不動産

レジェンダリーホームの「ゆっくりアンティークになる家」とは?栃木の評判や口コミは?

レジェンダリーホーム

みなさん、こんにちは。
私のサイトへ訪問してくださりありがとうございます。

そろそろ秋も終わり、そして冬に入り、クリスマスや年末も近づいてきましたね!
寒い今年の冬も、温かい家の中で、料理を食べたり、団欒をしながら家族で仲良く過ごしたいですね。

今回紹介するレジェンダリーホームは、そんな風に家族で長く住み続けれらる家を提供することを理想としています。
またヨーロッパの街並みを愛する代表が「ゆっくりアンティークになる家」を提唱しているように、長く住み続けながらも、ますます心が豊かになる、デザイン的でお洒落な住まいを提供しているようです。

それではレジェンダリーホームがどんな企業なのか調べていきましょう。

レジェンダリーホーム

レジェンダリーホームの会社概要

それではレジェンダリーホームの概要についてみていきましょう。

【会社概要】

◆会社名:レジェンダリーホーム・スウィート株式会社

◆拠点
・本社デザインセンター:〒329-4212 栃木県足利市稲岡町830
TEL:0284-90-2188 FAX:0284-90-2187

・足利モデルハウス:〒326-0338 栃木県足利市福居町1970-12

・佐野モデルハウス:〒327-0843 栃木県佐野市堀米町3642−2

◆資本金:20,000,000円

【起業理念】

◆会社設立の契機
レジェンダリーホームは代表取締役の加藤氏が大学在学中に立ち上げた企業です。

大学時代建築に没頭していた加藤氏は若いころからヨーロッパなどの海外に足を運び、
その街並みを見にいったりしては、その家の美しさと、ライフスタイルに感銘を受けました。
学生時代に加藤氏が偶然訪れたアメリカの田舎では、築80年の家を手入れしながら素敵な暮らしをするアメリカ人家族の家を訪れ、そのときに見た手入れの行き届いた築80年の家がとても美しく、日本にある築80年の家と比べ物にならなかったため、大きな衝撃を受けたといいます。
そして、帰国後は建築の勉強とともに、日本と欧米の家の寿命の違いについて研究を重ね、日本の建築と住まいを改善させようと今の会社を作ったそうです。

ヨーロッパ人は古くから『親が家を建て、息子が別荘を買い、孫がボートを買う』という言葉があるように、一度頑丈で素敵な家を建てたら、それを息子に、その孫にと受け継いでいき、家族代々同じ家に長く暮らすという考え方があるみたいです。
まるでアンティークのようですね。
代表の加藤氏は「ゆっくりとアンティークになる家」を提唱しており、たった30年足らずで建て替えを余儀なくされる日本の建築と住まいのあり方に、問題を感じています。
加藤氏はそんな建築に対する持論を書籍としても執筆されています。

書籍購入サイトはこちら⇒加藤伯欧著『間違いだらけの日本の家づくり』

レジェンダリーホーム

◆企業理念
それでは次に企業理念についてみていきましょう。
レジェンダリーホームの企業理念には主に三つの主張があります。

①本当の意味での豊かな住まい
レジェンダリーホームの企業理念では、日本の家が欧米の家と比べ、一世代ごと(約30年ごと)に建て替えられている超高速な消費サイクルに組み込まれてしまっていることが指摘されています。
住宅ローンを必死で返し、建て替えるとまた新たな住宅ローンに追われる。
この現状に本当の豊かさはあるのか?という問いをなげているのです。
それに対し、家族で家を受け継いでいくヨーロッパでは、家を何度も繰り返し買う必要はなく、次の世代は価値のある物にお金を使うことができます。
この企業理念においては、まず世代を重ねながら豊かになっていくヨーロッパのライフスタイルを提示しています。

②資産として価値のある家
企業理念では、次に日本の家が、果たして長く持ちこたえる資産として価値があるのか問いかけています。
「10年汚れがつきにくい加工」「レンガ風資材」などは、量産品としては問題ないけれど、長く持つ「本物の家」ではないのだとかかれています。
レンガ風は本物のレンガではないし、汚れは必ず付くもの。
ここでは、歴史が長くて、古かったとしても、『普遍性』のあるデザインでアンティークとしてますます味がでる「本物の家」を作らなくてはいけないのだと主張しています。

③長く続く家造りの秘訣
企業理念の最後の部分では、家造りに最も大切なのは『素材』と『手仕事』、そして『メンテナンス性』なのだと書かれています。
家が古くとも、「ゆっくりとアンティークになる」には、無垢の素材の素材が欠かせないですし、またその素材は職人の手で形にされなければならないのだそうです。
施工主には理解できないようなメーカーごとの独自な工法ではなく、「ツーバイフォー工法」など、シンプルな構造ながらも世界中でもっとも多く建てられている工法で造ることによって、誰でも、愛着のあるわが家にメンテナンスができるような環境を作ることが大切だとしています。

このように、レジェンダリーホームの公式HPに記載してある企業理念は、他の会社の企業理念のようにスローガン調になっているのではなく、エッセイのように語りかけるように丁寧に主張しているところが印象的でした。

レジェンダリーホームの事業内容

◆レジェンダリーホームの加盟店について

「レジェンダリーホーム」とはボランタリーチェーンの名前です。その代表を加藤氏が務めています。加藤氏の建築に対する考え方や、「ゆっくりとアンティークになる家をつくる」、「資産価値をながく維持する」といったコンセプトに共感した工務店・建築会社が集まり、現在は全部で14社が加盟をしているようです。
レジェンダリーホーム・スウィート株式会社が代表として、各加盟店が暖簾わけとして、「レジェンダリーホーム」の名前を付けて事業を行っているそうです。

◆保障とアフターメンテナンス

・レジェンダリーホームの三つの保証について
①住宅瑕疵保証
引き渡しから10年間のうちに、建物の構造耐力上主要な部分(屋根、外壁、開口部なども含む)に欠陥があった場合、第三者機関により補修金の充填が行われるものです。
保障の範囲としては、調査費用、事故を補修に必要な材料費、労務費、 補修期間中の仮住まいや移転費用にまで届きます。

②地盤保証
引き渡しから20年間、建物の不同沈下に対して、原状回復に必要なすべての金額を負担する保証です。

③完成保証
万が一施工中に、会社が倒産等で工事の続行が不可能になった場合、工事中の建築物を完成させ、引き渡しまで請け負う保証です。

・レジェンダリーホームのアフターメンテナンス
引き渡し後10年間、無料でアフターメンテナンスが実施され、設備の不具合などの点検を行われるそうです。

レジェンダリーホーム

実際に家を建てた顧客の口コミ

【レジェンダリーホームで家を建てた人の口コミ】
レジェンダリーホームでは、デザインや建材にこだわりがあり、またアフターメンテナンスも充実していることがわかりました。
では実際の顧客の口コミはどうでしょうか?

実際建てて住んでみると、住み心地も良いし、使いやすさや良い。だけど普通の家と明らかに違うのが「手を加えながら楽しめる。時間をかけて価値が上がっていく家なんだ!」ということ。いまでは家にいて、少しずつ自分でちょっとした所をエイジングしたりして、本当に楽しいし、外に出かけてもすぐに家に帰りたくなってしまうほど満足しています。

どんな家が建てたいのかをレジェンダリーホームで相談して、たくさん希望がありましたが、どの希望も応えてくれたのがとてもありがたかった!今まで施工した事のないことだって実現してくれたし、何より予算がきびしいなか、こちらの希望と予算を上手にやりくりしてくれました。
住んでみて、家が暖かいのと、気密性がスゴイのにはビックリ!妻がアレルギーに敏感なのに、この家に住んでから調子が良くなった。やっぱり漆喰をふんだんに使ってたっぷり塗ったのが良かったのかも!
家づくりで感心したのが、レジェンダリーホームの職人さんたちもみんな考え方が近いので、こっちの言いたい事がすぐに伝わるのは助かった!休みのときはいつも工事中の家に来て、職人さんたちにいろいろと相談出来たし、なにより皆さん良い人ばかりで、感謝してもしきれません!

家が出来てみて思ったのは、自慢の家なので友人を呼んで家に来てもらうのがとてもうれしいのと、外に出ている時間も早く家に帰りたいなぁと思ってしまうこと!
そして加藤社長との出会いにより、自分自身の住みたい家を徐々に確立して行き、
「家づくり」というライフワークを持つ事が出来ました。
もう一度、自分の家が建てられるとしても、絶対またレジェンダリーホームで建てたいし、必ず加藤社長にお願いしたいと思う!
今後、少しづつ手を掛けながら成長していく我が家が、とても楽しみですね・・・

顧客がとても満足していて、読んでいるだけでも幸せそうなのが伝わってきますね。
またお客さんがあれやこれやと夢や要望を膨らませて、建築士にリクエストするなど、話し合いを沢山しながら家づくりを進めているようですね。

口コミ評判検証まとめ

さて、ここまでレジェンダリーホームの企業理念から事業内容、口コミまで見ていきましたがいかがでしたでしょうか?

筆者は公式ホームページで企業理念を読みながら、日本の住まいの現状の深刻さに気付かされ引き込まれてしまいました。
衣食住の中でも、住まいは人々の人生に大きな影響をあたえるものなので、今後日本の住宅もより豊かに、長く続く良いものとなってほしいですね。

ホームページには建築事例やモデル写真も載っていましたが、どれも個性ある素敵な家ばかりでした。
保障なアフターフォローも充実していて、外見だけ綺麗で、家の強度やメンテンナンスなどが疎かになっているということもなかったです。

顧客想いと日本の住環境を良くしていきたいという夢が感じられるホームページでしたので、もし気になる人がいらっしゃればのぞいてみてはいかがでしょうか?
次の記事も楽しみにしていてくださいね。

レジェンダリーホーム