは、シューズだけでなく、化粧品でもとても良い評価を得ているようですね!

口コミは全体的に良いものばかりでした。

まとめ

今日はチャコット株式会社について調べていきましたが、いかがでしたでしょうか?

ものづくりの丁寧さや、「芸術と共に生きる」という企業理念がとても素敵でしたね。

バレエやダンスなど見に行ったときは、職人のこだわりの詰まった、ダンサーのシューズに注目してみるのも面白いですね♪

次回も楽しみにしていてください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。