その他

市民住まい向上委員会の講座は評判がいいの??その詳細を書いてみた!

この記事では市民住まい向上委員会についてご紹介していきます。

皆さんは、現在の自宅での暮らしに安心を感じているでしょうか?

近年では住宅犯罪は減少傾向にありますがまだまだ油断はできず、防災に関して、災害時に的確に行動を起こせる人は少ないというのが実情です。

今回ご紹介する市民住まい向上委員会では住宅の安全性を高める活動を行っており、数多くのセミナーで知識を提供することで、今以上に安心して過ごせる暮らしの実現をサポートしています。

今回は市民住まい向上委員会がどういった活動を行っているのか、代表理事を務める矢野克己氏がどういった人物なのか、詳しくご紹介していきましょう。

 

住宅の安全性が気になる人や市民住まい向上委員会について気になる人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

市民住まい向上委員会はどんな活動をしている?

気になる市民住まい向上委員会ですが、そもそもどのような団体で、何をしているかご存知でしょうか?

まずは、市民住まい向上委員会がどのような団体なのかをご紹介していきましょう。

市民住まい向上委員会について

市民住まい向上委員会は、名前からも少し分かるように市民の住まいを向上させる支援活動を行っている一般社団法人です。

安全かつ安心して暮らすことができる住まいの実現を目的に活動しています。

防災・防犯・快適性の3つの要素を取り入れた住宅の情報提供・啓発活動を、勉強会やセミナー講演、イベントなどで広めており、一般の方に向けてたくさんの住宅知識を届けています。

開催している講座や勉強会は下記の通りです。

  • 住まいの防犯・防災講座
  • 住まいのメンテナンス講座
  • ビル・マンションメンテナンス講座
  • 戸建て住宅耐震講座
  • 賃貸大家さん勉強会
  • 町内会・自治会(防犯・防災)セミナー
  • 防犯スポーツプロジェクト(子供防犯)監修

セミナー開催場所は主に東京や神奈川、千葉などの関東地区で多く開催しているようです。

これらの場所以外にも大阪・名古屋での公演、相談会やメールや電話相談も行っており、様々な地域に向けて防災・防犯・快適性の向上活動を行っています。

市民住まい向上委員会の活動内容と特徴

市民住まい向上委員会では「住環境に関する安全・快適性を広める」をテーマに活動していますが、ここにはどのような特徴があるのでしょうか。

講座について

専門的な知識を学ぶためには関連情報のリサーチなど複数の方法があるものの、100%自力で学ぶにはどうしても限界があります。だからこそ、各地で「専門家から学べる機会」が提供されるのでしょう。
市民住まい向上委員会でも定期的に講座を開催しており、防犯、防災に関する専門知識の向上に努めております。こちら、後述の「市民住まい向上委員会のセミナーは役立つのか?」という見出しで改めて考察を記載いたしましたので、ここでは概要のみ以下にまとめます。

住まいの防犯・防災講座

  • 防犯講座では、泥棒に入られやすい住宅の特徴から振り込め詐欺の最新情報まで「様々なパターンを想定した対策法」をレクチャー
  • 防災講座では「防災時の減災」をテーマに、避難勧告の意味や非常食の準備など「状況を正確に認識し行動につなげるコツ」をレクチャー

住まいのメンテナンス講座

  • リフォーム工事を安全安心に行うには、まず依頼者自身が専門知識を把握する必要があり、その重要性を伝えるべく一般の方に解りやすい外装メンテナンスの勉強会、市民講座を開催

市民住まい向上委員会の代表理事・矢野克己氏とは?

市民住まい向上委員会ではたくさんのセミナー講座を開催しており、多くの市民の方に住まいに関する防犯・防災やリフォームの知識を広めています。

ここからは、市民住まい向上委員会の代表理事である矢野克己氏の経歴と、矢野克己氏が考える住宅の安全性についてご紹介していきましょう。

代表理事、矢野克己氏の経歴について

矢野克己氏は建築業界に32年以上携わっている人物です

建物診断はこれまでに7,000棟以上行っており、施工担当実績は新築・増改築・リフォームなどを合わせて約4,000件もの施工をこなしてきました。

保有している資格は、防犯環境診断士、防災士、防犯設備士、一般耐震技術認定者、増改築相談員、2級施工管理技士、一級塗装技能士、雨漏り診断士、外壁劣化診断士などたくさん持っています。

また、矢野克己氏はレギュラー番組としてラジオ日本の「住まいのトラブルバスター」でも安全性を高めるための住宅の知識を広めることも行っているのです。

住まいのトラブルバスターの活動例

住まいのトラブルバスターは、なかなか周りに相談できないような住まいの悩みを解決していくラジオ番組です。

住まいのトラブルバスターでは今までどんな内容を放送し、どのような活動を行ってきたのでしょうか?

横浜防災フェア2019での公開収録

横浜防災フェア2019はラジオ日本と横浜市が共催しているイベントで、2019年度で43回目を迎えました。

防災に関する知識を楽しく遊びながら学べるイベントであるため、家族連れで訪れる方も多くいらっしゃるようです。

イベントには防災指導車や消防車、はしご車、自衛隊の車などなかなか見る機会が少ない車両もたくさん来ていたみたいです。

横浜防災フェア2019のイベント内では、住まいのトラブルバスターの公開収録が行われておりました。

一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会の代表を務めているプロレスラー・蝶野正洋さんをゲストに招き、ニューワールドアワーズスポーツ救命協会を作ろうとしたきっかけなど色々な話を聞ける機会となりました。

防災に対する意識を高めていくことの重要性についても再確認できる内容となっています。

防災グッズの紹介

住まいのトラブルバスターでは、災害時に役立つ情報を発信しています。

日本では様々な自然災害が発生するため、防災対策をしっかりとしておくことはとても大切です。

しかし、普段からしっかりと防災グッズの確認ができている人は多くないでしょう

住まいのトラブルバスターのラジオを聴いた方の意識が変化していくことを願って、防災グッズの紹介も行っているのでしょう。

もしもの時に役立つ防災グッズは世の中にたくさん存在するため、住まいのトラブルバスターが発信する情報をチェックすることは減災する上で大切なことだと言えます

安全性に対する考え

現在、住宅の泥棒、空き巣被害は家の安全性の向上により年々減少傾向にあります。

しかし、平成30年度では東京都内の被害だけでも4,575件の被害届がありました。
1日の被害数に換算し直すと、東京の中だけでも1日約13件もの被害が出ていることが分かります。

あくまでも東京だけなので、全国で計算するとさらにたくさんの被害が出ていると言えるでしょう。

最近は、アポ電強盗などの事件も発生しており市民住まい向上委員会は、まだまだ多くの市民が安心して過ごせる住宅環境にはなっていないと考え、矢野克己氏は数多くの市民に防犯に対する知識を高めようと努めているのです。

市民住まい向上委員会のセミナーは役立つのか?

それでは市民住まい向上委員会のセミナーでどんなことを知ることができるのでしょうか?その概要を理解し、ぜひ参加してみましょう。

安全性を高めるためのセミナー内容

上記でご紹介したように、泥棒に入られにくいポイントを参考にして、あらゆる場面で住宅の防犯性を高めるにはどうすれば良いのかをセミナーで解説しているようです。

侵入されにくい家の特徴や振り込め詐欺の最新情報など、防犯の基礎知識から防犯対策まで多くのことを知ることができそうですね。

また、安全性を高めるのは防犯だけではありません。
防災対策についても様々な知識を紹介しています。

防災対策でさらに安心な家に

空き巣や泥棒の侵入のようにいつ起きるのか分からない災害は、きちんと防災対策しておかなければ、思わぬ被害を受けます。

自分の命を守るためには防災対策は必要不可欠で、地震や津波被害がいつ起きても対処できるように準備しておくべき必要があります。

ただ、防災対策は自分だけが知っているだけではいけません。

多くの人に広めることができなければ、災害時に地域が一丸となり皆で命を守るための正しい行動が起こせません。

自分がきちんとした知識をたくさんの人に広めることで、地域全体が協力して初めて安全性の高い住まいが実現します。

地域防災力を上げるためには地域の共助力を上げるしかないのです。

市民住まい向上委員会のセミナーの評判は?

ここまで市民住まい向上委員会のセミナーについてご紹介してきましたが、セミナーに参加してみたいと考えている人も多いでしょう。

実際に参加したことがある人は参加後どう感じているのでしょうか?
セミナー講座の評判・口コミについてご紹介していきます。

セミナーの口コミはあるの?

市民住まい向上委員会のセミナーに関する口コミを探しましたが噂ばかりが多く、決定的な評判が見られる場所を見つけることはできませんでした。

ただ、6年間のセミナー実績がありかなり多くの方が参加されています。

そして、今日もなお多くの方が参加され人気であるということは、参加者の声はなくても役立つセミナー講座だということが判断できます。

市民住まい向上委員会は本当に頼れるのか?

市民住まい向上委員会では防犯設備士の資格をお持ちの代表理事、矢野克己氏以外にも頼れる相談スタッフが数多く在籍しています。

様々な防犯・防災・メンテナンス知識を持ち合わせたスタッフにより、住宅のどんな不安も解消していけることでしょう。

セミナーに参加することで安全な暮らしに一歩近付けることでしょう。

まとめ

今回は、市民住まい向上委員会の活動内容や代表理事の経歴や考え、セミナーに関することなどについてご紹介してきました。

市民住まい向上委員会は、セミナーの開催数を見ると非常に多く、たくさんの人に安心できる住まいの知識を届けていることが分かります。

セミナーの口コミや評判は調査しても見つけ出すことはできませんでしたが、建設に長年携わっている実績とあらゆる資格を有している矢野克己氏は信頼できると言えるでしょう。

現在まで住宅は様々な進化を遂げてきましたが、まだまだ住宅犯罪・災害には油断できない家は多くあります。

ましてや、住宅犯罪では凶器を持ち込む人が増えてきているので、なおさら気を付けなくてはいけないことだと言えます。

市民住まい向上委員会は、今後もたくさんの人に安心して過ごせる住まいの知識を届ける団体として、より規模を広めていくことでしょう。