IT

ジャスミーは仮想通貨と無関係!IoTプラットフォームでデータの民主化を目指す企業!

データと球体

ジャスミーという会社をご存知でしょうか?

「ジャスミー」と検索すると、ICO仮想通貨の記事が散見されるので、「ジャスミー=仮想通貨販売」と認識している人は多いのではないでしょうか。
しかし実際は、仮想通貨とは全く関係のないサービスを展開している会社です。

ジャスミーも同社ホームページで仮想通貨の販売を否定しています。

下記抜粋文です。

当社もしくは当社の関係会社を名乗る者からの暗号資産(仮想通貨)等に関する勧誘についてのご注意

近時、当社の名を騙って暗号資産(仮想通貨)を販売する者がいるとの問い合わせを受けております。

既にメディア等でも報道されておりますが、インターネットを通じて電子的に取引される、いわゆる「暗号資産(仮想通貨)」をめぐるトラブルの増加に伴い、消費者庁・金融庁・警察庁は注意喚起をしております。

当社もしくは当社の関係会社等においては、暗号資産(仮想通貨)を販売する行為は行っておりません。

また、お客様にお問合せをする事もございません。

当社の名を騙る暗号資産(仮想通貨)の販売者は、当社とは一切関係がありません。

暗号資産(仮想通貨)の購入代金その他の金銭を支払うことのないようご注意ください。
引用元:ジャスミー公式ホームページ

では、なぜ仮想通貨界隈で騒がれていたのでしょうか?また、ジャスミーの本来の事業は何なのでしょうか?

ジャスミーの概要

ジャスミー株式会社は2016年に設立した非常に若い企業で、東京の港区に本社を構えています。

設立の目的は、個人のデータを個人の手に戻し、データを安全に分散管理することです。

これを「データの民主化」と称し、ジャスミーの基本思想としてIoTプラットフォームを展開しているようです。※具体的な事業内容や活動内容については後述します。

ジャスミーの会社概要

代表 佐藤 一雅
住所 東京都港区北青山一丁目23号 青山ビル5
設立 2016年45
事業内容 IoTプラットフォームの提供及びソリューションの提供
取引銀行 三井住友銀行  渋谷支店

では、世間で誤認されている「ジャスミーの仮想通貨販売」は、なぜ、そしてどこから浮上したのでしょうか?

ジャスミーの仮想通貨販売疑惑はどこから生まれたのか?

Twitterを検索すると例えばこのような投稿が確認できます。


引用元:ツイッター

他にも、




引用元:ツイッター

このように、Twitter上では縁故販売を匂わせる怪しい発信があちこちで行われておりました。

また、Youtube上でも怪しい発信をしている人がいるようです。

そもそも「仮想通貨」はビットコインをはじめ、2017年頃より脚光を浴びはじめたものです。

そして、その主な理由が、仮想通貨を発行することで資金調達するICOが流行したことや、コインの価格変動が大きく投資対象として注目を集めたためです。

こうした仮想通貨の流行と同時期に、たまたまスタートアップ企業としてジャスミー株式会社が誕生し、日経やテレビに取り上げられたことで、情報商材で一儲けしようとする人々の目に留まったのでしょう。

また、ジャスミー株式会社自身も、仮想通貨の販売に関して正式な声明を発表するまで少し時間がかかったため、誤った情報が拡散してしまう結果となりました。

世間の反応をチェック

では、このジャスミーの仮想通貨に関する販売否定を受けて、世間の反応はどうだったのでしょうか?


引用元:仮想通貨ポリス

このようにICOでの上場を期待していた人が少なからずいたようですね。




引用元:一番儲かる仮想通貨

ジャスミーが公式サイトで仮想通貨販売を否定したことで、ようやくジャスミーを利用した第三者による詐欺であったと認識した方は多かったのではないでしょうか。

ウェブ上で色んな情報を入手できる時代だからこそ、情報の取捨選択や正確な見極めは個人が意識して取り組まないといけないですよね。

私も今回の調査を行うことで改めて個々に高い情報リテラシーを持つことが大切であると認識しました。

ジャスミーの本当の活動内容

ではジャスミーの本来の事業内容や活動とはどういったものなのでしょうか?

事業内容

ジャスミーでは企業がIoT化によって成果を上げるために、製品の企画からIoTの導入支援まで一貫でサポートしているようです。

その導入支援の1つとして、独自の発想と最新のブロックチェーン技術を用いて、IoTから送られるデータを安全かつ効率的に管理できるIoTのプラットフォームを提供しています。

また、顧客がIoT機器の状況を把握できるよう一元管理できるサービスも提供しているようです。

このIoTプラットフォームを用いるには、データの送受信や遠隔操作のコマンドを授受できるデバイスが必要です。

このIoTのデバイスとは

  • LTE-Single Board Computer
  • LTE-Wearable

といったIoT通信モジュール、ベースモジュールです。

ジャスミーではこうしたモジュールの提供やライセンスを提供しています。

また、分散管理型のブロックチェーン技術を駆使し、IoTによって得られた個人のデータをセキュアに分析し、利用できる環境を整備しています。

少し難しく感じるかもしれませんが、簡単に言い換えると企業がIoTやブロックチェーン技術を全く持っていなくても、簡単にIoTを導入できるようにジャスミーが手伝ってくれる、ということです。

ジャスミーが提供するサービスまとめ
  • IoTデバイス
  • IoTサービスのための開発環境
  • セキュアなデータ分析環境

活動内容

また、ジャスミーでは「データの民主化」という考え方に共鳴し、ともに目指すエンジニアやビジネスプランナーをサポートする活動「ジャスミーリーグ」を定期的に開催しています。

「ジャスミーリーグ」はCampus・Forum・Contestという3つのコンテンツから成り立ちます。

学習コンテンツを担う「Campus」ではIoT・ブロックチェーンについて学び、Jasmy IoTプラットフォームで変わるデータ社会の未来について考える機会を提供しています。

具体的にはオンライン学習コンテンツ、参加・体験型学習コンテンツです。

オンライン学習コンテンツでは、Jasmy IoTプラットフォームが実現する未来イメージや世界観、またその技術について学べる動画・記事を公開しており、参加・体験型学習コンテンツ参加者のインタビューや、ワークショップの様子も閲覧できます。

また、この参加・体験型コンテンツのひとつとして、IoT × ブロックチェーンの考え方をベースに、「データの民主化」が進んだ未来のビジネスアイデアを創造するアワードプログラムも開催しており、優秀なアイデアには賞金と、審査員からフィードバックコメント(オンライン上)があるようです。

公式サイトと公式SNS

一部では「公式サイトがない」「ジャスミーが詐欺に関与している」「嘘吐き集団である」等、事実と異なる内容や誹謗中傷が掲載されている記事がWEB上に散見されていますが、実際には公式サイトが存在する上、今回の詐欺騒動に関してジャスミーは全くの無関係です。

正しい情報発信元となる公式サイトを確認するようにしましょう。

<ジャスミー公式サイト>
https://www.jasmy.co.jp

<ジャスミーリーグ公式サイト>
https://jasmy.io/

<ジャスミーリーグ公式Twitter>
https://twitter.com/jasmy_league

総括

ジャスミーは「データの民主化」を目的にIoTプラットフォームを提供する会社です。

今はまだ、サービスを活用した際に提供する個人のデータが、そのサービスのプラットフォーマーによって管理されているケースがほとんどです。

つまり、個人のデータが意図せず、勝手に利用される危険性を孕んでいます。

しかし、ジャスミーが提供するIoTプラットフォームのサービスにより、個人のデータは個人に帰属されるようになります。

つまり世の中の便利なサービスを私たちは安全な形で利用できるようになります。

今回の仮想通貨に関する騒動で、一番の被害者はジャスミー自身であるように感じます。おそらく仮想通貨に関する問い合わせも多々あったことでしょう。

また、ツイッターやブログなどの第三者が提示するWeb情報には、事実でないことも多数紛れているということが再認識できたのではないでしょうか。

刻一刻と新しい情報が生み出される現代社会においては、受け手側がこれまで以上に情報を正しく選別する力が求められていると言って良いでしょう。