不動産

皆が気になる古木大咲氏の資産について調べてみた

こんにちは!
本日は、古木大咲氏の資産についてご紹介していきましょう。
皆さんは古木大咲氏がどれほどの資産を持っているとイメージされるでしょうか?
資産がどれほどかは分からないが、東証一部企業ということもあり、多く所有しているのではないかと考えられている方も多いでしょう。
本当に古木大咲氏が持っている資産はたくさんあるのか、調査してみました。
また、古木大咲氏と同年代で現在活躍している経営者についても調べています。
ぜひ経営者の資産が気になるという方は、参考にしてみてください。

レイハウオリ

古木大咲氏の資産はどれくらいなのか?

古木大咲氏が経営するIoT・デザインアパートメント運営会社は、今急成長を遂げています。
急成長している企業となると古木大咲氏の資産がどのくらいか気になる方は多いでしょう。

■IPO上場当時の資産

古木大咲氏の経営する会社は2015年に東証マザーズに上場しており、2015年版「IPO長者番付」では3位にランクインしていました。
その当時の株式の公募価格は1870円でしたが、初値はその倍に近い3615円をつけました。
古木大咲氏の持ち株は550万4000株だったので、約199億円の資産を手に入れています。

2015年に新規株式を公開した企業は92社ありました。
そのうち9割の上場企業が公募価格以上の初値をつけており、多くの企業がIPO長者に当てはまるわけです。
その状況にも関わらず、古木大咲氏はトップ3に輝いているので企業の業績はかなり良好だったと伺えます。

現在の資産を調べてみましたが、情報は見つかりませんでした。
しかし、マザーズの上場から3年経っており、急成長を続けているので資産も増加している可能性があるでしょう。
翌年にはマザーズから東証一部に変更しているので、業績を上げていることは明白です。

■不動産業の経営者の平均年収は?

不動産業を営む経営者の平均年収がどのくらいか知っていますか?
この分野は創業が浅くても高年収になりやすいとされており、年収は幅広いとされています。
中小企業の経営者でも年収5000万円超えというケースが多く、小規模でも高収入が得やすい分野と言えるでしょう。
古木大咲氏の会社は大手企業に比べたら規模はやや劣るものの、不動産業・経営者の平均年収から見ると、それを大きく上回る年収だと考えられます。
比較的安定している業界とは言え、古木大咲氏は常に新しいことをチャレンジしようと取り組んでいるので、他社と差を付けて業績を伸ばしているのでしょう。
その業績に比例して役員報酬も増減するわけなので、業績がどんどん伸びれば伸びるほど古木大咲氏の個人資産も増えていくと考えられます。

取締役の報酬が高いということは、そこで働く社員の年収も高めの傾向があると想像できます。
経営者が高年収の不動産業は社員も1000万円以上の年収を稼いでいるようです。
そうなると古木大咲氏の下で働く一部の社員も1000万円前後の年収を得ていると想像できます。

 

UTグローバル

なぜここまで資産を増やすことができたのか。

若くしてIoT・デザインアパートメント運営会社の経営者となった古木大咲氏は、上記でもご紹介したように大きな資産を手にしていると考えられます。
起業してから長い年月が経過しているわけではないのに、なぜ古木大咲氏は大きな資産を手に入れることができたのでしょうか?
ここでは、古木大咲氏が資産を増やすことができた理由について見ていきましょう。

■東証マザーズに上場によって得られた資産

古木大咲氏が経営している会社は、先ほども書いたように2015年に東証マザーズに上場しています。
この時の株式の公募価格が1870円でしたが、実際の初値は3615円という公募価格の倍近い価格をつけたのです。
この時点で、自社株を多数保有していた古木大咲氏は、約199億円もの資産を手に入れたということになります。
古木大咲氏の資産が増えた大きな要因の1つが、自社株の株価が非常に高くなったというところではないかと考えられるでしょう。

■ビジネスモデルの転換が功を奏したのではないか

古木大咲氏は、リーマンショックなどでダメージを受けたにも関わらず、負けることなくビジネスモデルの転換を実現しました。
ビジネスにも流行などがありますが、それに流されることなく地道に業務を拡大し続け、やるべきことをしっかりとこなしてきたのです。
そうすることによって、IoTデバイスを駆使した最先端のIoT・デザインアパートメント運営会社の存在を世間に知ってもらうことができ、売上をどんどん上げていくことに成功したと言えるでしょう。
そして業績アップの結果は従業員だけではなく、役員報酬の増加にも繋がると言えます。
つまり、古木大咲氏は自社株から得ることができる資産だけではなく、役員報酬という資産も手に入れていることになります。
新しいビジネスを考案し、実行していく中で成功する確率はかなり低かったかもしれません。
しかし、古木大咲氏は自分の思いを貫き、しっかりと形にすることができました。
その努力こそが、資産の大きさにつながっていると言うこともできるのではないでしょうか?

■なぜ経営者は資産を増やすのか

古木大咲氏に限ったことではありませんが、経営者という肩書を持つ人は大きな資産を手にしています。
なぜ、経営者が資産を増やすのか知っている人はどのくらいいるでしょうか?
その理由は、法人の資産で何かを行う時は役員の承認が必要になるのに対して、個人の資産であればその必要がないという点にあります。
新しい会社を立ち上げたり、事業を立ち上げたりする時に役員の反対があれば法人の資産は使うことができません。
しかし、経営者個人の資産であれば、経営者自身が出資していることになるため望んでいることを実現できないというリスクがなくなるのです。
また、いざという時には経営者の資産から助け船をだして、経営を維持させることもできるでしょう。
つまり、経営者の資産が多ければ多いほど、法人や会社の経営は末永く続いていく可能性が高いということになります。
古木大咲氏が経営している会社も、経営者の資産が大きいので、そのような役割を担ってくれる可能性があるということです。

UTコントラクション

同年代で活躍する経営者を探してみた。

世の中には、古木大咲氏のように若くして経営者になった人物はたくさんいます。
ここでは、古木大咲氏と同年代で活躍する経営者にはどのような人物がいるのか見ていきましょう。

■松本恭攝氏

松本恭攝氏は、ラクスル株式会社の代表取締役です。
印刷業界に新しい風を吹き込ませた人物として知られています。
ラクスル株式会社は、印刷事業者のネットワーク化に成功した会社で、顧客の要望に最も近い印刷事業所を見つけるだけではなく、低価格・短時間・高品質を実現させました。
このような事業の形は、松本恭攝氏が起業を決めた段階で立案されていたわけではありません。
どのようにしていくかは、その都度変化させていけば良いと考えていたため、かっちりとしたビジネスモデルは決まっていなかったと言います。
どのようにするかはその時の動きによって変化させますが、なぜそうなるのかというビジョンは持ち続けようと考えている人物なのです。
松本恭攝氏の考え方はこれまでの印刷業界にはなかったものでした。
この点においては、古木大咲氏が不動産業界に新しい風を吹き込ませたことと共通するのではないでしょうか。

■出雲充氏

出雲充氏は、株式会社ユーグレナの代表取締役です。
株式会社ユーグレナは、微細藻類「ミドリムシ」を使ったサプリメントなどの開発を行っています。
また株式会社ユーグレナは、サプリメント開発などのヘルスケア事業だけではなく、バイオジェット燃料を使ったエネルギー解析など幅広い事業を手掛けている会社でもあります。
現在は、微細藻類「ミドリムシ」を使ったサプリメントの知名度も高まってきたので、どのようなことをやっている会社なのかは知られていますが、かつては知名度がかなり低かったです。
新たなビジネスを生み出すチャンスをものにした人物だからこそ、知名度の高い会社へと成長させることができたのではないかと考えることもできます。
そして、ユーグレナインベストメントという投資会社も設立しているため、かなり幅広い事業を手掛けている人物だと言えるでしょう。
ユーグレナインベストメントでは、微細藻類「ミドリムシ」を使ったサプリメントのように新しいビジネスが生まれてほしいと願っているのです。

■岡田陽介氏

岡田陽介氏は、株式会社ABEJAの代表取締役社長CEO兼CTOを務めている人物です。
岡田陽介氏が経営している株式会社ABEJAは、「イノベーションで世界を変える」という壮大なミッションを掲げています。
株式会社ABEJAの事業は、人工知能を使った店舗解析サービスの提供です。
事業を始めた当初は、なかなか理解を得ることができず、話すら最後まで聞いてもらえないこともあったと言います。
しかし、店舗にカメラなどのデバイスを設置しやすい小売業などにアプローチを始めたところ、徐々に取り入れてくれる場所が増えていきました。
そこで手応えを感じ、現在の「ABEJA Platform for Retail」というサービスに結び付けることができたのです。

古木大咲氏のように若くして経営者になった人物は、これまでとは違う視点から物を見ている人が多いようです。
新しい価値観を生み出すことが、30代~40代の経営者には必要だということになるでしょう。