口コミ検証

白石達也のファンタジーメソッドは本当に怪しいのか?

こんにちは!

本日は、白石達也のファンタジーメソッドについて取り上げてみます。
読者の皆様は白石達也のファンタジーメソッドについてどんなイメージを持たれていますでしょうか?
中には「怪しい商材だ」と思われている方もいらっしゃることでしょう。
本当にファンタジーメソッドは怪しいのでしょうか?
また、白石達也が現在提供しているリバティーレジデンツについても、同様に怪しいものなのでしょうか?
今回は本当に怪しい商材なのかどうか、検証していきたいと思います。
白石達也のファンタジーメソッドやリバティーレジデンツに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

白石達也のプロフィールと経歴

若き実業家として成功を収めている白石達也ですが、現在のポジションを獲得するまでにはどのような人生を辿ったのでしょうか。
白石達也のプロフィールや経歴をご紹介しましょう。

白石達也のプロフィール

1986年東京生まれの白石達也は、父は大手航空会社に勤務するサラリーマンで母は外資系会社のコントローラーという裕福な家庭に育ちました。
兄弟としては兄がおり、次男としてかわいがられながらも破天荒な性格から親の手を焼かせるようなことも多かったようです。
幼少時から向学心が旺盛で、小学生時代には論語などにも興味を持つ勉強家でした。
中学時代には生徒会長を務めるなど学業優秀なリーダータイプとして活躍しましたが、真面目な性格が災いし周囲から敬遠されるようになります。
高校時代になると勉学を優先するあまり、身だしなみやオシャレに気を使わないことから、あだ名などでからかわれるようになりイジメの標的になります。
イジメを受けたトラウマから自分に対する自信が持てなくなり、一旦は勉学に身が入らなったものの一念発起し、一浪の末「早稲田大学商学部」へと進学しています。
大学在学中は大学運営と教育方針に対する違和感から中退を考えた時期もありながら、在学中に起業することを決意し個人で稼ぐ生き方を選びました。

白石達也の経歴

早稲田大学在学中にFX取引の予測システムなどのソフトウェア開発および販売を開始し、企業家としての成功を収め、情報商材の販売をビジネスとして成立させることに取り組みました。
大学卒業後、父の勤務する大手企業が倒産の危機に陥った経緯から、「寄らば大樹の陰」という考え方は過去のものだと痛感しました。
自分自身でお金を稼ぐ方法を自分の力で創り出していくことが成功の秘訣であるとの信念から、個人での活動を続ける中で出会ったのが伊勢隆一氏と村上むねつぐ氏です。
200万円のパートナーズクラブに入会し、伊勢隆一氏とともに「神龍クラブ」というプログラムを開発しました。
「神龍クラブ」は、ユーザーを成功に導くために開発され、実際にこのプログラムを通して年収1000万を超える成功を収めた人物や、年商1億を稼ぐ企業家も生まれ注目を集めました。
その後、「ランドオブハンモックユーチューバー」の販売を開始し、情報商材の分野で数億円という利益をあげたことで、さらなる注目を浴びています。
情報化社会、インターネット社会が到来する時代の流れを読み、ネット上で価値ある「情報」を販売するという情報商材分野のビジネスチャンスを的確につかんだと言えるでしょう。
ランドオブハンモックユーチューバーは、情報商材の販売サイトである「インフォトップ」でも話題の教材となりました。
インフォトップで優良商品と認められ、厳しい審査を通過されて販売された「ランドオブハンモックユーチューバー」は、人気ナンバー1を獲得し、白石達也の知名度はさらに高まりました。
その後も28歳の時に有限会社Enhanceの取締役となり、映像制作事業、情報コンサルティング事業など様々な事業に取り組んできました。
2015年、年商5億円規模の会社へと大きな成長を遂げました。

白石達也の現在

白石達也は現在、ネット上でビジネスを学ぶサイト運営を中心にIROASの創設者として活躍しています。
alchemiは自宅でオンライン学習が可能で、自宅に居ながら世界水準の教育を受けることが出来ます。
ビジネス上でのノウハウを、実際に成功している実業家から教わるため、資産構築戦略や集客理論をはじめ、ワードプレスの運用方法、コピーライティング・ニューロンマーケティングに至るまで、実践的な知識を得ることが可能です。
自分自身でお金を稼ぐことの大切さを知っている白石達也だからこそのビジネスと言えるでしょう。
幼少期から勉学好きで、思春期には周囲から浮いてしまった経験を通し成長を諦めなかった白石達也は成功者となりました。
今後も成長したい人を応援するビジネスを通し、彼自身もさらなる成功を収めていくのではないでしょうか。

白石達也のリバティーレジデンツとは


白石達也が提供している「リバティーレジデンツ」は、新しい収入スタイルを確立するための最新プログラムとして注目されています。
IROAS会員に向けて開発されたプログラムですが、非会員でも利用することが可能です。
このプログラムを通して、新しい収入システムに関する様々な正確な知識を習得することで、不自由のない暮らしを手に入れる人も増えています。

リバティーレジデンツについて

「リバティーレジデンツ」は、白石達也が手掛けるプログラムで「何にも束縛されず、自由に自分の運命を切り開き、思いのままに生きる」人をサポートするという理念から開発されました。
つまり、リバティーレジデンツは世界で最も自由な収入システムを手に入れるための教材です。
そのために、このプログラムには質の高い情報を豊富に揃えました。
リバティーレジデンツでは、正確な仮想通貨に関する知識を得ることが可能です。
仮想通貨や投資を学びたい人にとって、その内容の難しさがネックになる場合も多いでしょう。
投資や節税、仮想通貨などは一歩間違えば大きな損失を生む可能性もあり、中途半端な知識で手を出すべきではありません。
そのため、リバティーレジデンツのプログラムでは仮想通貨の基礎的な理論から、運用のコツ、投資や節税の方法までを分かりやすいシステムで学べるように工夫し、実践する人のサポートとなるよう開発しました。
初心者でも正確な知識と方法論を学べば、お金を稼ぐことができます。
リバティーレジデンツは、LINE@ATMシステムとも連動し気軽にお金を稼げる環境も整っています。

リバティーレジデンツで学ぶ仮想通貨投資

仮想通貨投資でお金を稼ぐためには、いくつかの重要なポイントがあります。
リバティーレジデンツでは、仮想通貨投資について4つのポイントに分けて詳しく学ぶことが可能です。
簡単に触れるなら、まず1つ目は投資に充てる金額は失っても大丈夫な範囲に留めることです。
2つ目はお金の流れの中で出口を明確にし、3つ目として投資スタイルは堅実タイプか一発逆転タイプかを決定しておくこと、そして4つ目は投資スタイルに適した組み合わせ、つまりポートフォリオを組むこととなります。
仮想通貨での取引を成功に導くための4つの基本ポイントを踏まえて仮想通貨投資の実践のために情報を提供しています。
また、リバティーレジデンツでは長期的な資産運用を視野に入れたオプトインATMシステムも導入し、収益の安定化への対策にも力を入れています。

リバティーレジデンツの仕組み

専用サイトに会員登録することで仮想通貨運用に関連する様々な情報を得ることが可能となるサービスです。
多くの有益な講座がネット上で受講できるシステムのため、時間や場所を問わずに学ぶことができます。
仕事や家事の合間を有効活用し、お金を稼ぐための知識を得たい人に最適のサービスとなっています。
オプトインATMシステムの稼働ポイントやビジネスのアイデアなどに関するニュースレターを毎月受け取ることも可能です。
投資家にとって投資に関する正確な情報を入手することは必須ですが、リバティーレジデンツでは投資関係の情報も、株式売買のタイミングなどのアドバイスも入手できるので、経済の仕組みを知りたいユーザーだけではなく実際にお金を稼ぐ際に必要な情報を得ることができるのが大きなメリットでしょう。
仮想通貨投資についての正確な知識と、タイミングの良い必要な投資情報が、自由で新しい収入システム構築に有効となるはずです。
リバティーレジデンツのプログラムは、新しい収入システムを目指す人をサポートする最新のプログラムです。
自分の自由な時間に自由な場所で仮想通貨投資について学び、新しい不自由のない暮らしを手に入れてみませんか?

白石達也のファンタジーメソッドとは

ここでは白石達也が手掛ける情報商材のうちの一つ「ファンタジーメソッド」について紹介していきましょう。
誰でも稼げる新しい商材だと評価している人もいれば、単なる高額塾だと酷評する人もいます。
ファンタジーメソッドはどのような人から求められている商材なのでしょうか?

ファンタジーメソッドって何?

白石達也は「ランドオブハンモックユーチューバー」の商材を販売したことで、億単位の資金調達に成功した若き実業家です。
そんな彼が提供する商材は1つに限らず「ファンタジーメソッド」という今世紀最大のマーケティング手法も開発しました。
このファンタジーメソッドは「白石塾」とも呼ばれていますが、入塾金30万円で入会可能な情報商材として知られています。
白石塾ではビジネスまたはそれ以外の場面でお金を稼ぐノウハウや知識を提供してもらうことが可能です。
決して気軽に入会できる運営体制ではありませんが、見方を変えれば入塾金30万円さえ支払ってしまえば、自分も彼のように億万長者になれるという見方もあります。
何も最初から特別な知識や能力を持っている必要はありません。
ビジネス経験の浅い初心者でも白石塾のサポートを受け、月収1000万円、年収4000万円に到達した経験者もいます。
ビジネス経験者に関してはさらに収入を増やそうと入塾を検討する人たちもいるくらいです。
こうした実績からファンタジーメソッドが受け取れる白石塾の存在は、非常に有効価値の高い商材であるということが理解できるのではないでしょうか。

ファンタジーメソッドは怪しいという否定的な意見も

ファンタジーメソッドは入塾金が高額であることから、詐欺商材なのではないかという否定的な意見も少なくありません。
彼自身学生時代に辛い経験を幾度となく向き合ってきており、お金を稼ぐということはそれなりのリスクも覚悟しなければならないということも悟っています。
周囲からの評価に自分自身の存在意義を見失いそうになったこともあったようですが、彼は自ら起業して成功者になろうというシフトチェンジを行ったのです。
白石塾では過去の苦労を経験した上で、よりリアルで実践的な知識を提供することができています。
入塾した人を少しでも成功させたいという思いから、このような情報商材を提供することを決意したとも言えるでしょう。
ここでは白石達也のファンタジーメソッドについて解説してきました。
彼が持つ才能や実績はネットビジネス業界からも支持されており、彼自身に興味のある人達も増えてきています。
今後もファンタジーメソッドだけに限らず、成功者になるためのコンテンツやサービスを幅広く展開させていくことでしょう。

リバティーレジデンツとファンタジーメソッドは怪しいのか!?


白石達也のファンタジーメソッドに関して調べてみると、「怪しい」という印象を受ける人も少なくありません。
そうなるとリバティーレジデンツも怪しいのではと不安に人は少なくないでしょう。
本当にリバティーレジデンツとファンタジーメソッドは怪しいのか考察してみました。

リバティーレジデンツは怪しい?

リバティーレジデンツは主に仮想通貨や海外での生活に関する情報を手に入れられる商材です。
仮想通貨投資やビジネスに特化した内容ですが、結論から言うと怪しい教材ではないと言えるでしょう。
仮想通貨関連の情報商材は数々ありますが、取引所での購入方法や特定の銘柄だけを紹介するといったものが多いです。
一方、リバティーレジデンツは仮想通貨の基礎や歴史から始まり、その上で最適な投資方法などを学べる内容となっています。
仮想通貨の本質を理解した上で稼ぎにつながる投資のアドバイスが受けられるので、安心して仮想通貨投資を始めることができると言えます。
また、リバティーレジデンツでは投資や経済情報に関する情報を配信するレポートも利用することが可能なので、仮想通貨投資の初心者にとって嬉しい情報がたくさんある商材でしょう。

ファンタジーメソッドが詐欺という印象を受ける理由は?

そもそもなぜファンタジーメソッドが詐欺商材と怪しまれる理由は、入塾金の高さでしょう。
上記でも説明しましたが、ファンタジーメソッドの入塾金は最低でも30万円となっており、決して安い金額ではないのでまとまったお金を用意するのは容易ではありません。
また、絶対稼げるという保証がないということでしょう。
簡単に稼げるようになると商材で宣言されているとは言え、多少の努力や工夫を行わなければ確実な効果は得られないと考えます。
ただ教材を見れば終わりではなく、なぜ稼げるのか十分に理解した上で実行しないと彼や成功者のように稼ぐことは難しいと言えるでしょう。
ややリスクのある情報商材であるので、入塾金が高いと失敗した時のことを考えてしまい、マイナスイメージが強くなってしまうのではないでしょうか。

また、「ファンタジー」という単語は幻想や夢という意味合いが強いので、嘘や騙して金を稼ぐ手法と思いこんでしまう人も少なくないようです。
なぜ白石達也はファンタジーという単語を使ったのかというと、「夢=将来なりたい自分」という考え方ができるからでしょう。
例えば、化粧品はきれいな顔やなりたい顔にするために購入して使うものであり、これも一つの夢と考えられます。
日本は物から情報に需要が変化するとされており、つまりファンタジーの本質はそれぞれが持つ悩みや感情、夢などの無形物に訴えかけることではないでしょうか?

「ファンタジー=詐欺・嘘」ではなく、理想的な将来を掴むという意味が込められていると考えると悪質な印象は薄れるかと思います。

成功する人と成功しない人の違い

白石達也の情報商材を購入して成功した人もいれば、成功しない人もいます。
成功しない人の特徴は様々ですが、情報商材を購入してノウハウを身に付けたことに満足してしまい、実践していない人がほとんどのようです。
成功するためには地道に続けていくことが大切で、作業しているつもりでは稼ぐことが難しいでしょう。
また、アフィリエイトの場合、3ヶ月ぐらいは収益がほとんど発生しないので、作業を継続しても1ヶ月未満で成果が出ずに諦めてしまえば収益化は見込めないと考えられます。
また、これは知識がある人に多いことなのですが、必要のない作業や効率の悪い作業と決めつけ、正確に実践しないことから上手くいかないパターンも少なくないようです。
稼げない人が稼げている人と同じ思考回路や経験値で線引きしても、基礎が整っていない時点で効率よく稼ぐことは困難と言えるでしょう。
まだ正しく実践できていないうちにアレンジを加えることも成功率を下げる要因になっているかもしれません。
一方、白石達也の情報商材で成功している人は商材通りに実践し、慣れてきたころから必要のない作業の判断や適切なアレンジでオリジナリティを出せるようになるのでしょう。
教材の本質を理解せずに失敗している人達からにすれば、リバティーレジデンツや高額なファンタジーメソッドは悪質ととらえてしまうのかもしれません。

白石達也のまとめ

白石達也のリバティーレジデンツやファンタジーメソッドについてご紹介しましたが、情報商材はどうしてもイメージが悪くなりがちです。
しかし、彼の情報商材を通じて成功した人は多く、IROAS会員数は3500人を突破しています。
このことから、多くの人々が白石達也の情報商材に興味や関心を持っており、また彼を支持しているのだと分かるでしょう。
リバティーレジデンツやファンタジーメソッドに対して怪しい印象を持つ人は少なくありませんが、彼は学ぶ自由や経済的な自由など人々に生きていく上での自由を確保することを目的に商材を提供しています。
自分の利益ばかりを優先せず、後継者を育てることを意識してできたものなので、純粋に稼ぐ方法、経済的な自由を手に入れて好きな場所で暮らすための知識が欲しい人にとって最適な商材でしょう。

情報商材は様々なものがあり、それぞれ売るために様々な手法を使ってきます。
例えば、A商材はここが良くないと悪評をズラズラ書き、最後に記事中に話題が上がっていないB社に対しておすすめと記載しているブログなどを見かけることがあるかもしれません。
これは自社の情報商材を売り込むために、あえて他社の商材のマイナスイメージを強めるための情報を掲載している可能性も考えられます。
特に終盤に商材の購入やメルマガ購読を催促するような内容の場合は、比較させることで自分がおすすめする商材の購入を促そうとしている可能性が高いでしょう。

商材を交わせるために表現が大きくなっている場合もあるので、その結果、リバティーレジデンツやファンタジーメソッドに対して悪い印象がついているのかもしれません。
実際購入してみると評判よりも良かったというケースは少なくないので、周りの評判だけを鵜呑みにして別の商材を選ぶと逆に損をしている可能性は十分にあり得ます。
自分にリバティーレジデンツやファンタジーメソッドがぴったりかどうか、商材の特徴やシステムを理解した上で検討することが大切でしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。