不動産投資

サラリーマン必見!不動産投資初心者でも成功できる方法とは?

最近は、サラリーマンでも不動産投資によって不労所得を得ている方が増えています。

しかし、それは不動産投資に関して知識を持っているサラリーマンだけの話だと思っている方がいるのも事実です。

将来を少しでも安定した生活にするために不動産投資などが最適ですが、不動産投資初心者のサラリーマンでも本当に成功できるのでしょうか?

不動産投資って何?

そもそも不動産投資についてよく分からないという方もいるでしょう。

不動産投資とは、不動産の購入によって利益を得ることを言います。

不動産の購入によって利益を得るためには、不動産購入後に第三者に貸して家賃収入を得ること(インカムゲイン方式)、欲しい不動産の価格が下がったタイミングで購入し、この不動産の価値が上がったタイミングで売却して利益を得ること(キャピタルゲイン方式)があります。

このどちらかの方式によって不動産投資を行っていくのです。

これらを一般的な不動産投資と言いますが、それ以外にも小口化不動産投資や証券化不動産投資というものもあります。

小口化不動産投資は不動産の投資額を少額で設定し、複数の投資家が共有持分権を持って投資を行います。

現物不動産への投資は高額な費用がかかってきますが、複数の投資家から資金を集めて投資して得た家賃収入を分配していくため、少額からでも始めやすいでしょう。

一方の証券化不動産投資は、投資法人が不動産を証券化して投資家から資金を集めていき、この資金で不動産の購入や経営を行っていきます。

収益は投資家に分配されるようになっています。

この方法の代表的なものとして「J-REIT」などがあり、複数の不動産に投資できる特徴があります。

サラリーマンが不動産投資する必要

安定した収入があるにも関わらず、サラリーマンが不動産投資を行う必要があるのでしょうか?

また、不動産投資を行っているサラリーマンは、どのような目的で不動産投資を行っているのでしょうか?
目的として以下のことが考えられます。

・経済的自由
・老後の蓄え
・子どもの教育費
・税金対策
・生命保険の代用

将来の経済的自由の確保や老後の蓄えとして不動産投資に魅力を感じているサラリーマンが多くいますが、それ以外にも子どもの教育資金の捻出や税金対策、生命保険の代わりとして行っている方もいます。

このままでは、将来の年金受給年齢が80歳になる日も遠くはなく、リタイアした後に老後の資金がなく、生活できないのでは?といった将来的な不安を感じているサラリーマンも多くいます。

子どもに十分な教育をさせたいという親心や節税などの税金対策、また団体信用生命保険加入によっての生命保険代わりといったことで不動産投資をする方もいるのです。

不動産投資初心者のサラリーマンでもできる?

ここまで不動産投資についてご紹介してきましたが、不動産投資に興味を感じたものの、やはり初心者には難しいと感じている方もいるでしょう。

そこで初心者でも不動産投資できるポイントをご紹介します。

不動産投資に適しているか確認する

実際に不動産投資を行っているサラリーマンは30代~40代が中心であり、その年収は1,000万円未満となっています。

ある程度仕事も安定していて、手元に余裕資金がある人であれば初心者であっても不動産投資に向いていると考えられます。

不動産投資に適したものを選ぶ

初めての不動産投資だと、どのような物件を選んだ方が良いのか分からない方も多いでしょう。

そこで簡単に物件を選ぶポイントをまとめてみました。

・地域を選ぶ
・一棟か区分かを選ぶ
・新築や中古かを選ぶ
・ワンルームかファミリータイプかを選ぶ

まず地域ですが、どのような地域を選ぶか迷うでしょう。

毎月安定した収入を得るためには地方に比べて、人口が多い都市部の方がニーズも高くなっているため、空室などのロスも少ないと考えられます。

また、売却する場合も需要のある都市部の方が短期間での売却も可能でしょう。

その後一棟か区分かを選んでいきますが、圧倒的に一棟の方が管理の面でも手間がかかりますが、売却価格は高くなります。

しかし、初心者のサラリーマンは本業があるため、区分の方が管理会社に委託して管理をしてもらえるため、適しているでしょう。

新築か中古かに関しても新築の方が高くなりますが、購入価格に対して見合う家賃に設定しているわけではないので中古物件に対して収益が低くなることが予想されます。

そのため、初心者は中古物件の方がおすすめです。

ワンルームかファミリータイプかもその地域によって異なりますが、ニーズとしても学生や単身者などが賃貸では多いため、ワンルームの方が良いでしょう。

不動産投資初心者のサラリーマンでも成功できる方法は、これらのポイントから選びだされた物件ということになります。

最初から適した物件に出会えない場合もありますが、これらのポイントから不動産投資物件を選んでみましょう。

情報収集はかなり重要であり、成功にもつながっていきます。最適なものを選択し、不動産投資を成功させましょう。