不動産

最新技術を用いて急成長したタテルの魅力に迫る

こんにちは!

本日は、タテルの魅力について取り上げてみます。
皆さんはタテル(TATERU)がどのような企業かご存知でしょうか?
タテルは不動産経営・不動産投資などのサービスを提供している企業です。
しかし、従来の不動産業とは異なり、最新技術を用いたことで、会社が急成長を遂げているのです。
今回はそんなタテルの魅力についてご紹介していきましょう。
今タテルについて気になっている、調べているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

IoTという最新技術について解説

IoTとは「Internet of Things」の略で、日本語に直訳すると「モノのインターネット」になりますが、本来の意味は相互通信や遠隔、計測、制御などもう少し複雑な機能を含めた技術を指しています。
まずは、IoTという最新技術について詳しく解説していきましょう。

 

「IoT」とは

IoTという言葉を耳にしたことがある方も多いかと思いますが、これはモノがインターネットを経由して通信する技術のことです。
インターネットはこれまでコンピュータ同士で接続しなければ利用できないものだったのですが、現在はスマートフォンやタブレットなど他のIT関連機器にも接続できるようになりました。
さらに、テレビやデジタルカメラ、スマートスピーカーなどの通信機器ではない電化製品にもインターネットが接続されるようになってきたのです。
そして、デジタル化された文字や音楽、写真、映像などの情報を伝達できるIoT製品は、今後も増え続けていくことでしょう。

 

IoTの技術で何ができるのか

IoTを活用した技術は何を目的にするかによって定義が異なります。
IoTには明確な定義がないため、様々なことに応用することが可能です。

IoTで「モノ」を操作する

離れたモノを遠隔制御によって起動・操作することができます。
モノをリモコンで操作することも可能です。

IoTで「モノ」の状態を知る

離れたモノを遠隔監視によって状態を把握することができます。
センサーをモノに取り付けてデータ収集を行うことも可能です。

IoTで「モノ同士」の対話をする

離れたモノ同士でデータの送受信を行うことができます。

機械や人間の行動、自然現象などのモノは非常に膨大な情報を生成しているため、これらの膨大な情報を収集し可視化することができれば速やかに問題を改善・解決することができるようになります。
見る・聞く・触れるなどの情報はもちろんのこと、これらを得ることができない情報などもセンサーによって数値化することが可能です。
IoTの最新技術を用いることで、離れたところからも不具合に対応することができるようになるでしょう。

 

IoTが適用できる場所は

IoTの技術を用いる場合は、指定された場所や特殊な場所で使用しなければならないという決まりはありません。
遠隔操作によってモノの情報を相互通信するので、離れた場所でも状態を知ることができます。
例えば工場内にある装置状況を把握したい場合にもIoTによって正常動作を確認したり、異常動作を検出したりすることが可能です。
介護施設などにおいてはIoTでドアの開閉確認や離床、居室の温湿度の確認をすることも容易にできるでしょう。
モノをインターネットと接続するには物理的な手段として有線と無線がありますが、IoTの場合は無線の方がより応用範囲を広げることができるようになります。
離れた場所にあるモノの状態を変えたい場合、全ての場所が適用箇所になるのがIoTということになるのです。

今後もあらゆる業界でIoT化の勢いは加速することが予想されており、現在IoTの開発に取り組むエンジニア達の需要も高まりつつあります。
IoT産業がさらに発展していけば効率的かつ正確な情報収集・動作・制御などを行うことができるようになると予想できます。

タテルはIoTとアパート経営を融合

IoTはテレビやエアコンなど私たちの身近なものから自動車、交通機関、医療、農業や物流など様々な分野において活用事例がありますが、不動産業界でも導入されています。
タテルの「Apartment kit」は、賃貸経営をよりスムーズに行うためのアプリとして開発されたものです。
アパート経営に対する一連の業務をこの専用アプリの中で完結できるので、検討されている経営者も多いのではないでしょうか。
ここでは、IoTと賃貸経営を融合させた「Apartment kit」についてご紹介します。

 

ネットと賃貸経営を融合させた「Apartment kit」

タテルが運営するIoT事業では、賃貸経営者のための経営専用アプリ「Apartment kit」を提供しています。
このアプリはあらゆるデータを共有していく中で賃貸所有者と入居者、管理会社とが円滑にコミュニケーションを図るためのプラットフォームです。
このようなIoT事業を展開させることによって、効率良く賃貸経営を管理できるほか、セキュリティ面や生活の利便性・快適さを向上させることもできます。
入居希望者に対しては所有者物件画面で物件状況をいつでもチェックすることができ、稼働率を確認することが可能です。
目星をつけた空室サイトにどの程度のアクセス数があるかどうか把握することもできるので、入居判断までの時間を縮められるでしょう。

 

Apartment kitのメリット

Apartment kitは賃貸経営者のための専用アプリですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

入居者の募集フローが簡単に

賃貸物件の募集フローについては管理会社より確認事項の通知を受けることが可能です。
電話やメールでのやりとりを省くことによって、入居付けまでの時間を極限まで短縮化することができます。

データ活用型の賃貸経営で差別化を実現させる

賃貸物件周辺の相場価格や犯罪率、利便性、人口密度などあらゆる物件情報を収集することができます。
データを活用化することで入居希望者に対してより高精度な賃貸経営・サービスを提供することができるようになります。

困ったことがあればいつでもチャットで相談できる

入居者にまつわる問題から家賃の設定方法など賃貸経営に関する悩みを管理会社とチャットでいつでもやりとり可能です。
状況管理などの効率化を向上させるための方法やアドバイスなどサービスに関する問い合わせをすることもできます。

タテルはこれまで様々なデバイスとつながってきたIoTを、賃貸経営に融合させる取り組みを見せました。
IoT化を駆使した経営は投資家だけに利益が発生するものではありません。
利用者にとってもメリットがあるため、他の不動産企業とは大きく違ったアパート経営が期待できるでしょう。

更にTATERU Fundingでは小口投資も可能

TATERU Fundingでは、不動産投資の垣根を下げるために、投資の小口化をしています。
アパート投資などの不動産投資では、数千万円の物件を取り扱うことになるので、投資を行う場合は物件の価格を負担しなければいけなくなります。
つまり、それなりに自己資金が必要になるということです。
気軽に支払うことができる金額ではないため、アパート投資などの不動産投資に興味を持っている人の中にもハードルが高いと感じている人は多くいらっしゃるでしょう。
TATERU Fundingは、クラウドファンディングの仕組みを活用した小口投資を実現させ、気軽に不動産投資ができるような仕組みを作りました。
最初は10万円ほどの投資から始め、徐々に投資の規模を大きくできるような仕組みになっています。
案件によっては、1口1万円からの投資も可能です。
不動産投資をやってみたいけど、借金をしてまで投資するということに抵抗がある人には特におすすめの投資方法だと言えるでしょう。

これまでの不動産投資では、限られた投資家だけに投資機会が与えられていましたが、この小口投資可能な仕組みを取り入れることによって、より多くの投資家に投資機会が与えられることになります。
TATERU Fundingは、匿名組合を通じてアパートの販売を行うことにより、投資家の資産状況に適した投資を実現しているのです。
これまでのTATERU Fundingの案件は、予定利回りが5.0%前後、運用期間は3~12ヶ月となっていて、どの案件も早い段階で募集を終了しています。
このようなことからも、不動産投資の小口化は投資家からの人気が高いことも分かります。

またTATERU Fundingは、他のソーシャルレンディングの案件と違い、TATERUがそれぞれの案件の出資額のおよそ3割を負担し、投資家が残りのおよそ7割を出資するという形をとっています。
そのため、もしも不動産価値が下がってしまっても、TATERUが出資しているおよそ3割の出資額の範囲であれば、投資家が出資元本毀損のリスクを負わなくて済むということにもなるのです。
その他にもTATERU Fundingには、他のソーシャルレンディングの案件と違う特徴があります。
それは、TATERU Fundingの会員同士であれば物件を譲ることができるということや途中解約ができるということです。
この2つの特徴は、他のソーシャルレンディングの案件にはない特徴になるので、画期的な仕組みだと言えるでしょう。

TATERU Fundingは、小口投資が可能だからと言って配当がないわけではありません。
これまでにも高い配当実績を持っているので安心して利用可能だと考えることができます。
不動産投資に興味はあるけど、そのハードルの高さから取り組むことができないという方は、TATERU Fundingの小口投資について調べてみるのも良いのではないでしょうか。
最初は小口投資から始め、徐々に規模を大きくしていくことができれば、大きなリターンを手にすることもできるはずです。

レイハウオリ

タテルの今後の計画はどのようなものか

タテルは、ネットとリアルを融合させた今までになかったサービスを提供し、自社で開発したアパート経営のプラットフォーム「TATERU Apartment」を活用することによって、土地に関する情報提供から賃貸管理などを全てワンストップのサービスとして利用できる仕組みを構築しました。
これまでは、リーマンショックから学んだことを活かして事業を進めてきました。
創業したばかりの頃には、SEO対策を取り入れてタテルならではの仕組みを構築し、同じデザインがないデザイナーズ物件の提供を開始します。
リーマンショック以降は、アパート経営をオンラインですることができるアパート経営のプラットフォームを作り、タテル社内の業務の効率化を図ることにも成功しているのです。
リーマンショックはとても大きな危機ではありましたが、その危機を逆手にとって転機に変化させることができたのは、タテルにとっても大きなターニングポイントになったのではないかと考えられます。
そしてその後は、IT部門を強化し、新しいサービスの開発にも取り組んでいます。

そんなタテルは、2018年4月1日に株式会社TATERUという社名に変更しました。
これまでの主力事業となっていたTATERUというサービスを会社名にすることで、不動産業界での知名度やブランド力を高めることができると考えたのです。
そして、IT部門もさらに強化を進め、より良いサービスの開発のスピードアップを図り、次の世代へ続く「リアルエステートテック」の代表的な企業を目指していこうとしているのが株式会社TATERUということになるでしょう。

また、株式会社TATERUには、IoT事業を行う株式会社Robot Home、民泊事業を行う株式会社TATERU bnb、クラウドファンディング事業を行う株式会社TATERU Funding、アパートプラットフォーム事業を行う株式会社インベストオンラインという4つの子会社があります。
それぞれの子会社は異なる事業を行っているため、様々な側面からのアプローチを可能にしています。
不動産投資に関連する会社なので、安定性のある会社なのか不安に思う人も少なくありません。
しかし、この4つの子会社と株式会社TATERU自身が持つスピード感を維持して成長を続けることができれば、それぞれの会社が行っている事業もスピード感を持って成長していくことが考えられるでしょう。

過去の実績や現在のスピード感のある成長力を踏まえて考えると、それぞれの事業がより良いサービスになっていく可能性が多いにあると考えることができます。
そして、これからはアパートのみではなく、一戸建てやビルも案件に取り入れていこうとしています。
そうすることで、さらに幅広い分野でのサービス提供を実現させることもでき、利回りにも幅を出すことができると考えられるでしょう。
また、株式会社TATERUは日本国内だけではなく、海外での事業展開も検討しているということです。
現状、安定している会社であり、将来性も見込める会社と言えるのではないでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。