検証記事

博報堂は、なぜ日本を代表する広告代理店で有り続けられるのか?

博報堂の新サービス、テレビ接触情報を基に動画広告を出し分け

株式会社博報堂は、広告事業を通じ日本のビジネスシーンを牽引するリーディングカンパニーです。会社概要を見ていくと、博報堂の歴史と沿革が見えていきます。明治28年に設立した博報堂は、日本の広告市場の草分け的な存在になっていきます。日本の流通のあり方を「広告」というアプローチで変革をしていき、今では「広告」だけでは無く、「イベントプランニング」や「市場調査」等、幅広い分野にまで事業を拡大しています。

2018年87日、株式会社博報堂の小会社である「博報堂DYMP」は、スマートテレビのホーム画面向けに、テレビCMや番組の接触情報をベースとした動画広告のターゲティング配信を行う新サービス「Atma(アトマ) Home AD」を開発したことを発表しました。「Atma Home AD」のターゲティング配信の例は、主に以下の4つです。

①時間帯指定による広告配信/②都道府県などのエリア別の広告配信/③テレビ放送のCM接触セグメントへの広告配信/④テレビ番組視聴傾向別への広告配信

「テレビ番組視聴傾向別への広告配信」というのは、スマートテレビの実視聴ログに基づくテレビの接触状況に応じた動画広告素材の出し分けを行う配信方法です。例えば、子育て家族・ビジネスマン・スポーツ好きなど、スマートテレビ番組視聴者の趣味嗜好に合わせた動画広告を配信します。その他、時間帯指定による広告配信や、都道府県などのエリア別広告配信も行います。

博報堂は、このように情報化社会の目まぐるしい変化に対して柔軟に対応し、広告をより多くの人に配信するための企業努力を続けています。従業員も多く、日本を代表する広告代理店として、多くの企業に厚い信頼を得ている企業です。日本だけでなく、グローバルな事業展開を続けています。今後も博報堂は独自の広告展開で邁進を続けていきます。

 

株式会社博報堂の事業内容・強みは?

博報堂の事業内容は、広告を中心に多岐に渡っていきます。広告を通じクライアントに問題解決を提供していき、業績の拡大を提供していく独自の活動内容が強みです。

博報堂の広告やイベント・プロモーションの進め方も、テレビや新聞等のメディアだけではなく、イベント会場やネット配信等、全ての領域で行なっています。博報堂が他の広告代理店とは違う点に、市場調査から参入していくところがあります。クライアントに企画を依頼され、最適な広告を作成していくのではなく、独自の市場調査を通じて得たデータを通じ、最適なソリューションを提供出来る地力の強さが博報堂の強みです。

博報堂は、会議や打ち合わせを好む会社です。どんなアイデアでも頭から否定せず、刀を研ぐようにブラッシュアップしていきます。アイデアをどんどん膨らませて形にしていくのです。博報堂の会議は雑談も多いと聞いています。何気ない雑談の中に良い企画の鍵が隠されているのでしょう。

 

株式会社博報堂の口コミ・評判を検証(採用系)

博報堂は非常に倍率の高い人気企業であり、内定をもらうのは至難の業です。就活サイトには博報堂に応募し内定をもらい、実際に就業している方の口コミや評判が数多く掲載されています。では、口コミのいくつかをご紹介しましょう。

“”よく言われることではあるが、仕事がダイナミックで一般の人にも知られたり目に触れられる仕事で、自分が成し遂げたものが形になるため面白さや達成感を感じることが出来ます。広告業務と言っても業務範囲が多岐にわたるため、クライアントのマーケティング戦略を提案したりと世の中には影響力のある仕事であることは間違いありません。””

このように博報堂で働くことのやりがいは、「広告」というメディアを通じて、世の中にダイレクトに影響を与えることが出来るということでしょう。自分の企画やアイデアが世の中に受け入れられていき、人に影響を与えることが出来る点が、広告業界で働くことの最大の魅力です。老舗の広告代理店ならではの豊富なネットワークとノウハウにより、大企業の販促事業にも関わることが可能です。自分で考えたプロモーションで、大企業の新製品やサービスの売上が大きく変わっていく醍醐味を博報堂で感じ取っていくことが出来るはずです。

ただ、中には博報堂で働くことに入社前とのギャップを感じている方も少なからずはいます。

“”普段の業務の忙しさは担当するクライアント次第で大きく変わってきます。クライアント次第で、年間を通して忙しかったり、ある時期だけ忙しかったり、年間を通してそんなに忙しくなかったりします。ただし、どのクライアントを担当したとしても、他企業と比較すれば忙しい部類に入るでしょう。出社時間については10時なので比較的朝はゆっくりできます。帰宅時間は、8時に会社を出られれば早い方です。忙しいときはもちろん徹夜もあります。全く寝ずに2日間出社した事もあります。いい経験と言えばそうなのですが、持続可能な働き方とはとれても思えません。企業体質なのですが、無理難題でも引き受けてしまう節があるので、そういった事が長時間労働につながっているのでしょう。クライアントの機嫌をそこねると、ライバル会社に取引をもっていかれるのではないかという恐怖と常に戦いながらの仕事になります。と色々かいてますが、長時間労働の諸悪の根源は無理なスケジュールや不当な値下げを押し付けてくるクライアント側にあると思いますが。””

博報堂の仕事は大手企業が中心になっていきますので、当然のことながら業務負荷も高くなっていきがちです。やりがいがある仕事とは言っても、業務負荷の高さに伴い、モチベーションの低下を感じる方も少なからずはいるものです。自分でワークライフバランスを取っていき、安定した就業を心がけていけば問題無いでしょう。

 

株式会社博報堂の口コミ・評判を検証(商品・サービス系)

博報堂は広告業界をリードする会社として多くの方が就業しています。就業者の人数が多いがゆえ、提供するサービスには良い評価だけでは無く、悪い評価も少なからずは存在しています。

“”想像力豊かで独創性にあふれた人材が多くおりました。どの社員も一級品であり他の企業よりも高い水準に位置していたと思います。一人一人の個性が上手にかみ合うとこんなにいい仕事ができるのかと感心します。””

博報堂に仕事を依頼した方は、その人材の豊富さとクリエィティブ性の高さに感心する場合が多いのも事実です。日本を代表する老舗の広告代理店として確固たる地位を築いている信頼性の高さで、優秀な人材も自然と集まるようになり、豊富なコンテンツの制作を可能とする手段が構築されています。企業が抱える様々な問題をメディアという方法を用いて解決していける実力が備わっているのも、長くに渡って広告業界を牽引してきた博報堂ならではの力です。今後も日本の広告市場を牽引していくのは間違いありません。

このように老舗の広告代理店独自の強みを高評価する方もいる反面、辛辣な口コミを掲載される方も、中にはいます。

“”国内2番の広告代理店の地位は当面キープできそうだが、1番になることは絶対にないと思う。大きなリスクをとって大きなチャレンジをするよりも安定した安全な経営をしている会社です。”

博報堂のイメージとして「業界二番手の企業」という声を多く見かけていきます。老舗の歴史ある企業ではありますが、広告業界では二番手の位置を続けているのも実情です。ただ、業績だけでは無く、博報堂には、博報堂にしかない独自のメディア戦略があるのも事実です。売上や広告の配信数だけで評価するのでは無く、生み出しているコンテンツの質で評価していけば、博報堂の素晴らしさが分かっていくようになることでしょう。日本の広告業界の黎明期から優良なコンテンツを配信し続け、世の中に多大な影響を与えている博報堂でなら、自分の企画やアイデアを確実に実現出来るはずです。消費者の方に感動と感謝を感じ取ってもらうことが出来るような良質なコンテンツを制作出来ることは、日々の就業にやりがいを感じ取っていけるはずです。二番手であるからこそ、守りに入ることも無く、自由に新たな領域にチャレンジしていくことが出来るという点もあります。博報堂のネットワークとノウハウを活用し、世の中に多大な影響を与えていける感動を実感していくことが出来るはずです。

 

口コミ評判検証まとめ

博報堂で働く方や、実際にサービスを利用した方の口コミには、概ね良い評価が見られます。日本の広告業界の黎明期からメディア市場を牽引してきた実績と豊富なネットワークにより、名だたる大企業からも信頼されており、大きな仕事も出来る点が、博報堂で働くことの魅力でしょう。

サービスを依頼する企業にとっても、長年の実績による確かな信頼を感じ取っていくことが出来ます。また、老舗だからと言って守りに入っていくのではなく、既存のメディアにこだわることがない、新たな事業領域にも積極的に参画していき、革新的なサービスを世に送り出しています。明治時代から続いている老舗の広告代理店として培ったノウハウは他社には無いものでもあります。独創的なコンテンツで世の中に多大な影響を与えていきたいと考える方には最適な環境が提供されるはずです。勿論、これから自社のプロダクツをマーケティング展開していくことを考える企業にも、博報堂が持つ豊富なネットワークとノウハウを活用していくことで成功への道を歩んでいけるはずです。

今後も博報堂は広告事業を通じ、多くの方に影響を与え続けていくでしょう。広告業態への就業を検討している方には最適な企業です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。