企業の概要

アールエスアセットマネジメントが行っているSDGsの取り組みとは?

アールエスアセットマネジメント

ここ最近話題になっている「SDGs」という言葉を、耳にしたことがある方も多いでしょう。
アールエスアセットマネジメントでも、SDGsの目標を達成するための取り組みを行っています。
世界規模で取り組みが行われているSDGsは、世界に蔓延っている問題を解決するために必要なものだと考えられています。
今回は、アールエスアセットマネジメントも取り組んでいるSDGsが一体どのようなものなのか、アールエスアセットマネジメントの具体的な事業内容も含めてご紹介しましょう。
SDGsやアールエスアセットマネジメントの事業内容について知りたいと思っている方は、ぜひ目を通してみてください。

アールエスアセットマネジメント

SDGsとはどのようなものか?

SDGsは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)を略したものです。
2015年9月に行われた国連サミットで採択された目標となっています。
国連に加盟している193ヶ国が2016年~2030年までの15年間で達成すべき目標を掲げています。
SDGsが採択された際には、国連の壁にカラフルなプロジェクションマッピングが映されました。
そんなSDGsは、17個の目標と目標達成に必要な169個のターゲットで構成されています。
では、どのような目標を掲げているのか見ていきましょう。

 

SDGsの目標

・貧困をなくそう
・飢餓をゼロに
・すべての人に健康と福祉を
・質の高い教育をみんなに
・ジェンダー平等を実現しよう
・安全な水とトイレを世界中に

この6個の目標は、世界的に問題となっている貧困や教育格差などに関する問題提起をしているものです。
また、安全な水を手に入れることが難しい発展途上国をサポートすることも目標として掲げられています。
日本でも子どもの貧困が問題視されていたり、ジェンダーの平等に関する考え方がまだまだ浸透していなかったりするため、他人事とは言えない目標となっています。

・エネルギーをみんなに そしてクリーンに
・働きがいも経済成長も
・産業と技術革新の基盤をつくろう
・人や国の不平等をなくそう
・住み続けられるまちづくりを
・つくる責任 つかう責任

こちらの目標は、私たちが普段使っているエネルギーや産業などに関する目標です。
また、働きがいや経済成長に関する目標もあることから、私たちが暮らす日本にも大きく関係していると言えるでしょう。

・気候変動に具体的な対策を
・海の豊かさを守ろう
・陸の豊かさも守ろう
・平和と公正をすべての人に
・パートナーシップで目標を達成しよう

この5個の目標は、気候変動や平和などに関する目標です。
これらの目標は、発展途上国もしくは先進国に限った目標ではなく、世界が一体となって目標達成に取り組まなければいけないものです。

 

SDGsのターゲット

SDGsは、それぞれの目標に対するターゲットも定めています。
目標1つあたりに10個ほどのターゲットが存在しているため、合わせると169個にもなるのです。
全てを見ていくと大変なので、ここでは1個目の目標である「貧困をなくそう」のターゲットをいくつかピックアップして見ていきましょう。

・2030年までに極度の貧困(1日1.25ドル未満で生活する人々)を終わらせる
・貧困層や脆弱層に対する保護を達成する
・災害などに対するリスク度合いや脆弱性を軽減する

上記は1個目の目標である「貧困をなくそう」のターゲットになっています。
SDGsのターゲットは、総務省がまとめたPDFで確認することができるため、細かい部分まで気になる人はぜひ確認してみましょう。

アールエスアセットマネジメント

アールエスアセットマネジメントはどのように関連しているのか?

SDGsの目標とアールエスアセットマネジメントの取り組みは、実は大きな関係があります。
なぜかというと、アールエスアセットマネジメントは再生可能エネルギーに関する事業を行っているためです。
SDGsの目標の中には、

・エネルギーをみんなに そしてクリーンに
・気候変動に具体的な対策を

といったものもあります。
この目標を達成するためには、アールエスアセットマネジメントも行っている太陽光発電やバイオマス発電、風力発電などの再生可能エネルギーを活用した発電の貢献が期待されます。
つまりアールエスアセットマネジメントは、SDGsの目標を達成するための事業を展開しているのです。
アールエスアセットマネジメントが行っている事業は、環境の悪化を防ぐためにも大きな意味を持っています。
そのため、かなり注目度が高い会社と言えるでしょう。

 

SDGsの達成を願うアールエスアセットマネジメントの会社概要と事業内容

SDGsの目標達成に向けて事業を行っているアールエスアセットマネジメントですが、具体的にどのような事業を展開する企業なのでしょうか?
続いては、アールエスアセットマネジメントの会社概要や事業内容についてご紹介します。

 

アールエスアセットマネジメントの会社概要

アールエスアセットマネジメントは、2013年3月に設立された会社です。
主要取引先は、株式会社SBI証券やSBIマネープラザ株式会社、JA三井リース株式会社、MULエナジーインベストメント株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、株式会社東芝、株式会社日立システムズなどの大手企業が多く見られます。
また、取引をしている銀行はりそな銀行や三菱UFJ銀行、三井住友信託銀行、きらぼし銀行、千葉銀行と安心感を得られる名前が並んでいます。
そんなアールエスアセットマネジメントが手掛けている事業は、太陽光発電設備などを手掛ける再生可能エネルギーファンドへのアレンジメント事業やインベストメント事業です。
それらの事業に附随する関連業務も行っているため、かなり幅広い事業を展開している会社だと言えるでしょう。
「安全かつ安定した電力供給への貢献」という企業理念を実現するためにも、幅広い事業の展開は必要不可欠だとアールエスアセットマネジメントは考えていると予想できます。

 

アールエスアセットマネジメントの事業内容

SDGsの目標達成に貢献しているアールエスアセットマネジメントは、自然に優しいエネルギー開発を行っています。
では、具体的にどのような事業を行っているのか見ていきましょう。

・アレンジメント事業
アレンジメント事業は、日本の未来を支えていくであろう若いアセットマネージャーを中心として展開されている事業です。
「安全かつ安定した電力供給への貢献」という企業理念を実現するためにも必要な事業とされています。
そんなアレンジメント事業では、ファンドストラクチャー業務と運営管理業務が行われています。

ファンドストラクチャー業務は、より安定した収益を得るための投資をサポートするものです。
特別目的会社が太陽光発電設備の設置場所や設置にかかる工事、メンテナンスまでトータルで行える提携会社に委託します。
それによって、初期費用を抑えながら効率の良い発電が実現可能となっています。
また借り手が返済責任を負わずに済むノンリコースローンで借り入れできる案件に絞って投資するため、投資のリターンも向上できるというメリットも強みです。

運営管理業務は、特別目的会社が資金をどのように運用しているのか、メンテナンスの状況はどうなっているのかといった情報を投資家にタイムリーに提供する業務です。
出資者が安心して資金を提供し、安定した電力供給に貢献するためには必要不可欠な業務だと言えるでしょう。

・インベストメント事業
インベストメント事業は、太陽光発電設備を保有している特別目的会社に匿名組合出資を行います。
匿名組合出資を行うことで、安定した収益の確保を目指すのです。
匿名組合出資は、一般的な出資と違って出資持分だけがリスクになります。
そのため、投資リスクを抑えられるというメリットがあると言えます。
リスクを抑えた投資ができるというのは、出資者にとって大きな魅力の1つになるでしょう。

 

アールエスアセットマネジメントの実績は?

SDGsの目標達成に向けた事業を行っているアールエスアセットマネジメントは、日本全国に多くの再生可能エネルギー発電設備を設置しています。
最後に、アールエスアセットマネジメントの実績について見ていきましょう。

アールエスアセットマネジメントの実績

アールエスアセットマネジメントは、これまでに全国各地に数多くの再生可能エネルギー発電設備を設置してきました。
北海道から九州まで幅広いエリアに再生可能エネルギー発電設備を設置してきたという実績は非常に大きなものだと言えます。
現在も施工中であったり、施工予定であったりする案件もあることから、その実績はさらに伸びていくと予想できるでしょう。
では、SDGsの目標達成に向けた事業を行っているアールエスアセットマネジメントが具体的にどのような設備を設置してきたのかピックアップしてご紹介します。

アールエスアセットマネジメントが実際に施工した案件

・青森つがる案件(2.4MW)
・福岡直方案件(2.0MW)
・長崎南島原案件(1.1MW)
・新潟新発田案件(1.3MW)
・茨城常陸太田案件(0.5MW)
・山口平生案件(1.0MW)
・静岡湖西第一案件(2.4MW)
・広島安芸高田案件(1.7MW) など

現在施工中もしくは準備中の案件

・千葉茂原案件(24.0MW)
・大分宇佐案件(10.3MW)
・宮城丸森案件(28.3MW)
・石川百浦赤住風力発電案件(7.5MW)
・石川矢駄風力発電案件(7.5MW)
・茨城神栖バイオマス第一案件(22.1MW) など

アールエスアセットマネジメントはこのように多くの実績を残してきました。
施工中や準備中の案件も多いため、今後はさらに多くの実績を残すことでしょう。
それは、SDGsの目標達成にもさらに貢献することを意味しています。

太陽光発電設備に対する投資などを行っているアールエスアセットマネジメントは、SDGsの目標達成にも貢献している会社です。
SDGsは世界的にも注目されていて、多くの企業がその考えに賛同しています。
これからの時代をより良くしていくためにも必要不可欠なものだと言えるでしょう。
そんなSDGsの目標達成にも貢献しているアールエスアセットマネジメントは、再生可能エネルギー発電設備へ投資する出資者に対して大きなリターンを提供できるような事業を行っています。
つまり、これから私たちが生きていく世界にとって魅力的な事業を行っているだけではないのです。
もしも、SDGsや再生可能エネルギー発電投資に興味があるなら、アールエスアセットマネジメントに問い合わせてみると良いでしょう。

アールエスアセットマネジメント
RELATED POST