浦崎忠雄氏が形にしようとする医療に対する思いとは?