不動産投資

タテル(TATERU)が進めるIoT住宅化ソリューションは不動産管理においてもメリットがあった

こんにちは!

本日は、タテルのIoT住宅化ソリューションについて取り上げてみます。

皆さんはタテルという企業が進めているIoT住宅化ソリューションがどんなものかご存知でしょうか?

主に、住宅にIoTを取り入れることで住みやすい環境にするシステムを指します。

このシステムはアパートに住む方にとってのメリットがかなり大きいですが、実はアパート管理・運営を行う方にとってもメリットが得られるのです。

では、どのようなメリットが得られるのでしょう?

今回はタテルのIoT住宅化ソリューションにおけるメリットなどをご紹介していきます。

IoT住宅に興味がある方や、実際にアパート経営を行っている、もしくは検討しているという方はぜひ参考にしてみてください。

タテルが運営するRobot Homeは何をやっている会社?

新しいアパート経営が可能なタテルにはRobot Homeというグループ会社が存在します。

このRobot Homeとは何を行っている会社なのでしょうか?

まずはRobot Homeの事業内容やサービスについてご紹介します。

 

Robot Homeの事業内容

IoT機器の製造や開発を積極的に行っているRobot Homeは、様々な情報をインターネットでつなげて、快適なサービスの提供や住環境の整備を行う企業です。

本来インターネットは、コンピューター同士の接続がメインとなり、パソコンやサーバーで接続する形となっていました。

しかし、Robot Homeでは最新のデジタルテクノロジーとなる「Apartment kit(アパートメントキット)」を活用して、居住者だけでなく、そこを経営する管理者やオーナーも快適な管理体制を取れるサービスを開発したのです。

居住者、管理者、オーナーはそれぞれ立場が異なっているため、抱えている問題が異なるだけでなく視点も全く違います。

最先端のデジタルテクノロジーなら、それぞれの立場で問題解決ができて、インターネットを通じてあらゆる機器との通信が可能となります。

今まではインターネットに接続できなかったものでも、現在はこの技術の発展によってさらに快適な生活を送ることができます。

 

現在Robot Homeで行っている主なサービス内容は、このようになっています。

 

NATURE SENSOR REMOTE CONTROLLER

ネイチャーセンサーリモートコントローラーとは、室内の温度を常に設定状態に保つことができる機能です。

例えば赤外線通信を利用して、部屋にいない場合でも外出先からエアコンなどの幅広い機器の操作を行うことができます。

ペットを留守番させている方や帰宅までに室温を快適にしたい方にはピッタリな機能です。

 

SMART LOCK

スマートロックは入居者専用のデバイスで、従来の鍵を使用しなくても、Apple Watchやテンキー、アプリやICカードで解錠ができる機能です。

鍵の解錠が不要なだけでなく、扉が閉まったタイミングに施錠するのでわざわざ鍵を探すこともありません。

また、鍵のかけ忘れもなくなるので、安全面でも確実だと言えるでしょう。

 

CENTRAL CONTROLLER

セントラルコントローラーは、入居者をサポートするタブレット型ゲートウェイです。

タブレット型ですが、IoTデバイスの接続を一元管理することが可能です。

これによって入居者、管理者、オーナーと立場は違っても、生活の中で起こるトラブルに対応できます。

入居者に関しては、退去時の連絡もセントラルコントローラーで行うことができます。

 

このような快適な生活には欠かせないものがIoTデバイスによって一本化され、これによって一式管理ができるようになります。

入居者だけでなく、管理者やオーナーそれぞれの立場で管理がしやすくなり、快適で設備の整った住環境になります。

 

IoT住宅化ソリューションとはどういうことか

先進化していくことで資産を形成できるIoT住宅化ソリューションとはどういうことなのでしょうか?

タテルで提供しているアパートには、IoT技術を取り入れた「TATERU kit」を標準装備しています。

個別に加入する必要がなく、入居と同時に使用できるIoT技術によって、生活をさらに豊かにできるのが大きな魅力です。

IoT住宅化ソリューションのメリットをまとめてみました。

 

入居率向上

TATERU kitでIoT住宅化していくことで、入居者にとって人気の設備を揃えることができます。

インターネット設備だけでなく、窓や玄関などの防犯設備を高い状態で維持できるので、安全性の高いセキュリティの確保が可能です。

また不在時でも宅配を受け取れる機能もリリース予定なので、さらなる利便性の高さが入居率の向上にもつながるでしょう。

 

簡単な管理でコストが安い

TATERU kitのIoTデバイスで管理することで、専用の管理ツールによって管理状況をまとめられます。

誰にでも簡単で分かりやすいインターフェイスによって、スピーディーな管理が可能です。

入居者とのコミュニケーションツールとしても活用できるので、さらなるスマート管理を実現できます。

このように便利なツールによって、様々な管理コストを削減することが可能なだけでなく、効率の良さも実現できるという意味では大きなメリットでしょう。

 

簡単な施工

TATERU kitは取り付けが簡単で、大規模な工事も必要ありません。

後から導入することも可能なだけでなく、導入を止める場合も簡単なのがメリットです。

 

このようなIoT技術を取り入れることで、付加価値を与えることができます。

付加価値が資産価値を生み出し、将来を見据えた機能となっていくでしょう。

 

IoT×不動産管理が生み出す管理者と入居者への大きなメリット

積極的なIoT技術の導入によって管理者と入居者、どちらの立場でも大きなメリットが得られます。

これまで以上に快適で安心できる暮らしを実現するためには、Robot Homeなどが開発を行う、IoT技術の導入が欠かせませんが、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

不在時でも在宅時同様の安心がある

会社や旅行など家にいない時でも、IoT機器を活用することで異変を察知することができます。

異変を感じた時にすぐ帰宅できない状態であっても、早急に事態を知っておくことで素早い対処が可能です。

不在時の火災であっても、IoT機器が熱や煙を感知してタブレットなどの端末に情報を送るので、被害を最小限に抑えられます。

不動産管理者にも同じように情報が伝わることで、異常事態を同時に発見できます。

 

高齢化への備えができる

今後、日本はこれまで以上の高齢化が予想されます。

高齢者の人数が増加していることで、既存の高齢者施設への入居はさらに困難になり、介護人数も減少していくことは明白です。

このような事態になったとしても、このIoT機器を活用すると家にいなくても家での様子が分かるので便利です。

例えば外出時の施錠でも鍵をかけ忘れることがなくなり、ロック記録などの情報を常に管理することでどんな行動パターンなのかも分かります。

高齢化社会に備えるといっても、何をどんな風に備えればいいのか分からない場合には、このIoT機器1つで多くの安心を得られるでしょう。

 

快適な住空間にすることができる

あらゆる家具や家電をインターネットで接続し管理することで、さらに便利に活用できます。

窓のロックや施錠管理によって安全性の高い住空間を実現できます。

また体重計とインターネットを接続して、日々の体重の変動や消費カロリーの計算、最適な運動量などを一括管理することで、健康管理も同時に行えます。

冷蔵庫にある食品の期限や、そこからできる料理レシピなども同時に管理できるなど、無駄のない日々を送るためにはIoT機器が大きな存在となります。

 

コミュニケーションを図ることができる

管理者と入居者の立場は、通常であればあまり関わりを持つ機会がなく、入居時や退去時に接することだけが多くなります。

kit 管理ツールを活用すると、クラウドで効率良くサポートするため、入居者への連絡以外にもチャットでやりとりすることができます。

サービスの充実によって、登録情報からIoT機器の監視もクラウドによって一元管理ができるので、簡単にコミュニケーションを図ることができます。

 

空室時でも仲介業者に内見案内が可能

Robot Homeのkit 管理ツールを活用することによって、遠隔操作で複数の仲介業者に対して効率的に内見案内ができます。

物件のスマートロック機能を活用して暗証番号を変更するだけなので、面倒な手間をかけることもありません。

IoT技術の導入によって、管理者と入居者に大きなメリットが得られるでしょう。

 

IoTが生み出す不動産への付加価値とは

Robot Homeが開発を進めるIoTデバイスを搭載することで、新築や既存の不動産に対して付加価値を与えることができることを紹介しました。

では、具体的にどんなことが不動産の付加価値となっているのでしょうか?

 

不動産にとって付加価値を生み出すためには、他との差別化があるかどうかが大きな差になってくると思います。

実際に物件の不動産価値を高めるために、宅配ボックスの設置や無料Wi-Fiの完備など、快適な住空間に整えるための工夫がされてきました。

しかし、それでは他と同等なだけで差別化とはならず、そこでIoTデバイスの導入などが注目されるようになってきました。

実際にIoT機器の導入によって、さらに快適な暮らしを送ることができ、1人暮らしの半数以上の人が興味を持っているというアンケート結果もあります。

関連記事はこちら ▶ 2030年には今の7倍に!?スマートホームの世界市場規模とは

このIoT機器の導入によって、さらに付加価値を生み出す不動産となることは明確ですが、設備内容によって付加価値にも差が出てきます。

機器を一括管理できるIoTデバイスですが、生活に寄り添った内容にすることで付加価値も高くなってきます。

主に玄関や窓の施錠などのセキュリティ関連は、1人暮らしには欠かせないでしょう。

他にも宅配ボックスの管理ができることも重要です。

このIoT機器を活用することで、入居者にとって利便性が高くなるだけでなく、管理者やオーナーにとっても管理がしやすいということも付加価値をつける意味では欠かせないでしょう。

このようなIoT機器によって、ただ便利で豊かな暮らしを実現するだけでなく、価値を高める生活を送れるように整えることが、IoTによって生み出される不動産の付加価値となります。

不動産としての付加価値を考えたいなら、他との差別化があるかどうか、IoT機器を活用して入居者だけでなく管理者やオーナーも管理しやすくなるかを見極めてみましょう。