不動産

古木大咲氏の評判は?インタビュー記事や世間の声から分かること

古木大咲氏は、若くして経営者として成功した人物です。

現在は、IoT・デザインアパートメント運営会社の経営者として実力を発揮しています。

不動産管理や不動産賃貸、さらにはIoTを活用したスマートホーム関連の事業を行っている関係者の間では、カリスマ的な経営者だと言っても過言ではないでしょう。

 

今回は、そんな古木大咲氏の経歴やこれまでに受けたインタビューの内容、世間の声などを見ていきながら、古木大咲氏への理解を深めていくことにしましょう。

 

古木大咲氏がどのような人物なのか、古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社がどのような会社なのかを知りたいと考えている人は、ぜひ目を通してみてください。

 

古木大咲の簡単な経歴

古木大咲氏は、IoT・デザインアパートメント運営会社を経営している人物で、これまでに大きな功績を残してきました。

IoT・デザインアパートメント運営会社は、設立からたった9年で上場するという結果も残していることから、経営者として素晴らしい手腕を持っていることが分かるでしょう。

まずは、輝かしい功績を残している古木大咲氏の経歴からご紹介します。

 

古木大咲氏の生い立ち

古木大咲氏は、1979年9月14日に鹿児島県鹿児島市で生を受けました。

自営業を営んでいる家庭に生まれた古木大咲氏は、父親の背中を見て育ちました。

しかし、中学3年生の時に父親が亡くなり、福岡県へ移住することが決まります。

福岡県に移住後、高校へ入学しますが、たった1年で中退してしまうのです。

アルバイトをしてお金を稼ぎながら生活を続けることになりました。

高校を中退した理由は様々でしょうが、一つに学費の捻出に対して家族に迷惑をかけたくないという思いもあったようです。

現在経営者として活躍している姿だけを知っている人にとっては、このような経歴は信じがたいものかもしれません。

コンビニや居酒屋など色々な場所でアルバイトとして働いていたそうですが、どのアルバイトも長続きしませんでした。

そのため、親戚・身内からは非難されてしまうこともあったという辛い経験もしています。

こうやって振り返ってみると、古木大咲氏の若い頃は順風満帆であったとは言えないのかもしれません。

 

ピンチをチャンスに変えることが成功への近道に

周りから非難されてきた古木大咲氏は、「いつかは自分の会社を経営する」と宣言をし続けていました。

アルバイトでの生活を続けることに不安を感じはじめた古木大咲氏は、起業することを決意します。

しかし、ノウハウもない状態で起業をするのはとても難しいことです。

そのため、まずは正社員として不動産会社に勤めることにしました。

営業職を希望していたのですが、これまでの経歴や学歴を理由に営業職ではなく、物件清掃担当として勤務することになってしまいました。

それでも営業職として働きたいという夢を捨てきれなかったため、休みの日などを活用して飛び込み営業を行い、結果を残していきます。

その結果、念願だった営業職への転身が実現したのです。

 

そして、25歳の時に起業家になるという夢をかなえるために独立を決めます。

独立してからは、デザインアパートなどの分譲を行う事業を中心に行っていましたが、リーマン・ショックで大きな打撃を受けました。

それは非常に大きな打撃で、ダメージも大きいものでした。

そんな中、古木大咲氏はピンチをチャンスに変えようとするのです。それが在庫を持たないという不動産業界では斬新なビジネスモデルです。

このビジネスモデルを導入し始めたばかりの頃は、信用されにくかったのですが、同時に付加価値として提供していたIoT技術を導入したアパートのメリットなどを伝え続けることによって、急成長を遂げることになります。

今では、東証一部上場企業になっていますから、その成長は目覚ましいものだと言えるでしょう。

 

 

古木大咲に関するインタビュー記事をまとめてみた

古木大咲氏は、これまでにインタビューを受ける機会も多数ありました。

そのインタビューの中では、古木大咲氏自身の考え方を述べています。

続いては、古木大咲氏のインタビューをまとめながら、どのような考えの持ち主なのかということを考察していくことにしましょう。

 

在庫を持つことは大きなリスクを抱えるということ

古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社は、在庫を持たないビジネスモデルを確立しています。

これは、リーマン・ショックの影響で大きな打撃を受けてしまったという経験に基づいて構築されたビジネスモデルです。

リーマン・ショックは不動産業界にも大きなダメージを与えることになり、古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社のビジネスにも良くない影響を及ぼしました。

その経験から、在庫を持つビジネススタイルは大きなリスクを抱えているということに気が付いたのです。

そして、在庫を持たないビジネスモデルへと転換していくことを決めました。

 

在庫を持たないビジネスモデルで得られる恩恵は大きい

在庫を持たないビジネスモデルを導入すると、土地に関する取引を1回だけで済ませることができます。

土地を取引するためには様々な手続きが必要で、とても複雑です。

また、税金もかなりかかってしまいます。

しかし、土地に関する取引を1回だけで済ませることができれば、顧客の負担も軽減できるようになります。

古木大咲氏の会社で取り扱っている土地は、プロの目で厳選したものだけになっています。

そのため、不動産に詳しくないという人でも安全に質の良い土地を手に入れることができます。

土地を購入する時に必要な交渉やローンの手続きなどもサポートしてくれるので、安心感は非常に高まるでしょう。

 

新しいビジネスモデルはお互いにメリットを感じられる

古木大咲氏が取り入れた新しいビジネスモデルは、顧客にとってのメリットはもちろんですが、会社にとってのメリットもあります。

従来の方法では、土地や建物の在庫を抱えているために、会社側が様々な手数料を支払わなければいけない場面もありました。

しかし、この新しいビジネスモデルの場合は、土地を仕入れるというステップを飛ばしています。

そのため、余計なコストを減らせるのです。

また、在庫を保有し続けることで発生するランニングコストも抑えながらビジネスができるような仕組みになっているので、会社側にもメリットがあるということになります。

 

 

古木大咲に対する世間の声

ここまでは、IoT・デザインアパートメント運営会社を経営している古木大咲氏がどのような人物なのかという側面からご紹介しました。

最後に、古木大咲氏に対する世間の声についてご紹介していきましょう。

 

インタビューをしたジャーナリストの声から分かること

ネットとリアルを融合させ、不動産業界の常識を次々と打ち破ることで満足度の高いサービスを生み出してきた古木社長。創業から10年で200名を超えるスタッフが在籍する規模にまで成長させてきたが、新しいビジネスモデルを確立する傍ら、独自視点のユニークな組織づくりも展開していた。

引用元:http://www.companytank.jp/tenma/201603/2/

古木大咲氏は、これまでにはなかった視点でビジネスモデルを構築しました。

それは、とてもユニークなものだと言えるでしょう。

ただユニークなだけではなく、しっかりと成果を残せているという点においても、古木大咲氏は評価されているのではないかと考えられます。

目下の課題は知名度の向上で、株式上場によって全国1万2000の不動産事業者、オーナー候補層の双方にブランディングを図る計画だ。その後はネットとリアルを融合させたビジネスの開発や、個別商品供給型アパート経営支援モデルの海外展開を構想している。

引用元:https://venturetimes.jp/interview/attention/3341.html

古木大咲氏のインタビューをした寺崎公彦氏は、このようにまとめています。

古木大咲氏が経営している会社は、オーナー候補だけではなく不動産事業全体に対してのブランディングをしようと計画しています。

このことから、より多くの人にサービスを提供したいという考えを持っているということが伺えるでしょう。

さらに海外展開も視野に入れていることから、グローバルな企業を目指しているということも分かります。

 

古木大咲氏は、これまでに様々な窮地を乗り越えてきました。

その中で培われた忍耐力は、経営者になった今でも活かされているのではないでしょうか。

今後、さらに幅広いビジネスへとつなげていくのではないかと予想されます。