法人の噂・真相

【検証】ワミレスコスメティックスの実態とは…!

ワミレス

ワミレスコスメティックスは反社会勢力とつながっていない

ワミレスコスメティックスは、反社会勢力とのつながりがあるという噂もあります。

もしも反社会勢力とのつながりが本当であれば、ワミレスコスメティックスの商品を使いたいとは思えなくなるでしょう。

そのため、ワミレスコスメティックスに対して批判的な見方をしている人は、反社会勢力とのつながりがあるなどの悪い噂を流すのです。

もし本当にワミレスコスメティックスが反社会勢力とつながりがあれば、現在のように会社を設立することすら難しくなってしまいます。

また、そもそも大学と共同研究を行ったり、国際的な学会に出席することすら難しいでしょう。

次は、ワミレスコスメティックスが反社会勢力とつながっていないことがなぜ分かるのか解説していきましょう。

 

反社チェックやコンプライアンスチェックが行われている

反社チェックやコンプライアンスチェックは、取引先や社員、株主の中に反社会勢力と関係がある人物がいないかをチェックするためのものです。

取引前にチェックをすることで、反社会勢力との関係を持つことがなくなります。

反社会勢力と関係がある人物が取引先や社員、株主の中にいた場合、その会社にとって大きなデメリットが生まれるため、このチェックは非常に重要だと言えるでしょう。

ワミレスコスメティックスもしっかりとした会社の1つなので、このようなチェックをきちんと行っていると考えられます。

反社会勢力とつながっていると融資してもらえない

多くの金融機関では、融資をする際に様々な審査を行っています。

その審査の中には、反社会勢力とのつながりがないかをチェックするものもあります。
反社会勢力とのつながりがあった場合は、融資をしてもらうことが難しくなってしまうのです。

つまり、事業を円滑に進めることができなかったり、自社ビルであるワミレスタワーのような拠点の設置が難しくなってしまいます。

このことからも、ワミレスコスメティックスと反社会勢力のつながりはないと言えるでしょう。

 

ワミレスコスメティックスについて詳しく調べずに、ネットの情報だけを信じてしまえば、反社会勢力との関係があるのかもしれないと不安に感じてしまう場合もあるでしょう。

しかし、反社会勢力とのつながりがある場合は、「反社チェックやコンプライアンスチェックなどを行っていない、銀行との取引もしていない会社」ということになってしまいます。

反社チェックやコンプライアンスチェックに関してはきちんと行っていない会社もあるかもしれないので、関係の有無を判断する基準にはなりにくいかもしれません。

ただし、銀行との取引に関しては多くの企業が行っているため、判断基準としても有効です。

ワミレスコスメティックスは、銀行との取引もきちんと行うことができています。

そのため、反社会勢力との関係はないと言えるでしょう。

ワミレスコスメティックスのビジネスモデルは、日本ではまだまだ普及しておらず「ねずみ講と同じようなものだ」と言われているMLMです。

怪しいと感じてしまう人も一定数いるため、悪い噂が流れてしまうこともあります。

しかし、実際は海外でも一般的になっているビジネスモデルを採用し、銀行との取引もきちんと行うことができている会社です。

したがって、ワミレスコスメティックスに対する噂は事実ではないと言えるでしょう。

 

まとめ

1980年7月23日に設立されたワミレスコスメティックスは仲間同士がコミュニケーションをできるような場を目指すサロンもあり、HEAD(知恵)・HEART(心)・HAND(ふれあい)という3つのHを大切にした様々な活動を行っています。

ワミレスコスメティックスは製造元であるため、販売も一緒におこなっているだろうと勘違いされ、MLMだという噂を耳にすることがありますが、ワミレスコスメティックスはあくまで化粧品メーカーでありMLMはおこなっていません。

ワミレスコスメティックスさんの品質の良さを聞きつけた別の企業が「ワミレスコスメティックスさんの商品を販売したい」と打診をし販売会社制度が始まっています。

口コミや紹介で販売会社にまで評判が届くほどの商品について見ていきましょう!

1 2 3 4 5 6