企業の概要

Cひかりは通信速度が速いのに安い!特徴やサポート内容は?

パソコン

今回はCひかりについてご紹介します。
光回線の事業者はたくさんあり、料金やサポート体制など様々な部分で少し違いがあります。
Cひかりは申込者数が22,000人を突破しており、人気が高まっている光回線です。
これから光回線を引きたい・乗り換えを考えている人であれば、Cひかりとはどのような光回線であり、契約にメリットがあるのか知りたいところでしょう。
この記事では回線の概要や提供されるアフターサポート、一般的な回線との比較をご紹介するので、Cひかりに興味がある方は参考にしてみてください。

Cひかりとは?

インターネット
Cひかりは2018年1月22日からサービスが開始された、光ファイバーを用いたインターネット回線です。
Cマーケティング株式会社により運営されています。
まずはCひかりの概要・特徴をご紹介しましょう。

最大2Gbpsの速度

CひかりはNURO光と同じ回線設備を使っているため、同様のスペックでインターネットを利用できる特徴を持っています。
そのため、下り最大回線速度は2Gbpsの超高速を誇ります。
ネットサーフィンもサクサクでき、動画視聴やオンラインゲーム、大容量のデータダウンロードもストレスなく楽しむことが可能です。

料金は月額5,478円

インターネット回線は料金がややこしいイメージがありますが、Cひかりは明瞭な料金体系となっています。
本来は回線とプロバイダーの契約が必要で、それぞれに別途の料金が発生します。
しかし、Cひかりであれば回線とプロバイダー料込の月々5,478円でインターネットを利用することが可能です。
なお、基本料金は以下の通りです。

  • 月額基本料金:5,478円
  • 基本工事費:44,000円(30ヶ月の分割払い)
  • 契約事務手数料:3,300円(利用開始月に請求)
  • 契約解除料:22,000円(2年以内の解除で発生)
提供エリアについて

回線の提供エリアは以下のとおりです。

  • 北海道
  • 関東:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県
  • 東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 関西:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 九州:福岡県、佐賀県

NURO光と同じ回線設備を使っているため、提供エリアも同じようになっています。
なお、上記エリアでも一部エリアでは回線が使えない場合もあります。
提供エリアが限られている部分はデメリットですが、主要都市であれば問題なく使うことが可能です。

契約するだけで社会貢献ができる

Cひかりでは売り上げの一部を日本赤十字社に寄付しています。
寄付金は様々な支援に使われており、Cひかりを利用するだけで社会貢献できるというメリットもあります。

 

光回線やCひかりの仕組みを解説

ネットワーク
Cひかり回線の魅力は超高速な回線速度と安定性です。
どうしてCひかりは安定した回線速度でインターネットが使えるのでしょうか?
ここからは光回線やCひかりの仕組みについて解説していきます。

光回線の仕組み

光回線は光ファイバーという光の伝送路を使って通信しています。
光が持つ反射や屈折といった性質を使い、電気信号を光信号に変換して大量のデータも素早く一度に伝送できる仕組みとなっているのです。
電気信号の場合、信号の伝送は家電製品などから出る電磁波の影響を受けやすいというリスクがあります。
通信距離が長いほどそのリスクは高くなり、通信に遅れが生じます。
しかし、光信号は電磁波の影響を受けないので、長距離でも速い速度での通信を維持できるわけです。

Cひかりの仕組み

Cひかりではダークファイバーと専用のホームゲートウェイを組み合わせて、独自の回線が提供されています。
ダークファイバーとは電気通信業者などが敷設する光ファイバーのうち、使っていない回線のことです。
NTTの高品質な光ファイバーであるため、回線速度が劣るという心配はありません。
また、ダークファイバーとホームゲートウェイによる独自回線での提供となるので、回線が混雑するリスクが低く、ピーク時など時間帯によって速度が大幅に下がる心配も少なくなっています。
ネットサーフィンも動画の視聴も快適で、オンラインゲームの通信や大容量のデータダウンロードもストレスを感じずにインターネットが使えます。

2Gbpsの速さについて

2Gbpsと言われてもどれだけ速いのか分からない方は以下の情報を参考にしてみてください。

・ウェブページ閲覧、メール受信、LINE受信→1Mbps

・YouTube動画(720p)・ビデオ通話→3Mbps

・YouTube動画(1080p)→5Mbps

・4K動画の再生→25Mbps

参照元:NURO

あくまで目安となりますが、上記記載の速度があれば快適な動作が行えると言われています。ちなみに、1Gbps=1000MbpsなのでCひかりの速度にどれだけ余裕があるかは一目瞭然ですね

ただし、Cひかりも含めた光回線の事業者すべてに言えることですが、「上り下り最大〇〇Gbps」という記載はあくまで理論値の速度であるということはおぼえておきましょう。

つまり、「最高でこの速度まで出るけど、後は通信環境による」ということです。なんだか不親切な気もしますが、どの回線でも同じことを謳っています。

Cひかりのアフターサポートについて

パソコン
Cひかりでは様々なオプションを用意しており、アフターサポート面はとても充実しています。
どのようなアフターサポートを利用できるのかご紹介しましょう。

アフターコール

契約後も電話を通じてサポートに対応してくれます。
書類の内容や次に必要な手続きなどフォローしてくれるので、初めて光回線を契約する人や乗り換える人も安心です。
インターネット回線に関する困りごとや疑問があれば、アフターコールで聞いてみましょう。

満足サポート

月額550円で利用できるサポートです。
パソコンやスマホ、Wifiルーター、プリンターなど光回線を利用する機器に関する困りごとを相談できます。
電話や遠隔でのサポートに加え、出張訪問(別途出張料)でサポートに対応することも可能です。
パソコンや周辺機器の操作・設定が苦手な人には嬉しいサポートでしょう。

リモートサポート

専門オペレーターがパソコンを遠隔操作し、設定などをサポートしてくれる月額550円で利用できるサービスです。
電話相談だけでは操作のイメージが掴めないという方も、リモートサポートであればその不安を解消できます。
特定の動作環境下でないとサービスは利用できませんが、パソコン操作に慣れていない人には便利なサポートです。

キキホショ+

インターネット接続機器が水濡れや破損で修理・交換が必要になった場合、出費を負担してくれる保証サービスです。
自宅の水まわりや鍵、ガラスといった生活トラブルを解消できるサポートもセットされているのでお得なサービスとなっています。
こちらも月額550円で利用できます。

この他にもパソコン本体の動作を高速化するサポートを行うギガPC Powered by System、生活に関する各種相談ができる生活便利相談など、ネット関係から生活範囲まで幅広く支援してくれるオプションを付けることが可能です。

 

一般的な回線とCひかりを比較してみた

光ファイバー
今回はフレッツ光ネクストのファミリー・スマートタイプを例に、Cひかりを比べてみました。
回線速度や料金などの違いを見ていきましょう。

回線速度
  • Cひかり:下り最大2Gbps
  • フレッツ光:下り最大概ね1Gbps

いずれも技術規格上の最大値ですが、Cひかりの方が最大通信速度は早い傾向にあります。

月額料金
  • Cひかり:5,478円
  • フレッツ光:6,270円+プロバイダーサービス月額利用料金

基本料金はフレッツ光の方が高い傾向にあります。
それに加えてプロバイダー料が別途に発生し、実際の料金はさらに高くなります。
プロバイダー料も500円台~1,200円台と事業者ごとに違うので料金体系は複雑です。
一方、Cひかりはプロバイダー込みの料金表示なのでわかりやすく、契約後の支払いもイメージしやすくなっています。

アフターサポート

フレッツ光でもアフターサポートを用意しています。
主に電話や遠隔操作で通信や設定をサポートする“リモートサポート”、デバイス修理をサポートする“なおせ~る”、“訪問サポートサービス”を用意しています。
これらのサポートはCひかりと似ており、基本的なサポート体制と言えます。
しかし、Cひかりではデバイスや通信環境だけではなく、生活面のアフターサポートまで充実しているのが魅力です。
幅広いサポートを受けたい方はCひかりの契約にメリットがあるでしょう。

 

まとめ

PCとスマホ
今回はCひかりについてご紹介しました。
Cひかりは一般的な光回線よりも安い料金で利用でき、アフターサポートも充実しているので安心して利用できる回線です。
NURO光と同じ設備を使って回線を提供しており、最大通信速度の速さや安定性の良さも大きな魅力と言えるでしょう。
対応エリア内で少しでも安く高品質なネットを使いたい、アフターサポートがしっかりした業者を選びたい方はCひかりへの加入を検討してみてはいかがでしょうか。