検証記事

浪速高校の評判や進学実績についてまとめてみた

こんにちは!

本日は浪速高校の口コミ評判や進学実績についてご紹介していきます。

皆さんは浪速高校というとどのようなイメージを持たれていますか?

浪速高校は大正時代から続く、長い歴史を持っている学校です。

そんな浪速高校への入学も検討されている方の中には、大学への進学実績や評判などが気になっている方も多いことでしょう。

そこで今回は、浪速高校の口コミ評判から進学実績に至るまで幅広くご紹介していきたいと思います。

これから浪速高校に受験しようか考えている人や、浪速高校の評判を知りたい人はぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

浪速高校の歴史や教育方針など

浪速高校は、大正12年から続く歴史ある学校です。

そんな浪速高校の教育方針や歴史について見ていきましょう。

神社神道による教育方針

現在は学校法人浪速学院として、浪速高等学校・浪速中学校を運営しており、生徒数は浪速高校だけで1400名を超えており、中学校も合わせると1600人を超えます。

神社神道を建学の精神としており、神を敬い祖先を大切にする心を教育の根幹としているのが特徴です。

神社神道は、日本の文化の原点であり、本当に自立した人材を育てていくには必要不可欠であるとしています。

浪速高校の教育方針は、生徒1人1人が浪速高校の学びを通じ、誇り・自信・学力・人間力・判断力を養えるよう、生きる力を培うことを目標としているのです。

長い歴史がある学校

浪速高校は、大正12年、財団法人大阪国学院から旧制浪速中学校として設立されました。

その十数年後には台風の被害を受け公社が倒壊し、昭和11年に鉄筋校舎を竣工します。

昭和23年には、学制改革に伴い浪速高等学校へと改称し、その頃から浪速中学校を併設する形となったのです。

現在の教育方針にもなっている神社神道は、昭和27年に加えられたもので、神殿は翌年に竣工されました。

その後、旧講堂や旧体育館、旧東館、旧北館、旧西館などが徐々に建設されていきました。

浪速高校が男女共学になったのは平成17年からで、特進文科コース・英語集約コースとが設置されています。

平成23年には法人名を浪速学院へと改称し、浪速武道館やクラブハウス棟を建設し、現在の新校舎建設に至っています。

新学院となって以降、平成28年には新学院神社が完成し、浪速高校の神社神道をより教育の根幹になるよう勧めているのです。

平成19年度からは、全校生徒・教職員・来賓が新春拝賀始業式に集い、浪速高校の歳旦祭を行っています。

そのほかにも、神社神道に伝わる行事や取り組みを実施し、神道の授業も週に1度設けられています。

浪速高校のオリジナル教科書もあり、日本の歴史や文化を学ぶ機会を重要視しているのです。

最高水準の校舎での学び

浪速高校は、中央館が8界建て・東館が5階建ての複合校舎となっており、図書館やレストラン・空中庭園・最新鋭のICT機器を完備した設備などが多いです。

そのため、近年の教育機関においては、最高水準の校舎であると言われています。

そんな充実した設備の中で、生徒1人1人は毎日学習や行事、部活動に励んでいるのです。

また、浪速高校では学校教育法および学校教育法施行規則にも基づいて、自己点検や評価を実施しています。

教育活動や学校運営などの状況を踏まえ、学校運営の改善を図るため、現状や今後取り組んでいく必要がある課題を評価表にまとめているのも特徴です。

浪速高校の学科・部活動など

ここからは、浪速高校の学科・コースや部活動などを紹介していきましょう。

浪速高校のコースの特徴

浪速高校は、進路や個性に合わせ、1年次からコースを分けて学習する流れとなっています。

入学当初は全生徒が普通科としてスタートし、その後文理S1コース・I類コース・Ⅱ類コース・Ⅲ類コースとに別れカリキュラムを組んでいくそうです。

文理S1コース

難関国公立大学向けて特化したカリキュラムが特特徴で、文理科の内容となっています。
3年次なると、さらに文系・理系とに分かれ、より実践的な学力を深めていくのです。

I類コース

国公立大学・難関私立大学を目指す生徒が、2年次からスーパー理数コースとスーパー文科コースで分かれて学んでいきます。

Ⅱ類コース

難関私立大学を目指し、2年次から理数コースと文科コースとに分かれて学ぶコースです。

Ⅲ類コース

クラブ活動と両立を踏まえ考えられたカリキュラムですが、私立大学文系学部を目指すコースとなり、現役合格を目指します。

クラブ両立を目標としているため、放課後はクラブ活動の時間が保証されているのも特徴です。

浪速高校のクラブ活動

運動系の部活動

運動系の部活動は、野球部・サッカー部・ラグビー部・ボクシング部・バレー部・バスケ部・テニス部などの球技はもちろん、柔道部や剣道部・空手道部・水泳部・陸上競技部など、充実しています。

また、ゴルフ部やアイススケート部などもあり、ほとんどの部活動がほぼ毎日活動しています。

運動部は実績のある部活動もあり、全国大会で優勝を飾った部活動もあり、レベルも高いです。

文科系の部活動

文科系の部活動には、吹奏楽部・軽音楽部・合唱部・茶道部・神楽部・ダンス部・放送部・家庭科部・インターアクトクラブ・ベンチャースカウト部・華道部・歴史研究部など様々な分野の部活動があります。

 

クラブ活動をするためには、前述した通りⅢ類コースを選択する必要があります。

ただ、Ⅱ類コースでも部活動ができることもあるため、一概には言えませんが、I類やⅡ類コースは日々の学習がメインとなるため、勉強も部活動も楽しみたいという場合は、Ⅲ類コースが適していると言えるでしょう。

 

ここまで、浪速高校の学科や部活動について紹介してきました。

浪速高校では、難関国公立大学や難関私立大学を目指す生徒も多く、進路や個性によってコースを選択し、勉強していくことができます。

1人1人が自らコースを選択することで、得意分野を極めたり、部活動をも楽しんだりすることができるのではないでしょうか?

浪速高校出身の著名人・有名人など

浪速高校出身の著名人や有名人には、どのような方がいらっしゃるのでしょうか?

ここでは、浪速高校出身の著名人や有名人を紹介していきます。

浪速高校出身のプロ野球選手

浪速高校には硬式野球部や軟式野球部とがありますが、プロ野球選手の中には浪速高校出身の方もいます。

例えば、オリックス・バファローズの近藤大亮さんは浪速高校卒業後、大阪商業大学総合経営学部経営学科出身です。

東京ヤクルトスワローズの大引啓次さんも浪速高校出身で法政大学法学部を経てプロ野球選手となっています。

シンガーソングライターや俳優、お笑い芸人も

浪速高校出身の方の中には、シンガーソングライターの西浦達雄さんや、フィギュアスケート選手の須本光希さんもいます。

一昨年全日本ジュニアを制して全日本選手権へのエントリーが決まった友野一希選手も浪速高校を卒業しています。

お笑い芸人のピーマンズスタンダードの南川聡史さん、ケツカッチン・元圭・修の和泉修さんも浪速高校出身です。

俳優の赤井英和さんや、落語家の笑福亭鶴瓶さん、林家ペーさんなどの有名人もおり、数多くの卒業生を輩出していることがわかるのではないでしょうか?

芸能界デビューを果たした方やプロスポーツ選手になった方も多く、数多くの卒業生が活躍しています。

実績のある部活動が豊富

浪速高校は、上記でも触れた通り、部活動が充実しており、実績のある部活動も多いです。

特に、プロ野球選手の多い野球部は、硬式野球部で平成28年第98回全国高校野球選手権大阪大会にてベスト8を残し、軟式野球部でも国体出場や全国高校軟式野球選手権大阪大会優勝、私学大会優勝を飾るほどの成績を持っています。

フィギュアスケート選手を輩出したアイススケート部においては、毎日ホームリンクである格技室にて練習しています。

アイススケート部は、平成26年度に全国高等学校スケート競技選手権大会で学校総合優勝、また平成27年度にも同大会で学校総合第3位という実績を残すなど、優秀な選手を輩出しているのです。

このように、浪速高校では、難関大学を目指す生徒がいる一方で、部活動にも力を注ぎ、プロとして活躍されている方も少なくないのです。

浪速高校出身の政治家

浪速高校出身の方の中には、政治家になった方もいます。

南出賢一

南出賢一さんは、日本の政治家で、大阪府泉大津市長を務めています。

元泉大津市議会議員でもあり、浪速高校出身者です。

南出賢一さんは浪速高校卒業後、関西学院大学商学部を卒業し、2007年4月に泉大津市議会議員選挙に初当選しています。

2013年、第59代副議長就任してからは、龍馬プロジェクト全国会の国民啓発委員長を務めています。

2016年12月に行われた泉大津市長選挙出馬し、現職であった伊藤晴彦さんとの一騎打ちを制し、初当選したのです。

桃山学院大学の特別講師も務めており、数々の活動を行っているのが特徴です。

浪速高校在学中はボクシング部に所属し、全日本選手権でベスト8という好成績を残しています。

萩原仁

萩原仁さんも日本の政治家であり、浪速高校出身です。

萩原仁さんは浪速高校卒業後、近畿大学商学部を卒業し、松下電工に就職して以降、27歳という若さで萩原都市建築研究所を設立しています。

また、2005年の第44回衆議院議員総選挙で民主党公認として、出馬したのが最初となっています。

この選挙では落選しましたが、2009年の第45回衆議院議員総選挙で連合大阪の支援を受け初当選したのです。

デザイナーや作家、作曲家として活躍している方も

浪速高校は数多くの卒業生を輩出していますが、浪速高校出身の著名人はプロスポーツ選手や政治家だけではありません。

中には、デザイナーや作家、作曲家として道を切り開いている方もいます。

堀畑裕之

デザイナーの堀畑裕之さんは、浪速高校卒業後は同志社大学文学部へと進み、大学院へ進学して以降はドイツ哲学を専攻しています。

大学院時にモードのジャポニズム展で「モード」に対する関心が強くなり、文科服飾学院アパレルデザイン科へと入学しました。

その後、舞台衣装やウエディングドレス、ヘアーショーなどの衣装を制作し、現在も日本のファッションデザイナーとして活躍されているのです。

西浦達雄

作曲家である西浦達雄さんは、日本のシンガーソングライターでありながら、大阪音楽大学短期大学部非常勤講師としても活躍されていますが、作曲家として数多くの楽曲を提供しています。

藤本義一

日本の作家である藤本義一さんは、小説家、放送作家として活躍されており、大阪を舞台にした作品やエッセイを多く出しています。

また、日本放送作家協会関西支部長とプロ作家を育成するための心斎橋大学総長も務めています。

浪速高校卒業後は立命館大学法学部に入学しました。

33歳で著書を初めて著書を出版して以降、現在に至るまで数々の著書を出しています。

浪速高校の口コミ・評判など

ここまで浪速高校の概要や部活動、卒業して著名人をご紹介しましたが、実際に学校へ通う生徒や保護者の評判はどうなっているのでしょうか?

浪速高校の口コミを調べたので、ピックアップしてご紹介しましょう。

浪速高校に対する総合評価

口コミ

みんな先生も凄くフレンドリーで親しみやすい先生がたくさんいます!

 

個人的にはすごく楽しい高校生活を送っています。2年生くらいから進路についての指導が始まり、早い内から大学への意識が向けられるので、勉強に力を入れることができます。

 

クラブ活動については、全国大会で、いい成績を残しているクラブが多く、活発であると思われる。特に、伝統的に強さを誇るクラブがある。

口コミを見てみると、学校生活に不満を持つ人は多くないようです。

気さくな先生が多いようなので、生徒も自然体で交流を持てる関係性があると考えられます。

また、学校側は2年生のうちから大学受験を見据えた学習方針でいるため、生徒も進学を目指す人が多く、勉強熱心の人には適した学校でしょう。

 

勉強だけではなくクラブ活動にも力を入れており、浪速高校では幅広いクラブ活動を用意しているところも生徒にとって魅力的のようです。

勉強ばかりだと息苦しさを感じてしまいますが、クラブ活動が一つの息抜きとなっている生徒も多いようです。

もちろん、クラブはお遊びではなく全国大会やコンクールなどに出場経験も多いので、こちらも真剣に活動していることが分かります。

 

口コミでは校舎の改装に関する内容も多かったです。

校舎は広い上にホテルのようにきれいなので、気持ち良く勉強ができるでしょう。

中でも6階にある天空レストランは開放感がある食堂で、窓からはあべのハルカスなど大阪市の街並みを一望できると生徒の間でも評判のようです。

 

浪速高校は週1で神道の授業を行っていることも特徴的でしょう。

校内には神社があり、行事や例祭も開かれており、生徒が御神輿を担ぐ行事もあります。

他の学校では学べない勉強や行われない行事があるので、豊かな経験を育むことができるでしょう。

神道の学校といっても難しく構える必要はないようです。

高速に関する口コミ評判

口コミ

私立なのでそれなりに厳しいとは思います
しかし、髪染め化粧ピアスネイル禁止は公立でも禁止のところが多いと思いますし、常識の範囲かなーと思います
冬期だけタイツの着用が認められていたのはありがたいです
携帯については学校内では使えませんが、持ち込みは許可されているのでまだマシかと思います

 

他の高校に比べて、厳しいと考えられ、子供にとっては、少し窮屈と思われるが、父兄にとっては、安心して任せられる。

校則に関しては私立高校なので公立に比べて厳しいようですが、口コミでは公立での規則とあまり変わらないようです。

携帯の使用は認められていませんが、持ち込みは可能のようなので、学校以外の場所なら使っても咎められることはないでしょう。

 

髪の色に関しては明るいと黒く染めるように言われますが、自毛が薄い生徒は他の学校と同じく申請すれば問題ありません。

浪速高校はブレザータイプの制服となっています。

通常はどのアイテムも一色、もしくは夏服と冬服で色違いのケースが多いようですが、浪速高校は制服のカラーバリエーションが豊富です。

女子のシャツは夏・冬どちらも白、水色、ピンクの3色、男子のカッターシャツ白か青の2色となっています。

他にもスカート、スラックス、リボン、ネクタイは2種類ずつカラーを用意しています。

服装に関しても校則は厳しいようですが、カラーバリエーションが豊富なので幅広いコーディネートが楽しめる点は魅力的でしょう。

 

口コミでは保護者の意見もあり、厳しい校則に対して安心感を持っているようです。

親としては校則を守らない生徒が多い学校よりも、一人ひとりがマナーを守って生活する心がけと持つ生徒が多い学校はトラブルが少ないと感じているのでしょう。

浪速高校の生徒は規則を守る生徒が多いので、校内の雰囲気も平和なようです。

進学実績に関する口コミ評判

口コミ

高い目標を持つ人が多く、ほとんどが大学進学を目指します。
意識の高い生徒が多く、周りの環境が良いので実績は良い方だと思います。

 

基本的には関関同立が良くて、産近甲龍ぐらいがⅠ類のレベルですかね?Ⅱ類やⅢ類でも近畿大学に行ってる人がそこそこいます。

 

浪速高校は大学進学を目標に入学する生徒が多いので、学校の体制だけではなく、生徒の意識や環境も勉強する上では良いようです。

進学先は様々ありますが、近畿地方の難関私立大学への進学率が高いようです。

上記でご紹介した著名人の中には大学に進学した人も多く、例えば俳優の赤井英和は日本国内でもマンモス大学として親しまれている近畿大学に進学している実績があります。

早いうちから大学進学を目標にした学習ができ、やる気のある生徒に対しては先生も親身に応援してくれるようなので、向上心や学習意欲のある生徒にはぴったりでしょう。

浪速高校の進学実績

浪速高校についてご紹介しましたが、こちらの学校の進学実績は近畿地方の中でもトップレベルと評価できます。

浪速高校の偏差値は50-66となっており、進学実績も偏差値を前後するところが多くみられます。

中でも近畿大学の合格数は2014年に169人、2015年は164人、2016年は178人おり、近畿大学へ進学する生徒が多い傾向にあることが分かりました。

その次に合格者が多いのは摂南大学となっており、100名以上の生徒が進学しています。

東大など関東の大学進学は少し難しいかもしれませんが、近畿大学や摂南大学、関西大学などの進学実績は多いの、近畿地方の私立大学の進学には強いようです。

 

だからと言って、東京など他の地方の大学に進学できないわけではありません。

進学実績を調べたところ、2014年と2015年には早稲田大学に進学している生徒もわずかにいます。

他にも北海道大学や明治大学など近畿地方以外の大学に合格している生徒もあるので、しっかり勉強に取り組めば地域を問わず行きたい大学に進学することは難しくないでしょう。

ただし、類によって偏差値が異なり、高い偏差値の大学は文理S1やI類のような特進クラスでないと難しいと考えられます。

 

浪速高校は進学校なので、2年生の頃からすでに大学試験に向けた学習は始まっていると言えます。

自習室やスペースもあり、先生の人数も多めで勉強に対して協力的なので学習環境としては、十分整っているでしょう。

しかし、成績があがるかどうか、難関大学に合格できるレベルに到達できるかは本人次第です。

浪速高校は設備が充実しているので、自主的に勉強をしたいと思える空間となっているので、意欲的に取り組みやすいと言えます。

 

勉強以外にもクラブも充実しており、コースによっては部活と大学入試の両立も可能です。

クラブは運動系と文科系の両方があり、特に運動部に関しては大会で実績を持つクラブが多いのでレベルは高いと判断できます。

コースは2年生へ進学する時に選択することになりますが、進路や個性に応じて自分に合うコースを選べるところも浪速高校ならではの魅力ではないでしょうか。

 

また、浪速高校は卒業生も大物揃いです。

テレビで活躍される方をはじめ、スポーツ選手や政治家、デザイナー、作曲など様々な分野で活躍している著名人が卒業生に存在します。

ご紹介した著名人の多くは近畿地方を中心に難関私立大学に進学している実績もあります。

浪速高校に入学すれば多くの著名人の後輩になれる点も一つの魅力と考えられます。

 

口コミ評判でも学校生活は楽しく、校舎も新しくなってよりきれいになったので、快適な空間で授業を受けられると高評価を受けています。

近畿地方を中心に難関公私立大学を狙っている方は浪速高校を目指してみてはいかがでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。