不動産

不動産×IoT企業、古木大咲氏はなぜ結び付けられたのか?

古木大咲氏が代表を務めているIoT・デザインアパートメント運営会社では、スマートホームやIoTを活用した不動産事業を行っています。

これまでは不動産とIoTが結び付くケースはほとんどありませんでした。

では、なぜ古木大咲氏は不動産とIoTを結び付けたのでしょうか?

今回は、IoT企業になった古木大咲氏の会社のことやIoT企業が注目されている理由、他のIoT企業を起業した経営者についてご紹介していきましょう。

古木大咲氏やIoT・デザインアパートメント運営会社について知りたい人は、ぜひ目を通してみてください。

 

 

古木大咲氏が立ち上げた不動産会社は今ではIoT企業に??

古木大咲氏が代表を務めるIoT・デザインアパートメント運営会社は、不動産会社でありながら、IoT企業としての側面も持ち合わせています。

まずはどうしてIoT企業としての側面も持つようになったのか、ご紹介していきましょう。

 

創業したばかりの頃からITを意識していた

古木大咲氏が代表を務めるIoT・デザインアパートメント運営会社は、2006年に創業しています。

創業当初から既にSEO対策を重視したWEBサイトの構築を行い、集客へとつなげていました。

ITを活用することによって、今まで以上に効率の良い販売ができると踏み、独自の仕組みを作り上げることに成功したことが始まりだと言えるでしょう。

当時の不動産業界では見られない取り組みを行ったため、大きな注目を浴びることになりました。

こうした注目度を高めることも、古木大咲氏の思惑通りだったと言えるのではないでしょうか?

IoT・デザインアパートメント運営会社が手掛ける物件を購入するオーナーも順調に増えていき、売上もどんどん伸びていきました。

他の不動産会社とは異なる視点から始めた事業が功を奏した結果です。

 

リーマン・ショックが転機をもたらす

ご存知の通り、2008年に起こったリーマン・ショックは様々な業界に大きな影響を与えました。

不動産業界も例に漏れず、古木大咲氏の会社もその影響を受けることになってしまいました。

多額の借入が残っているのに売上が落ち込んでしまったのです。

それでも古木大咲氏は、その逆境を上手く利用しました。

これまでの不動産業界のビジネスモデルではリーマン・ショックのような不況が起こると、また同じように良くない状態に陥ってしまいます。

そこで、古木大咲氏は在庫を持たないビジネスモデルを実現しました。

在庫を持たないビジネスモデルはかなり斬新だったため、最初はなかなか受け入れてもらえなかったと言います。

しかし、ITを活用したビジネスモデルこそこれからの時代に必要だと信じ続け、今に至っているのです。

 

IT体制を強化し、IoT企業としての印象を強くする

斬新なビジネスモデルをスタートさせた古木大咲氏が代表を務めるIoT・デザインアパートメント運営会社では、不動産会社にITを導入することのメリットを発信し続けました。

不動産管理が楽になり、かつ顧客にとってのメリットも大きくなることを古木大咲氏は知っていたからです。

また、従来の不動産会社が抱えていた問題を解決するためにもIoT企業としての側面を持つことは重要であり、新しいサービスにもつながっていくと考えました。

こうした考えを持ちながらITエンジニアの数を増やし、ITを取り入れていったのです。

不動産とIoTの関係がいまいちしっくりこないという人も多いでしょう。

しかし、これからの時代は新しい取り組みを行い、ITやIoTにも精通しなければいけない時代になっていきます。

現在でもそうですが、より顕著になるのではないかと考えられます。

つまり、古木大咲氏が代表を務めるIoT・デザインアパートメント運営会社はそんな時代の先を走り続けている会社だと言えるのです。

 

 

なぜIoT企業が注目されているのか。

IoTという言葉は様々な場面で耳にするようになり、IT系以外の企業でもIoTを導入し始めています。

大きな注目を集めているIoT企業ですが、なぜこれほどまでに注目されているのでしょうか?

続いては、IoT企業が注目されている理由について考えていきましょう。

 

インフラとして必要不可欠なインターネット

インターネットを活用したビジネスは大きく発展しています。

インターネット通販を活用すれば購入できないものはないというレベルにまでなっていることから、私たちの生活とも密接なつながりがあることが分かるでしょう。

これは個人レベルだけではなく、企業レベルでも大きな意味を持ちます。

企業の広報や顧客サポート、宣伝などでもインターネットが活用されているからです。

インターネットの普及により、それまでは考えられなかったような幅広い事業展開も可能になっています。

そのため、インターネットはインフラとして必要不可欠な存在になっていると言えるでしょう。

 

IoTはネットワークをより大きくしてくれる

IoTが注目されている背景にはインターネットと「もの」をつなげることで、さらに大きなネットワークを生み出せるという理由があると言えます。

家電や自動車、電気などのメーターにIoTのセンサーを埋め込むことによって、自動的に動かせるようになります。

それはさらに幅広く応用されることも期待されているため、より実用性も高まっていくことでしょう。

古木大咲氏が代表を務めているIoT・デザインアパートメント運営会社では、不動産管理においてIoTを活かそうとしています。

IoTを導入した賃貸物件では、入居者は安心して暮らすことができ、オーナーの負担を軽減できるというメリットが生まれます。

その結果、とても魅力的な賃貸物件として注目されることになるのです。

単純な不動産会社としてではなくIoT企業として不動産業界に変化をもたらすという意味でも、古木大咲氏が代表を務めているIoT・デザインアパートメント運営会社の存在はとても大きくなっています。

 

無限の可能性を秘めているIoT

IoT導入によって、保守やメンテナンスなどソフトウェアの範囲まで広がっていくと考えられています。

もちろんIoTの優秀なハードウェアの需要は高まっていくと考えられますが、ソフトウェア面における可能性も忘れてはいけません。

リアルタイムな点検や保守サービスは、長期間に渡って発生します。

そのため、点検や保守的サービスの側面で生まれるビジネスチャンスや可能性もしっかりと見つけていかなければいけないのです。

古木大咲氏が代表を務めているIoT・デザインアパートメント運営会社では、賃貸物件をより安全にするためのセキュリティなどでもIoTを取り入れています。

このことから、無限の可能性を秘めているIoTを活かすためのビジネスを古木大咲氏は見つけられていたと言えます。

早い段階からIoTの可能性に気が付いていた古木大咲氏は、様々な事業でIoTを活用できるのではないかと考えるようになったと言います。

 

大きな可能性を秘めているIoTは、これからもさらなる進化を遂げ、より私たちの生活に密着したものになる可能性があります。

それも見越した事業を古木大咲氏は手掛けていくでしょう。

 

 

IoT企業の主な起業家についてご紹介。

古木大咲氏が代表を務めているIoT・デザインアパートメント運営会社以外にも、IoT企業はいくつもあります。

最後に、IoT企業の起業家にはどのような人物がいるのか、ご紹介していきましょう。

 

天野眞也氏

天野眞也氏は、株式会社FAプロダクツの会長を務めている人物です。

株式会社FAプロダクツでは、日本のモノづくりをより便利にするための事業を展開しています。

目標を実現するために株式会社FAプロダクツが開発したのが、製造業のスマート化を実現するためのパッケージシステムです。

工場のIoT化を進めるために効果的な商品は、生産性の向上などにつなげられるとして注目を集めています。

他にも太陽光発電所向けの提案販売・物件提案を行うことで、新エネルギー業界にも進出しています。

天野眞也氏が代表を務めている株式会社FAプロダクツは、日本の未来を創造していく会社の1つになるのではないかと考えられるでしょう。

 

後藤功氏

後藤功氏は、株式会社グラモの代表取締役社長を務めている人物です。

株式会社グラモでは、最先端のテクノロジーを活用し、安心できる住環境を創り出すための事業を行っています

日本で初めてのIR遠隔家電制御製品・iRemoconがメインですが、スマートロックやAIスピーカーなどと連携したIoTソリューションを提供する会社として知名度が高まっている会社です。

Amazonが提供しているAmazon Alexaにも対応していることから、かなり幅広い場面で活用できるシステムでもあるので、注目度が高まっているのではないでしょうか?

 

河野剛進氏

河野剛進氏は、株式会社バカンの代表取締役を務めている人物です。

株式会社バカンでは、IoTとAIを活用した空席情報配信サービスを提供しています。

空間を知能化することを目標にしているため、さらに進化するのではないでしょうか?

IoTとAIを活用することで、ビッグデータの解析をより正確なものにし、現地に行かなくても空席があるかどうかを把握できるという点は大きな強みであり、魅力だと言えます。

「人は多いが、混雑はない。」という世界をリアルなものにするために河野剛進氏が率いる株式会社バカンは、さらなる成長を遂げることでしょう。

 

岡部顕宏氏

岡部顕宏氏は、ノバルス株式会社の代表取締役を務めている人物です。

ノバルス株式会社では、製造業にIoTでビジネスチャンスをもたらすための事業を行っています。

ノバルス株式会社が手掛けている乾電池型IoTデバイス「MaBeee」は、多くの賞を受賞している商品であり、他にはないオンリーワンな商品でもあります。

非常に魅力的な商品を展開しているノバルス株式会社は、これからも独自の試みを行い、成長していくのではないかと考えられます。

 

 

IoTが大きな注目を集めている今、IoT企業を起業する人も増えています。

時代のニーズに合わせた事業を展開するためには必要不可欠なことでもあるので、IoT企業が増えていることも納得できるのではないでしょうか。