不動産

古木大咲氏のこれまでの経歴と新たなアイデアとは?

今回は、自らが立ち上げた企業を急成長させた古木大咲氏の経歴や、不動産業界の改革を行いたいと考えるまでに至ったきっかけについてご紹介していきます。

現在、古木大咲氏はIoT・デザインアパートメント運営会社を経営していますが、これまでになかった不動産企業を作り上げました。

古木大咲氏が成功を勝ち取った理由とはどのようなものなのか、古木大咲氏が事業を成功させるために行ってきたことも併せてご紹介しましょう。
現在、不動産業界で最も注目を集める人物とも言われている古木大咲氏について知りたいという人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

古木大咲氏が立ち上げた企業が凄い!?東証一部上場への道のり

不動産業界で大きな成功を収めている古木大咲氏の人生は決して穏やかなものではありませんでした。

1979年9月14日に古木大咲氏は鹿児島県で誕生しています。
実家が自営業であったことから、将来は家業を継ぐつもりでいましたが、父親が亡くなったことをきっかけに福岡県へ移住し、県内の高校に進学します。

しかし、生活は厳しく入学後は1年で中退することになり、その後はコンビニや居酒屋などでアルバイトをしながら生活をしていたと言います。
一般的な楽しい高校生活を送る学生とは真逆の生活を送っていた彼に対し、親戚や周囲の人間は揶揄し、その度に悔しさを噛みしめていました。

そんな生活を送りながらも古木大咲氏は自分らしく努力して生きていたことから、いつか経営者になって今まで馬鹿にしてきた人たちを見返してやりたいという気持ちを持つようになったそうです。

まず、経営者になって事業を成功させるためには、現状のままではダメだと感じ、不動産業界へ就職することを決めます。
不動産会社時代は、高校中退やフリーターなどは企業が受け入れてくれる場合が少なく、理想の仕事には恵まれずに苦しい経験をしていました。

しかし、彼は何としても不動産業界で営業職に就きたいと諦めずに願い続け、たゆまぬ努力を続けた結果、大きな成果を果たしたのです。
古木大咲氏は不動産会社での成果を次々と出し、高く評価されたことから念願の営業部への異動が決まり、そこでさらに大きな成功を収めました。

古木大咲氏は、インターネットを利用してアパート販売のサイトを企画から立ち上げまでを行いました。

インターネットの急速な普及によって、古木大咲氏はこれから不動産業界にもインターネットを利用した事業が期待されることに気付いていたのです。

そのような考えを持ちながら、独立するために必要なノウハウや経験を積んで、2005年には念願の独立を果たし不動産の売買・賃貸物件の仲介事業を立ち上げます。

しかし、独立したばかりの時は経営が伸び悩んでいました。

その状況から古木大咲氏は、インターネットを活かしたスマートホームやIoT・デザインアパートメント分野に事業転換を行うことを決意したのです。

 

その後、事業も軌道に乗り経営も安定化してきた矢先、世界的な金融危機であるリーマンショックが起きてしまいます。
リーマンショックは古木大咲氏の会社にも多大な影響を及ぼし、最終的には経営難にまで追いこまれてしまったのです。

そこで、古木大咲氏はさらに事業転換をして新事業を考えるようになりました。

古木大咲氏がこれまでに展開してきたスマートホームやIoT、デザインアパートメントは、不動産業界にはなかった斬新なビジネスモデルでした。
そのため、開始したばかりの頃は同業他社や専門家などからはなかなか受け入れられなかったそうです。

しかし、現在では認知度・知名度共に高いIoTを活用した事業展開を行ったことをきっかけに、古木大咲氏は東証一部上場にするまでの大きな成功を収めることになりました。

古木大咲氏の事業では、入居者から不動産管理に関わるオーナーまで役に立つサービスを展開しています。
会社を経営する人と言えば、これまでに良い教育を受け、しっかりと大学を卒業して就職してきたような人を想像しがちですが、古木大咲氏は高校中退やフリーターを経験してあらゆる世間の荒波を乗り越えながら努力して企業経営者になりました。
そんな人物が立ち上げた努力の賜物である企業であるからこそ、東証一部上場となるまでの成長を遂げたのです。

 

 

古木大咲氏はなぜ急成長企業を作ることができるのか?アイデアはどこから生まれる?


古木大咲氏は、リーマンショックという経営危機に直面したことからそこで起点を利かせてビジネスモデルを転換し、ピンチをチャンスに変えていきました。

 

目の前のことを順序良く解決していく

まず、具体的には在庫を抱える問題から、従来の不動産売買では考えられなかった「無在庫型」のビジネスモデルを展開し始めました。

不動産の信用問題もかかる状況下で、「紹介された土地を買って存続できるかどうかも分からない不動産事業に建築の依頼をし、およそ半年で物件を完成させる」というような不安要素に満ちた状況でした。
金融機関もこのビジネスモデルには大きなリスクがあると感じていたことから、融資を断ることもあったようです。

そのような状況でも古木大咲氏は、効率的に理に適っているこのシステムを提唱し、メリットを打ち出すことができれば、必ず皆が賛同してくれるはずだと考えていました。

その結果、準備期間はあったものの、土地を選んで賃貸経営ができるというビジネスモデルを確立することができたのです。

この中で、古木大咲氏は「目の前の問題に対して順序良く丁寧に解決していく」という努力を行ってきました。
その努力こそが彼に大きな成果をもたらしたのです。

 

高品質でありながらもローコストを実現させる

ビジネスモデルの改革後、ビジネスモデルが浸透し始めるまで少々時間はかかったものの、浸透してからは売上高も大きく成長を遂げています。

土地を持たない状態で、アパートを経営しようと考えた場合、従来では業者が所有している完成物件を買う以外に方法はありませんでした。

しかし、古木大咲氏はオーナー自らが立地や賃貸物件のデザインを自由に選ぶことが可能になれば、高い入居率を得られると考えたのです。
さらに、その際にかかる費用がローコストならばオーナー側の希望にも対応しやすくなるメリットができます。

古木大咲氏はオーナーの希望を実現させるために、全国の主要都市の不動産会社との取引体制を確立しました。
これにより、オーナーと非公開の優良物件をマッチングすることが可能になったのです。

新しく賃貸物件を建てれば入居率が上がり、おしゃれなデザインやIoTを活用できるこれまでにない生活空間を提供できます。
また、古木大咲氏はローコストであることを追及し、現在のビジネスモデルをより良いものにするためには重要な要素だと提唱しています。

リーマンショックを経験しながらも斬新なアイデアを考え出した古木大咲氏は、最初からうまくビジネス展開をしていたわけではありません。

彼は、ピンチをチャンスと捉えて発想を転換し、成功を収めましたが、問題を解決していく際にはいつでも「努力」することを忘れないように心掛けていました。
そのため、良いアイデアを次々と生み出していった背景には、日頃のたゆまぬ努力があったことが伺えます。

 

 

古木大咲氏に対する投資家の見方は?SNSなどの声を集めてみた。

急成長を遂げ、東証一部上場を成し遂げた古木大咲氏の立ち上げた企業ですが、実際にはどんな声が寄せられているのでしょうか?
ここでは古木大咲氏についてネットでの意見を聞いてみましょう。

 

設立12年目と若い会社です。ここ数年は上場や子会社の設立などを達成し、スピード感とエネルギーに溢れていると感じています。社歴に関わらず、やる気や仕事の達成度を認めてくれる社風です。仕事のやりがいや自身の成長を感じることができる環境です。全社員共通のコンプライアンス研修や、各部署での研修も定期的に行なわれています。また当社は不動産業なので宅地建物取引士資格取得にも力を入れています。仕事を通じて身に付くスキルは多々あると思います。

https://en-hyouban.com/company/10200191071/kuchikomi/2470987/

 

どちらかといえば「若い会社」になると思います。そういった意味では将来の安定性が気になることもあります。ですが、今後の発展に向け子会社の設立なども行なっており、現在のスピード感を将来の事業に繋いでいるとも感じます。

https://en-hyouban.com/company/10200191071/kuchikomi/2470988/

 

このような意見から、設立して歴史の浅い会社ですが、社員の教育は行き届いており、やる気とエネルギーに満ち溢れた企業であることが分かります。
また、子会社を設立するなどして発展を遂げることで、将来の安定性を確立する基盤を作っている様子も伺えます。

 

アパート1棟という高額な商品を自分を信頼して購入してくれること。お客様の夢の実現をするために一緒に頑張っているという実感を得られること。

https://en-hyouban.com/company/10200191071/kuchikomi/2162749/

 

この意見からは、会社全体で、利用客と共にこれから建てる物件について親身になって考えながら手厚いサービスを行っている様子を受け取ることができます。
古木大咲氏の運営する企業では、このような意見が数多く寄せられていました。

また、投資家たちが集う掲示板では下記の口コミも見られました。

 

材料が出れば一気。
株数は維持したいね(-。-)y-゜゜゜

https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1835618/2cbf9cbe41201ab89304ab3e7bf1a720/37/922

 

かつてはアナログな作業が多かった不動産業界の仕事を効率化させ、斬新なシステムを導入することで次々に成功を収めている古木大咲は、不動産業界において大きな革命を起こしました。
投資家の中には新たな事業に対し、よく考えられているという声も挙がっています。

効率化と利便性を兼ね備えた新技術の導入によって、より利用客のニーズに合ったビジネスを行えるように発展してきました。

その例として、アパート・マンションを経営しているオーナーに向けて作られた便利なアプリサービスや、不動産管理会社向けのAIシステムなども積極的に導入しています。

過酷な人生を歩み、ピンチをチャンスに捉える精神を持った古木大咲氏が努力して作り上げたこのビジネスモデルは、今後も大きく発展していくことが期待されるでしょう。