不動産投資

不動産投資の基礎知識!売却の流れを知っておこう

近い将来、不動産売却を考えている人は、いざ売却をしようと決断したもののどのように取引をしたら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

高額な不動産売却を実現させるために、売却の流れは一通り理解しておく必要があります。

ここでは、不動産売却の流れについて解説していきましょう。

 

 

不動産売却の流れを知っておこう

 

不動産売却はいくつかの工程を順序に沿って売却の手続きをします。

不動産売却を検討している人は、まず売却の流れについて掴んでおきましょう。

 

1.不動産相場を事前に調査する

 

できるだけ高い金額で不動産売却に挑みたい場合は、相場調査など情報収集を事前に行っておくべきです。

不動産会社に依頼し査定をしてもらっても、ある程度の平均相場や不動産売却は最低限必要な知識です。

事前に把握しておくことによって、不動産売却を有利に進めることができます。

 

 

2.必要な書類を揃える

 

不動産査定を依頼するにあたり、必要な書類を準備しておきます。

主に以下4つの書類が必要になるので、用意しておきましょう。

 

・売り主の身分証明書

・印鑑証明書(印鑑も必要)

・物件の所有者であることの証明書類

・不動産管理関連書類(マンションの維持費や建物に関する書類、管理規約書など)

 

以上4種類の書類は、不動産売却にあたり用意しておかなければならないことが多いのですが、以下の書類は必須になる場合とそうでない場合があります。

 

・耐震診断報告書

・アスベストの使用調査報告書

・住宅性能評価書

 

以上の3つは買い主が事前準備しておくことで、購入決定の決め手となる書類になります。

用意しておくと売却が有利になる可能性があるかもしれません。

 

 

3.不動産会社に査定を依頼する

 

上記でご紹介したように必要書類が準備できたら、次は不動産会社に査定を依頼してみましょう。

なかなか不動産会社に出向く時間が持てない人は、一括査定サービスを利用する方法もあります。

一括査定サービスは、売却取引をしてもらう不動産会社を自分で探さなくても、ネットを活用し不動産会社で査定してもらうことができます。

サイト上で売却取引をしてもらう不動産会社を複数見つけたら、それぞれの会社の金額相場を比較することも可能です。

自身の中で優良物件として区別しておくことも大切ですが、サポート対応や雰囲気、丁寧さ、相性の良さなど、査定額以外の条件をチェックしておくようにしてください。

 

 

4.不動産会社と契約を結ぶ

 

物件の売り出しを開始するために、不動産会社と媒介契約を交わします。

媒介契約はとは不動産会社へ物件売却の営業を依頼するための契約です。

こちらの契約期間は3ヶ月ごとの契約で費用はかからないので安心してください。

媒介契約は契約すると必ず売却しなければいけないという決まりはありません。

媒介契約をしてから営業活動を見て、具体的に不動産会社を選定してみても良いのです。

そして、契約終了の3ヶ月後のタイミングで、相性の良かった不動産会社と専任媒介契約を結ぶのが一般的な流れです。

 

 

5.売却価格を決定する

 

不動産会社と本契約を結んだ後は、売却価格を決めていきます。

自身の希望額や不動産会社が出した査定額、周辺エリアの売却事例などを踏まえながら現実的な価格を設定していきましょう。

 

 

6.売却活動を行う

 

売却活動とは、内覧への対応や売却価格の見直しなどを行うことです。

内覧については、売り主が行う売却活動で最も重要なイベントの一つです。

物件の購入希望者が実際に購入を決定するかどうかは、内覧次第と言っても過言ではないでしょう。

内覧では不動産会社の担当者が同席し、物件に関する基本的な情報を説明してくれますが、売り主にしか分からない情報や人柄などによって内覧の仕上がりがさらに高くなります。

 

 

7.売買契約を行う

 

購入希望者が物件購入を決めた場合、買い主は「購入申込書」を提出します。

この手続きを取ることで、ようやく購入の意思表示が正式に認められるでしょう。

購入申込書には買い主の個人情報をはじめ、希望購入金額や住宅ローンの事前審査状況などを記入する欄があります。

売り主はこの内容に納得したら、売買契約を取り交わすことになるでしょう。

 

 

8.決済の手続きを行う

 

不動産売却における最後の工程は「決済手続き」です。

ここでは代金の受け渡しや住宅ローンの完済手続き(売り手側)、物件の引き渡しなどが該当します。

買い主は住宅ローンの本審査を通過できたら、決済の手続きを銀行で決済手続きを行います。

 

 

9.不動産売却後の手続きを行う

 

決済や物件の引き渡しが完了した後は、確定申告や火災保険の解約などの届け出をしましょう。

不動産会社での手続きが終わると安心してしまう人が多いのですが、売却後に払い戻しなどの優遇措置を受けるには、税務署への届け出や保険会社への申し出が必要となります。

 

 

今回は、不動産売却の流れについて解説してきました。

自身の不動産投資がどれくらいの金額で売れるのか、気にならないという人はいないでしょう。

不動産売却を難しく感じている人もいるようですが、ある程度売却の流れを知っていれば、そこまで難しいものではありません。

不動産会社ではどのタイミングで売却したらよいかもアドバイスしてくれるので、一度売却相場を確認してもらってみてはいかがでしょうか。