不動産

『古木大咲』とはどんな人物?経歴を探ってみた

こんにちは!

本日は、古木大咲氏の経歴について取り上げてみます。

古木大咲氏は、現在IoT・デザインアパートメント運営会社の代表取締役を務めています。

そんな彼ですが、実は意外な経歴の持ち主でもあるのです。

一体、どのような経歴を持っているのでしょうか?

また、古木大咲氏はまだ若い身でありながら、既に東証一部上場の企業へと自身の会社を成長させています。

古木大咲氏や他の若き経営者達はどんなことを大切にして会社を大きくさせることに成功したのでしょう?

今回は古木大咲氏の経歴から、他の若き経営者達も含めてご紹介していきましょう。

現在古木大咲氏について調べているという方や、若き経営者達にはどんな人物がいるのか知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

HGホールディングス

 

古木大咲氏は何をしている人?

古木大咲氏は、現在IoT・デザインアパートメント運営会社の代表取締役を務めています。

仕事としては会社の経営を一番に考えていますが、経営だけではなくどうすればより良いサービスを提供することができるのか、どうすれば働きやすい環境を作ることができるのかといったことなどを常日頃から考えています。

これは、働く環境やシステムを整えることによって効率が良くなり、経営にも良い面が表れやすくなるという考えを持っているためです。

 

独自の仕組みを完成させ、無駄の少ない仕事に

古木大咲氏は自身が経営するIoT・デザインアパートメント運営会社の中で、独自の仕組みを構築させていきました。

そもそもなぜこのような仕組みを構築させたのかというと、古木大咲氏が新たなビジネスモデルを導入しチャレンジしていこうとした際に、1棟も同じ物件を建てないようにするという会社の方針を進めていたことで、1棟ごとの案件がどれも複雑になってしまい、トラブルにつながり始めたことが関係しています。

当時は全て人の力で進捗管理なども行っていたため、かなり無理のある仕事となってしまっていました。

どうにか改善させなくてはならないと考えた古木大咲氏が、管理をメインとした独自のシステムを生み出し、この案件は現時点で「誰が」「何をしなくてはいけないのか」が即座に分かるようにしたのです。

例えば確認書類が誰のところで止まってしまっているのかも把握できるため、1つの案件がスムーズに進められるようになりました。

こうした仕組みづくりを考え、効果が期待できることが分かったらすぐに導入していく力を、古木大咲氏は持っていると言えます。

 

職場環境の整備で社員のストレスを軽減させる

他にも古木大咲氏の特徴として、「」を大切にしているという点が挙げられます。

例えばお客様も人ですし、取引先も人になります。

さらに会社で働いているのも人です。

全ての「人」に対して貢献しようという意識の高さがうかがい知れます。

どんな部分から分かるかというと、例えば古木大咲氏は自分の会社で働く社員に対して少しでも業務におけるストレスを軽減してもらおうと職場環境の改善に努めています。

例えば、不動産業と言えば営業職だと特に、朝早くから夜遅くまで働かなくてはいけないというイメージがありますが、古木大咲氏はこの考えを不動産業界の古い考え方としていて、できるだけ営業職であっても定時に退社をするように促しています

このように、働きやすい環境・制度が整えることで社員のストレスを軽減させていると言えるのではないでしょうか?

HGホールディングス

古木大咲氏のこれまでの経歴について紹介

IoT・デザインアパートメント運営会社の経営に携わっている古木大咲氏は、これまでどんな人生を歩んできたのでしょうか?

気になる経歴についてもご紹介していきましょう。

 

高校を中退し悩んでいた日々

1979年に鹿児島県で誕生した古木大咲氏は、中学で父と死別してしまった後、一人で福岡県へと移り住みます。

家族には学費の負担をかけられないということから、高校も中退し、自身はフリーターとして働き始めるのです。

しかし、いつまでもフリーターでいることに将来への危機感を感じた彼は、父親のように起業したいと思うようになっていきました。

古木大咲氏の父親は建設関連の仕事を自営業で行っており、古木大咲氏もそんな父親の背中を見て育ったため、起業を目標に据えたようです。

 

不動産会社に就職

21歳になると地域密着型の不動産会社に就職することが決定しました。

自身は起業を目標としていたため、できるだけ営業のノウハウを学ぼうということから営業職を希望していたのですが、やはり不動産に関する知識がまだ浅かったこと、そして高校中退という壁によって、営業職ではなく不動産会社が所有する物件の清掃を行うことになってしまいます。

ただ、諦められなかった古木大咲氏は、平日は物件清掃の仕事をしながらも休日には飛び込み営業を行い、独自で自社物件を紹介するようになったのです。

平日も休日も働き詰めでしたが、すぐに飛び込み営業で成果が表れ、仕事への態度やしっかりと結果を出したことをきっかけに会社から本格的に営業職へ異動するように命じられました。

そしてようやく、不動産会社のノウハウを学びつつ、営業職を極めることが出来たのです。

 

独立までの流れ

営業職になってからは普段の外回り営業だけではなく、これからは多くの方がインターネットを活用する時代が訪れるということで、新築アパートを販売するWEBサイトの立ち上げと運営を企画しました。

この企画は採用されましたが、予算は100万円だけだったので、何とか予算内で成功させようと、外注で依頼したプログラマと2人で作業を進めていきます。

古木大咲氏は特別WEBやPCに詳しいわけではなかったのですが、これをきっかけに一から勉強し、何とか立ち上げをするまでに至ったのです。

WEBサイトの立ち上げ・運営は成功し、実績も出すことができました。

21歳から4年間通して不動産業界について学び、25歳になって自身の不動産会社を独立開業させたのです。

これまでの経歴を見てみると、経営者というと学歴が必要なのではないか?というイメージを持っている方もいらっしゃるかと思いますが、古木大咲氏は高校を中退しフリーターになって、そこからIoT・デザインアパートメント運営会社の代表取締役にまで駆け上がった方です。

不動産会社に入社してからわずか4年で独立開業したり、営業職に異動できるように休みでも自らが動いたりするようなところを見ると、かなりの行動力を持った人物だと考えられます。

そして経営者には必ずしも学歴が必要ではないことがわかります。

 

古木大咲氏のような若き経営者について紹介

古木大咲氏は25歳という若さで独立し、会社を立ち上げています。

実は古木大咲氏のように若くして会社を立ち上げ、しかも上場企業へと成長させた若き経営者が他にもいます。

どんな人物がいるのか紹介していきましょう。

 

株式会社リブセンス 村上太一氏

アルバイトの求人サイトとしても有名な「ジョブセンス」などを運営している株式会社リブセンスの代表を務める村上太一氏は、株式上場における最年少記録を持つ人物です。

彼は早稲田大学に在学している時にリブセンスを設立させました。

創業2年目には既に黒字化しており、村上太一氏が25歳の頃に東証マザーズへの上場を果たしています。

現在は東証マザーズから東証一部へと市場変更されています。

 

株式会社サイバーエージェント 藤田晋氏

藤田晋氏は新卒で株式会社インテリジェンス(現在のパーソルキャリア)に入社し、そのわずか1年後に現在の株式会社サイバーエージェントの副社長を務める日高裕介氏とアルバイト1名を含めた3人でサイバーエージェントを立ち上げました。

サイバーエージェントといえばアメーバブログやAbemaTVなどで有名な企業です。

企業は急激な成長を遂げ、設立からわずか2年で上場を果たすことになります。

 

株式会社ライブドア 堀江貴文氏

現在もなおテレビや様々なメディアで引っ張りだこな堀江貴文氏も、若き実業家の1人です。

堀江貴文氏も大学在学中に会社を立ち上げ、インターネットが一般的に広がり始めたタイミングでホームページ制作やホームページ管理の仕事を始めるようになります。

その後ライブドア社から営業権を取り、ライブドアとして事業を始めたのです。

設立から3年以内というスピードで上場も果たすことになりました。

現在は3つの会社の取締役を務めながら、日本ゴルフ改革会議委員や大阪府国際博覧会(万博)の特別顧問なども務めています。

若い経営者の中で現在も活躍している方を見ると、そのほとんどが10年以内に上場を果たしているということが分かりました。

古木大咲氏も設立から10年以内に上場を果たしているため、今後も注目できる経営者と言えるのではないでしょうか。