不動産

古木大咲の波乱万丈な人生と起業家としての素質

こんにちは!

本日は、古木大咲氏の人生と起業家としての素質について取り上げてみます。

古木大咲氏はこれまで波乱万丈な人生を歩んでいることをご存知でしょうか?

子どもの頃から自分で会社を立ち上げるまでに相当な苦労があったようです。

もちろん、会社を作ってからも全てが順風満帆というわけではありませんでした。

そこで今回は古木大咲氏の過去にあったピンチをチャンスに変えた瞬間や、起業家としての素質が見つかった瞬間などをご紹介していきたいと思います。

古木大咲氏について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

窮地に立たされたときに事業拡大のチャンスが

古木大咲氏は、IoT・デザインアパートメント運営会社の経営者です。

会社のために日々尽力しており、不動産業界では知らない人はいない人物でもあります。

ここでは、古木大咲が辿ってきた歩みを見ていきましょう。

 

■なぜ不動産業界に携わろうと思ったのか

1979年に生まれた古木大咲氏は、25歳という若さで現在の会社を設立しました。

元々20歳の時に不動産会社に入社していた彼は、営業職として働いた後に独立したいと考えていました。

しかし、希望は叶わず賃貸物件の清掃を主に行う部署に配属されてしまいます。

それでも営業職で働きたいという一心で休日に飛び込み営業を続け、その結果や努力を認められました。

その後は、社内で新築アパート販売のWEBサイトを企画し、外注プログラマーと協力してWEBサイト作成を行っています。

この時、ITバブル全盛期の時代だったため、古木大咲氏は不動産分野にもIT技術を活用できるのではないかと模索していました。

WEBサイトを作成したことで、月に30件ほどの問い合わせが全国各地から入るようになり、改めてITの魅力を実感し、独立へと至ったのです。

 

■リーマンショックで陥った経営危機

起業時は、古木大咲氏の会社ではデザインアパートを手掛ける事業を展開していました。

土地を仕入れてアパートを建てて販売するというスタイルは、現在多くの不動産業界が行っているビジネスモデルでもあります。

そんなとき、世界的な金融危機「リーマンショック」が起こります。

リーマンショック前までは業績も好調でしたが、金融機関による融資が困難になり、徐々に経営に影響が出始めたのです。

古木大咲氏は、土地や賃貸物件の在庫を持つことは、金融危機に陥った際に対応できないという不動産業界の弱さを痛感します。

そこで、不動産業界では当たり前だった業務フローを見直し、無駄な部分を極力省こうとしました。

WEBサイトから不動産賃貸に興味のある人を集客し、土地からマッチングして賃貸物件を請け負うビジネスモデルに転換したのです。

リーマンショックで窮地に立たされた古木大咲氏は、そんな状況を打破するべく再スタートを切りました。

元々IT技術を不動産業界に取り入れたいと考えていたため、彼はIoTを活用した技術を不動産に取り入れるというこれまでにないビジネスモデルを追求し始めました。

しかし、常識とは程遠い考えに当初賛同する声は非常に少なかったようです。

それでもIoTを活用したビジネスモデルの有用性を見込んで事業を続けたからこそ、現在のサービスを構築できたのです。

そこからは、古木大咲氏は不動産賃貸にIoTを結び付けたIoTアパートメントやデザインアパートメントを提供する事業を展開しています。

在庫を持たずに土地のマッチングからサポートを行い、画期的なIoTアパートメントを提供するという取り組みは不動産業界の常識を覆しました。

それだけでなく、古木大咲氏のIoT・デザインアパートメント運営会社の急成長につながっていったのです。

IoT・デザインアパートメント運営会社は、設立からわずか9年で東京証券取引所マザーズへの上場を果たしています。

現在は東証一部に上場しており、業績も右肩上がりで推移しています。

 

 

学歴は全く関係なく、問われるのは起業家精神

起業家として活躍する方は数知れません。

しかし、古木大咲氏はリーマンショックという世界的金融危機を乗り越え、これまでの不動産業界にはなかったサービスを提供し成功しました。

窮地に追い込まれながらもビジネスモデル転換で成功した裏には、どのような思いがあったのでしょうか?

 

■起業家になくてはならないもの

古木大咲氏が手掛けているビジネスモデルやサービスを見ると、常識に捉われずに自分の考えを貫く強さが感じられます。

若い頃に抱いた「起業したい」、「ITを不動産業界に取り入れたい」という思いを常に持ち取り組んできたからこそ、成功を遂げたのではないでしょうか?

たとえ起業したいと思っていても、行動に移せない方はたくさんいるでしょう。

しかし、古木大咲氏は将来を見据えて不動産業界の営業部で働く必要があると考え、必死で成果を上げました。

どんな状況に立たされても、希望や熱意を失わずにいられたのは、古木大咲氏の強さです。

また、既存のビジネスモデルに捉われず、より効率の良い最先端の技術を取り入れる姿勢も、簡単にできることではないでしょう。

これまでの常識に沿った事業展開ではなく、不動産賃貸にIoTを融合させた新しいビジネスモデルで効率性を構築するのは、先頭に立つ強い思いと勇気が必要です。

リーマンショックの危機を乗り越えられたのは、古木大咲氏なりの経営者としての考えや強さがあったからではないでしょうか?

 

■IoTを取り入れる時代は必ずやってくる

現在は、多くの企業においてIoTを取り入れていこうと動き始めている傾向にあります。

古木大咲氏がIoT技術を活用したアパートメントやデザインアパートメントを提供するようになったことで、最近ではIoT化に取り組む不動産企業も出てきました。

そもそもIoTと相性が良いとされるのは、情報量が多く、マニュアルに沿った仕事をしている業界だと言われています。

不動産業界は情報量が非常に多く、IoT技術を上手く取り入れれば入居者にとってもアパート管理を行うオーナーにとってもメリットが得られます。

古木大咲氏が手掛けるスマートホームは、IoTを活用した最先端のサービスです。

IoTデバイスが普及してきている現代では、不動産賃貸に融合させれば豊かな生活を実現できると考えられています。

IoTデバイスは入居者のニーズに合った暮らしを可能にするだけでなく、十分なセキュリティ機能も備えています。

あらゆる分野でデジタル化が進んでいる時代だからこそ、そのニーズに合ったサービスが必要です。

古木大咲氏は将来のIoT化を見据えた上で、事業を展開してきました。

彼が提供するスマートホームは、入居者やアパートのオーナーが抱える不安を解消させ、毎日を快適に過ごすために欠かせないものになっているのです。

IoT化が必ずやってくるという可能性を踏まえた取り組みは、古木大咲氏の起業家として必要不可欠な考えや先を予測することの大切さを教えてくれています。

 

 

従業員から慕われることが急成長の秘訣かもしれない

IoT・デザインアパートメント運営会社を経営している古木大咲氏は、従業員から非常に慕われています。

それが経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社自体の成長にもつながっているのではないかと考えられます。

最後に、古木大咲氏が従業員から慕われているのかについてご紹介していきましょう。

 

■古木大咲氏は現場を大切にしている

古木大咲氏は自身が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社において、現場を重要視しています。

一般的に経営者が現場に関与するというケースは少ないのですが、古木大咲氏の場合は自分自身の目で現場を確かめているのです。

なぜ経営者自身が現場を確かめるのかというと、『社内で発生する問題の解決策や新しいアイディアは現場から生まれる』と考えているからです。

古木大咲氏自身が、問題の解決や新しいアイディアの導入に積極的なので、従業員からも様々な提案が出やすくなっています。

このことから、古木大咲氏が経営するIoT・デザインアパートメント運営会社は、非常に風通しが良いことが分かります。

ただ風通しが良いだけではなく、従業員の意見を取り入れるという姿勢が従業員からの信頼を得ている要因だと言えるでしょう。

かつて古木大咲氏は、不動産会社の営業部で働いていた経験があります。

その経験を活かしながら、業務効率を改善し、少ない予算の中で新しいアイディアを実現できているのです。

 

■より働きやすい仕組みを作っている

古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社では、部下が成果を出せないのは経営者である自分自身に責任があると考えます。

多くの企業では、部下の成果が出ないと直属の上司が責められてしまいます。

しかし古木大咲氏は、経営する会社のトップである自分自身が作り出した仕組みで成果が出ないことに責任を感じているのです。

古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社のような中小企業の場合は、従業員一人ひとりの能力を自発的に発揮することで成功へと近づくと考えられています。

つまり、従業員が全員自分の能力を発揮できる仕組みを古木大咲氏が作れれば、企業は大きく成長できるということになります。

 

■無駄をなくして業務改善を行う

古木大咲氏は、これまでの不動産管理業務に無駄が多いと感じていました。

その無駄を省ければ、業務を効率的に行えるようになり、業務改善につながると考えたのです。

これまでの不動産業界の常識を覆す不動産管理を行うだけではなく、業務のフローの見直しも行いました。

その結果、根本的な部分から業務全体を改善することに成功したのです。

そして、常に業務の見直しを繰り返し、より働きやすい環境を作る工夫をしてきました。

 

古木大咲氏が経営するIoT・デザインアパートメント運営会社は、古木大咲氏のこれまでの経験を活かしたものです。

そのため、従業員から慕われていて、会社自体も成長の速度が速くなっているのです。

これは全て信頼関係によるものだと考えられます。