企業の概要

日本端子株式会社はどんな会社?概要や事業内容、企業理念などから読み解く!

様々な機械に用いる端子・コネクタなどを製造・販売している日本端子株式会社について記事にまとめました。
会社概要、事業内容といった基本的なことから、事業以外での取り組みについても紹介します。
日々新しくなっていく機械を陰から支える端子やコネクタについて知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

日本端子株式会社とは

日本端子株式会社は、神奈川県平塚市に本社を構える日本の企業です。連鎖端子、コネクタの製造販売を行っています。ほかに電線端末処理機械や工具の製造販売も扱っています。
代表取締役社長は河野二郎氏です。2022年1月現在で441名の従業員がいます。

事業所・支店を神奈川・東京各地と名古屋、大阪、西日本に置いています。

海外営業にも力を入れていて、関連会社を通じて中国(北京、香港、広州)、タイ、アメリカで活動を展開しています。グローバルに活躍しているのが特徴です。

沿革

1960年8月 – 東京都中央区に設立。
1967年2月 – 本社を大磯町に移転。
1985年4月 – 岩手県花泉町に花泉工場を開設。
1995年12月 – 中国北京に合弁会社「北京日端電子有限公司」を設立。
機械事業部を分社化し「日端テクノ」を設立
1996年7月 – 香港に香港日端電子有限公司を開設。
2010年11月 – 日端テクノを吸収合併。
2015年11月 – 香港日端電子有限公司バンコク駐在員事務所を設立。
2017年5月 – 中国広東省広州市に合弁会社「広州日覃貿易有限公司」を設立。
2017年8月 – 本社を神奈川県平塚市に移転。
2018年8月 – M&M Fusionをグループ会社化し、社名をNT Sales North America,Inc.に変更。

企業理念

つないで世界に活力を”ACTIVATE”

私たち日本端子は、『つなぐ事業』を通して、「テクノロジー」をつなぐだけではなく「人・企業・地域・国」をつなぎ、「電気を流す」だけではなく「世界に活力をみなぎらせたい」そんな想いがこめられた企業理念です。

接続技術を革新することで、お客様の夢、開発者の夢である価値ある製品を実現し、それを手にする人々の生活に活気をもたらしたい。
技術・人・企業・社会・環境をつなげることで世界に、「ACTIVATE(アクティベイト)」=活力をみなぎらせたい。

こうした思いに社員一人ひとりが強く共感し、世界を見て、未来づくりに責任を持った仕事、また影響力ある仕事をします。

『つなぐ事業』を通じて、世界中、活力みなぎる社会の実現に向けて貢献します。

※ACTIVATE(アクティベイト)には「活気を与える。活性化する。(機器を)動かす、起動する。」という意味があります。

引用元:https://www.nippon-tanshi.com/company/companyphilosophy/

事業内容

・主な製品
【コネクタ】
電気、電子回路において、電線や電気機器などを接続するために用いられる製品のこと

【連鎖端子】
自動車用端子、民生家電用端子など

【圧着工具】
全自動圧着機など

コネクタは自動車産業を中心に、家電、インフラ、アミューズメントと幅広い分野で採用されており、機器間、部品間の電気信号を接続するために非常に重要な役割を担っています。

その他の取り組み

日本端子委は技術をつなぐだけでなく、人・企業・環境・社会をつないで活力みなぎる未来を創るために様々な取り組みを行っています。
企業理念「つないで世界に活力を“ACTIVATE”」のもと、地球環境保全への高い意識を持つとともに、地域社会への貢献にも積極的に取り組み、サスティナブルな社会づくりに向けて行動しています。

地球環境との調和を目指して励む緑化運動

1985年(昭和60年)に環境との調和を目指す生産施設として設立された花泉工場。設立以来、すべての従業員が緑化運動に努め、緑化優良工場として内閣総理大臣表彰を受けました。

地域に根ざした企業として社会に貢献

近隣の清掃活動や海岸清掃、鳥類保護など社員一人ひとりが地域社会に貢献する活動にも、積極的に取り組んでいます。

スポーツ振興を通じた青少年の育成活動

未来に向けて、みなぎる活力を生み出すために、様々な青少年の育成活動や地域のスポーツ振興にも力を注いでいます。

湘南ベルマーレのオフィシャルスポンサー活動

選手・ファンや地域住民の方と日本端子の社員が小さなコネクタを一つひとつ接続し、日本端子がオフィシャルスポンサーをつとめる湘南ベルマーレのエンブレムを作り上げました。

学生フォーミュラ チームを応援

日本端子の主力量産工場である花泉工場が位置する岩手県一関市。当地域にある一関工業高等専門学校と岩手大学の合同製作チーム「SIFT」が『全日本学生フォーミュラ大会』で優勝を目指す活動を、日本端子は応援しています。

フォーミュラカーに搭載するコネクタの提供やアドバイス、学生に向けたコネクタ勉強会他、当チーム活動に関わるサポートを行い、学生の皆さんの力が一層力強くみなぎるよう活動をしています。

まとめ

日本端子株式会社は、神奈川県平塚市に本社を構えています。連鎖端子やコネクタの製造・販売を主として、電線端末処理機械や工具の製造販売も行っています。
海外営業にも力を入れていて、中国(北京、香港、広州)、タイ、アメリカで活動を展開しています。

1960年に設立されてから現在までに、国内拠点も拡大してきました。

企業理念は「つないで世界に活力を”ACTIVATE”」です。「つなぐ事業」を通じて日本だけでなく、世界中に活力みなぎる社会の実現を目標としています。
その他の取り組みでは、緑化運動、清掃活動、スポーツを通じた青少年の育成活動などを行っています。また、湘南ベルマーレのオフィシャルスポンサーとして選手やファンを応援しています。

コネクタや端子は機械を支える部品ですが、日本端子はそれらを使う人のことも支えています。機械から人を、社会を支える日本端子株式会社について、少しでも魅力をお伝えできれば幸いです。

この記事で興味を持った人は、公式ホームページもぜひご覧ください。