企業の概要

Sky株式会社の意外な評判?企業の実態とは(口コミ・評判まとめ)

グループ傘下

大手IT企業として知られているSky株式会社(スカイ株式会社)は人を惹き付けるCMや広告が有名です。

その一方であまり知られていない事業内容ですが、実は幅広い事業を展開しており、たくさんの魅力が詰まった会社でもあります。

本記事ではSky株式会社の会社概要や理念、事業内容などをご紹介し、会社を知り尽くせる内容でご紹介していきます。

世間が感じている印象や口コミ・評判についてもご紹介していくので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

渡辺パイプの会社概要

Sky株式会社はどんな会社?

Sky株式会社(スカイ株式会社)は多彩なソリューション事業を行っている企業です。

ICTを活用したサービスによって日々デジタル化が図られている日本にとって高い注目を集めています。

まずはSky株式会社の会社概要と企業理念・経営理念についてご紹介していきましょう。

会社概要

Sky株式会社は1985年3月2日に設立された会社です。
資本金は4億5千万円、2021年3月期の売上高は1303.5億円に及びます。

従業員数は2021年8月1日現在で3,188名です。
グループ従業員数に関しては3,300名で、平均年齢は34歳となっています。
事業内容を簡単に上げていくと、

  • 自社パッケージ商品の開発・販売
  • 各種ソフトウェア設計・開発
  • 関連機器のシステムインテグレーション事業

などがあります。
上記を幅広い職種の業者や個人に届けており、実績も豊富です。

本社は2つあり、東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー15階の東京本社と、大阪市淀川区宮原3丁目4番30号 ニッセイ新大阪ビル20階の大阪本社があります。

企業理念・経営理念

Sky株式会社では創業当時から「人」と「社会」と「技術」をつないだ豊かな情報社会の実現と発展を目指してきた会社です。

企業理念は『青空のごとく大きな考えでシステムを創る』で、目標高く幅広いソリューション事業で社会に幸せを届けてきました。

社名からも想像が付く青空のような大きな考えは、今後も世に注目されていなかった新たな発見から新事業も開発されていくことでしょう。

そしてSky株式会社では4つの経営理念も掲げています。

  • 最後までやり遂げ、顧客の期待に応えます
  • 最大限に能力が発揮される全員参加の組織を目指します
  • 一歩一歩着実に、社会に必要とされる商売を追求します
  • 粉飾、改ざん、隠蔽、コンプライアンス違反、サービス残業は絶対しません

という以上4つの経営理念があるからこそ、この素晴らしき企業理念を達成できるのかもしれません。

Sky株式会社は創業当時よりも事業領域が格段に広がっています。
しかしながらどんなに進化し続けてきても原点を忘れることなく歩んでいます。
人そして社会に貢献できる企業でありたいと願い、社員一丸となって努力する姿が感動を生むことでしょう。

社会に必要とされている企業の一つとして企業理念と経営理念は常に大切に考えながら社会貢献を行っている会社です。

デザイナー

事業内容とは?

幅広いソリューション事業を展開していることで有名なSky株式会社ですが、はたしてどのような仕事なのか詳しく理解している人は意外と少ないです。

続いてはSky株式会社の事業内容について詳しくご紹介していきます。
事業は大きく分けて2つ存在しています。

クライアント・システム開発事業

Sky株式会社のクライアント・システム開発事業では、各メーカーのソフトウェア開発に携わっています。

家電システム開発を手掛けた経験をきっかけに発達していった技術力を、Sky株式会社はあらゆる人と社会を支える力に変えてきたのです。

幅広い業界での実績で積み上げてきた高い技術力は今や様々な分野にて活躍する力になっており、業務系システム開発やカーエレクトロニクス開発のほか、モバイル開発、デジタル複合機開発、デジタルカメラ開発、医療機器開発、エネルギーのソフトウェア開発とソフトウェアの評価と検証も行っています。

生活に密着した身近な製品もあれば業務を手助けする製品もたくさん開発されてきました。
ICT社会となった現在は機器を利用する人と場所に限らず、ネットワークで結び付けられるように開発事業を進めています。

ICTソリューション事業

自社と他社のソフトウェア開発を豊富に経験してきたSky株式会社は、持ち前の高い技術力を活かして自社パッケージ商品の企画・開発・販売も行っています。

パッケージ商品はクライアント・システム開発事業同様に限られた人や企業に向けたものではなく、様々な人や企業・市場に向けて展開しています。

Sky株式会社のパッケージ商品を代表するものには、広告やCMでもよく目にする企業・団体向けのクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」や小・中・高等学校・大学向けの学習活動端末支援Webシステム「SKYMENU Cloud」などがあります。

他にも学習活動ソフトウェアの「SKYMENU Class」「SKYMENU Pro」、医療機関向けのIT機器管理システムである「SKYMEC IT Manager」などを展開しています。

独自の働き方「Skyスタイル」

Sky株式会社を知るには、働き方を追求した「Skyスタイル」についても理解しておく必要があります。

Skyスタイルでは社内SNSである「Skyなう」や社内ブログ、ネットミーティングを活用してリアルタイムによる情報交換と共有を行っています。

これらは生産性の向上全国の拠点間をつないで社員同士の距離を縮めることなどを目的に作られ、既存のワークスタイルに捉われないスタイルで、Sky株式会社ならではのワークスタイル変革を行っていることがわかります。

Skyスタイルを支えるインフラ設備として次のようなツールがあります。

  • 社内SNS「Skyなう」

「Skyなう」はリアルタイムで社員全員が簡単にコミュニケーションを取れるツールで、1日数万件のつぶやきがあります。
技術に関しての質問をつぶやくと経験者が回答してくれたり、一日のTODO管理・予定の把握、会議中に参加者がつぶやくことで参加者以外の社員も内容を把握できたり、意見交換の場としての活用や各種申請といった様々な使い方がされています。
このツールをフル活用することで、社員一人ひとりがリアルタイムでつながり、多くの相乗効果が生まれます。

  • 社内ブログ

社長が活用する社内ブログによって、従業員3000名を超える規模ですが、社長との距離が近いこともSky株式会社ならでは。
社内ブログには社長や各部門長の考えを発信したり、会社の最新の業績や各種お知らせ、業務上の問題点の指摘・改善提案、相談事項、自己啓発のための情報収集、サークル活動の呼びかけ、今後の方針といった情報を開示しています。
また、会社から一方的に情報を受けるだけでなく、社員自ら発信し意見を求めることができ、全国展開している拠点の社員同士で情報の共有や意見の交換が可能となっています。

  • 社内サイネージ

業務中に社内の最新情報をタイムリーに確認できるよう、各拠点に天井から吊られた大型モニターを設置しています。
事業部ごとのトピックス、自社パッケージ商品のCM映像、商品発表会・式典といったイベントの様子、入社された方・昇格された方・表彰された方の紹介などを流しています。

  • テレビ会議システム(オフィス)

常に接続されている大型画面のテレビ会議システムを導入し、全国の拠点のメンバーとまるで隣に座っているような感覚で話ができる環境を実現。
離れた拠点でもお互いの顔を見ながら知識・情報の共有、仕事の相談が気軽に行えて拠点や部門の壁を越えた積極的な交流を図り、新しいアイデアや知識の発掘につながっています。

  • テレビ会議システム(会議室)

各拠点のほとんどの会議室にテレビ会議システムを設置しており、拠点同士をつないで会議を行っています。インフォメーションディスプレイを導入し、他の拠点の会議室と同じ画面を見ながら会議を行えます。会議の資料を大型ディスプレイに映して直接書き込みができる会議を行うことによって活発な議論が可能です。

  • ネットミーティング

テレビ会議システムではなく、自席のPCでネットミーティングを活用しているチームもあります。自席で手軽に相手のPC画面を確認しながらミーティングを行えるので、業務効率化につながります。

また、Skyスタイルでは以下の6つのキーワードを重要ポイントとしています。

  • ALL Skyチームで協力しながら仕事を進める考え方。業務効率化、スピードアップのための積極的な情報共有、周囲に目を向けて業務負荷が高い時は助け合う、社員の意見・アイデアを募り経営に生かすなど社員一人ひとりが全員参加の意識をもって業務を進める
  • 太陽社風暖かな日射しのような気持ちを送り合いパワハラ問題を防ぐ。役職関係なく「○○さん」と呼ぶ、社員証・社内システムの顔写真は笑顔のものにする、「Skyなう」で感謝の気持ちを送り合える仕組みづくりなどで風通しを良くし、良いことも悪いことも共有しながら生き生き働ける職場環境をつくる
  • Time Management限られた時間のなかで、戦略的に時間を使い、仕事を効果的・効率的に進める意識を持つ。全社員向けに時間管理を徹底のための研修を用意、OA化、効率化につながる機材やツールへの投資、政府が推進する「働き方改革」への取り組みとして定時退社日を設けて実施率を計測するなど行っている
  • 改善変更わずかな改善も積み重ねれば大きな改善と変化に繋がる。翌日改善するように努めるなど挑戦し、失敗したとしてもPDCAサイクルを回して繰り返し改善を試みることが大切
  • 商売…Sky株式会社では「ビジネス」でなく利益を得るためにあえて「商売」という言葉を使う。開発部門の技術者であっても商売の意識を忘れない。自分たちの利益だけでなく、取引先やお客様にも利益がないと商売は成り立たないと考え、「Win Win Win」の関係構築が重要と考えている
  • Thank you…感謝の心は仕事をする上でも会社が成長をする上でも欠かせない。顧客はもちろん共に働く仲間にも常にリスペクトの気持ちと感謝を忘れない。社内SNSの「Skyなう」には感謝を伝えるための仕組みがあり、「ありがとう」のメッセージを送ることができる。社員が日頃から感謝を伝え合うことで「ALL Sky」の関係が強化されている

これら6つのキーワードと社内SNSやテレビ会議システムといった取り組みから生産性アップ社員同士の絆を深める独自の働き方が生まれているのです。

ネット(SNS・5ch・転職掲示版など)の口コミ・評判

続いてはSky株式会社の口コミ・評判についてご紹介します。

転職応援サイトや5ちゃんねる(通称5ch)などの掲示板とSNSから見つかったSky株式会社の実情を覗いていきましょう。

Sky株式会社は新幹線でも藤原竜也さんを起用した広告を見るし、相当露出してるイメージあるが、ITだってこと以外は、いまいち何をしている会社か分からない。売上に直結しにくいこの手の広告を継続するには相当な経営者の胆力を要する。

掲示板やSNSを覗くとSky株式会社の印象は、CMや広告に起用されている藤原竜也さんのイメージが大きいと発言している人が多くいました。

中には藤原竜也さんの印象が強すぎてどんな事業を行っているのか分かりづらいといった声もありましたが、経営が継続している理由にはやはり魅力的なソリューション事業があるからなのでしょう。

IT企業であることをざっくりと紹介している広告が、逆に多くの人の興味・関心を与えているようにも捉えられます。

ホワイト企業なので、1カ月の勤務時間は160時間に収まります。日数の少ない月は残業を付けれるので、勤務時間は160時間に収まります。いい会社だなあ。

1ヶ月の勤務時間160時間であることから、残業時間を逆算すると月20時間の残業となります。

掲示板やSNSでの意見では「月20時間の残業は短い」と答える人が多く、Sky株式会社の労働時間だけで見てもホワイトということが分かります。

メンバー同士に対しての温かさを育むなど、社風を創ることに真剣に取り組んでおり、また成功していると思う。利益を上げることに対して真剣で、「まぁしょうがないかぁ」という遊びがなく、利益率を0.1%でも挙げるために最後まで粘り切る。

社員一丸となって働くことでやりがいを感じる仕事だと感じている人もたくさん見受けられました。

一人ひとりの頑張りよりもチームでの働きが重視されるため、自分のためではなく仲間のためを思い、より結果が出しやすい環境になっていると言えます。

実際に働く方の声をもう少し拾ってみました。

風通しはいいと思います。社内ツールがかなりよくインフラは進んでおり色んな方と普段からコミュニケーションを取ることができます。社員の方達は人によりますが管理職に関わらずとても優しく接してくださり温かい方がいいと思います。そういう意味ではとても素敵な会社です。

“Skyスタイル”である社内SNS「Skyなう」が活発に活用されることで、円滑なコミュニケーションにつながっているのではないでしょうか。

平日もそれほど残業はなく、休日出勤はなかったので、ワークライフバランスは整っているかと思います。毎週水曜日は定時退社で、実際に皆さん5時半になるとすぐに帰られます。

このような声もあり、自分の時間もしっかり取れているようです。

デキる人はどんどん仕事を任されていく風土にあると思います。現場にもよるとは思いますが、特に私がいた現場では実力主義的風土がありました。そのため、辛いこともありましたがやりがいはありました。

実力がない人は仕事が任されないのは当然といえば当然。辛いことがあってもやりがいがあると頑張れそうですね。

つばめエイジェンシー

まとめ

Sky株式会社は一般的にはIT系の会社として認知されているものの、気になる謎が多い会社だという声もありました。

今回ご紹介してきた内容によってSky株式会社に対するあなたの疑問を解消できたのではないでしょうか?

培ってきた高度な技術力とチームワークを大事にしてきた環境は、日々画期的で役立つ商品・サービス展開につながっています。

独自の労働スタイルであるSkyスタイルを用いた社員同士の絆の深さや効率性の良さもSky株式会社が誇る部分です。

ぜひ今後のSky株式会社の活躍に目を通してみてください。