企業の概要

総合建設業のZENホールディングスってどんな会社?企業の評判や事業内容に迫る!

ZENホールディングスは住まいを通じて一生のお付き合いをしていくことをモットーにしている企業です。

その歴史は60年以上にもなり、これまでにない独自のノウハウによって多くの顧客の要望に応え、たくさんの実績を作り出しています。

今回はそんなZENホールディングスの会社概要事業内容口コミ・評判などを調査しましたので、興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

ZENホールディングスの会社概要


画像引用元:https://www.green-japan.com/company/1356

まずは、ZENホールディングスの会社概要についてご紹介します。

どのような経営理念を持っているのか、具体的にどんな事業を手掛けているのかなどは、こちらを参考にしてください。

会社概要

株式会社ZENホールディングスは2004年1月5日に設立した会社で、代表者は2020年より松瀬賢亮氏が務めています。

本社は東京都千代田区五番町10番地五番町KUビル1階にあり、資本金は5億円です。
連結売上は2020年度で748億円を達成しています。

そんなZENホールディングスの事業内容は多岐にわたり、不動産・建設・生活支援事業を主として展開しているのが特徴です。

また、複数のグループ企業によって形成されているZENホールディングスでは、不動産の分譲や売買・賃貸経営といった不動産事業、建物の規格・設計・施工・リフォームなどの建設事業のほか、

マンション・教育施設・スポーツクラブ・宿泊施設の管理といった生活支援事業も含めて手掛けています。

経営理念や沿革など

続いてはZENホールディングスの経営理念と沿革を簡単にご紹介します。

ZENホールディングスは不動産事業、建築事業、生活支援事業を通して、心豊かな住まいと暮らしを育むサポートをおこなっています。

「地球上で最後まで生き残る企業」を目指すことによりおこなわれてきた事業活動は、日本の復興に深く貢献してきました。
社会に大きく貢献し、日本の未来をこれからもつないでいくことでしょう。

現在、数多くの事業を行っているZENホールディングスですが、創業当時は建設事業一筋で成長してきました。
その歴史は1958年にまで遡り、建設事業においては60年以上の歴史を持ちます。

1972年に不動産事業を開始し、1984年には一部の生活支援事業をスタートさせました。

それ以降も様々な事業を引き受けて大きな会社へと成長させ、株式の取得や数々の企業との資本業務提携もおこなわれています。

こうして変化と成長を繰り返してきたZENホールディングスは、現在も新たなステップへと歩んでおり、多数のグループ企業を創設しています。

グループ企業について


2022年2月現在、ZENホールディングスのグループとなっている企業は7社あります。
ここで、グループ企業をいくつかご紹介していきましょう。

麦島建設

グループ企業7社の中でも、代表的な存在となっているのが株式会社麦島建設です。

ZENホールディングスの創設当時より歴史を積み重ねてきた建築事業の麦島建設は、建物を通して一生のお付き合いをすることをモットーとしています。

建物の設計・施工のみならずメンテナンスもしっかりとおこない、顧客満足を第一に考えた事業を展開しているのが特徴です。

顧客との共存共栄を図っていく中で成長し、ZENホールディングスのグループの中でも特に欠かせない存在として歩んできました。

ユニホー

不動産事業をおこなう株式会社ユニホーでは、土地の変化や価値観の変化に基づいて変わる人々のニーズを把握して、その都度変化を遂げてきました。

絶えず変革を繰り返してきたユニホーは、豊富な物件を持ち、多数の実績を積み重ねています。

独自のノウハウを構築しながら住み良い環境作りを50年以上もの間、追求してきたのです。

ライフポート西洋

マンション管理事業を行う株式会社ライフポート西洋では、もっと【ハートふる】な明日を目指して歩んでいます。

ホスピタリティ溢れるサービス精神で、心のこもったマンション管理は評判も上々です。

たくさんの専有部サービスの提供と長期滞納を生まない仕組みづくり、防災ハンドブックの作成など、様々なメリットを感じ取れるような管理業務がおこなっています。

その他のグループ企業

ZENグループには、他にもフィットネス・スポーツクラブを運営・管理する株式会社ユニホーの社内カンパニーであるオアフクラブカンパニー

店舗内装デザインの設計・施工をおこなうアカデミアカンパニー、太陽光発電投資を手掛けるプロップテック株式会社

そしてニーズに合わせた建築がおこなえるよう、株式会社辰、池田建設株式会社、大成ビルド株式会社の3つの建築業者がグループ企業として活躍しています。

ZENホールディングスの採用情報

次に、ZENホールディングスの採用情報についてもご紹介していきましょう。

2022年2月現在ではZENホールディングスから発表されている求人情報はありませんが、麦島建設では採用情報ページが掲載されています。

新卒採用はおこなっていませんが、キャリア採用として営業系職と技術系職、一般事務職を募集しているようです。

募集期間に定めはなく随時受付をしているようですが、採用人数が若干名とのことなので、気になる方は早めに応募しておいた方が良いでしょう。

詳しい募集要項は以下の通りです。

応募資格
営業系職…経験者優遇
技術系職…経験者優遇
一般事務職…特になし

採用方法
書類選考と面接

賞与
夏と冬の年2回

勤務地
本人の希望により東京・名古屋・大阪から選べます。

休日や休暇
日曜祝日の隔週休2日制、夏季休暇・年末年始休暇(年間110日)

勤務時間
8:00~17:00

福利厚生
厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険、退職年金

※麦島建設では社会保険なども完備され、賞与もしっかりと用意されていることから従業員の働きやすい環境が整っていると言えます。

熱海の土石流災害に、ZENホールディングスが関わっている?


ZENホールディングスは、2021年に熱海で起きた土石流災害の原因に関係しているという噂が広がっていますが、調査の結果、ZENホールディングスと土石流災害は関係がないことがわかっています。

なぜZENホールディングスと熱海の土石流災害が関係しているという噂がたったのか探ってみると、土石流があった箇所の土地の所有者に行き着きました。

土石流災害があった土地は、ZENホールディングスの元代表が個人で所有していた土地だったようです。
そのため、ZENホールディングスとも関係しているという噂に発展したのでしょう。

しかしながら、上述の通り土石流があった土地は元代表の個人所有であり、ZENホールディングスとの直接の関係性は見られませんでした。

まとめ


今回は、7つのグループ企業によって多岐にわたるサービスを提供しているZENホールディングスをご紹介してきました。

長年のノウハウを活かした建設事業や不動産事業、生活支援事業を展開するZENホールディングスは、日本の復興にも貢献してきた実績のある企業です。

そんなZENホールディングスは、2021年の熱海で発生した土石流災害との関係があるという噂が一部で囁かれていたものの、実際には関係していないことがわかりました。

ZENホールディングスは、「地球上で最後まで生き残る企業」を目指し、社会に貢献しながら事業を展開していることからも、今後も生き残り続け、成長を続けていく企業だと思われます。