金融

リバティーレジデンツと深い関わりも!仮想通貨の役割とは

こんにちは!

本日は、白石達也のリバティーレジデンツと、仮想通貨の役割などについてご紹介していきます。

皆さんは仮想通貨に対してどのようなイメージを持っていますか?

仮想通貨は近年注目されている通貨であり、投資目的で利用されることが多いです。

しかし、中には実際に存在しない通貨なので利用するのに不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。

リバティーレジデンツではそんな方も安心して利用できるよう、様々な仮想通貨の情報を提供しつつ、投資資金を稼ぐためのシステムまで紹介しています。

今回はそんなリバティーレジデンツとの関わりも深い仮想通貨が経済とどんな関係を持っているのか、そして仮想通貨にはどのような役割があるのかなど、詳しくご紹介していきます。

リバティーレジデンツはもちろん、仮想通貨に興味があるという方はぜひ参考にしてみてください。

 

リバティーレジデンツとは

白石達也が提供するサービスの中に、リバティーレジデンツというものがあります。

若くして成功した白石達也が提供する情報商材・リバティーレジデンツがどのようなものか見ていきましょう。

自由な生き方を目指すリバティーレジデンツ

リバティーレジデンツは、白石達也が提供している情報商材の1つです。

リバティーレジデンツの学びの中では、何事にも縛られずに自由に自分のことは自分で決めて思いのままに生きていくという生き方を目指します。

具体的には、仮想通貨に関する知識や投資方法、仮想通貨以外の投資についての知識、節税テクニックまで幅広い知識やテクニックを身に付けることができるというものです。

どうして、そのような知識やテクニックを身に付けることによって「自由」を手にすることができるのかというと、居住地に縛られることなく自由に収入を得得るという目標を達成するために必要なものになるからです。

企業で働く場合は、できるだけ会社の近くに住む人が多いと思いますが、いくら住む場所が自由であっても「会社の近く」という縛りが生まれてしまいます。

リバティーレジデンツの考えの中では、完全な自由とは言えません。

リバティーレジデンツの考える自由は、海外に住んだり、世界中を旅していても、安定した収入を得ることで本当の自由を手に入れることができたと考えます。

そのためには、仮想通貨に関する知識や投資方法などの知識を身に付け、効率良く活用していくことで自由に生きながらを収入を得ることもできるのです。

その実現のために、リバティーレジデンツでは仮想通貨などの情報を発信しているといえるでしょう。

リバティーレジデンツのにはどのような特徴があるのか

リバティーレジデンツの特徴の1つは、投資するために必要な資金を稼ぐための方法も教えてもらえるということです。

仮想通貨関連の情報商材というのは国内だけでもたくさん存在していますが、その多くは投資に必要な資金がふんだんにあること前提になっています。

つまり、余剰資金がある人だけが得をするという偏った仕組みになっているといえるでしょう。

しかしリバティーレジデンツでは、余剰資金がないという方でも投資ができるようなシステムも紹介しているため、他の情報商材との差別化ができています。

そんなリバティーレジデンツでは、YouTubeLINEATMシステムやオプトインATMシステムなどを活用した最新システムと起用しているため、初心者でも安心して余剰資金を稼ぐくことができるのです。

仮想通貨の投資を成功させるためには

白石達也が考える仮想通貨投資で成功するためのポイントは4つにまとまっています。

そしてそれらは、リバティーレジデンツの学びの中で知ることができるのです。

仮想通貨投資で成功するためのポイントは、どのようなものか見ていきましょう。

 

1つ目は「損失しても良いと思える金額を決める」ということです。

仮想通貨は相場が変動しやすく、損失を出してしまう可能性ももちろんあります。

そのため、ローリスクで確実に利益を増やしていくには、損失しても良い金額を設定しておくと良いでしょう。

 

2つ目は「あらかじめゴールを決めておく」ということです。

ゴールが決まっていれば、具体的な目標を設定しやすくなります。

そしてゴ-ルが決まっていれば、ゴールに向かって目標を少しずつクリアしていくだけなので、ゴールを決めておくことは大切だといえるでしょう。

 

3つ目は「自分自身に合った投資スタイルを決めておく」ということです。

投資のスタイルは人それぞれです。

コツコツと地道にしかし確実に利益を出す投資スタイルの人やそれともハイリスクハイリターンで大きな利益を出す投資スタイルの人など、様々なスタイルがある中で自分に最適なスタイルを見つけて結果を出しましょう。

 

4つ目は「投資スタイルに合ったポートフォリオを組めるようにする」ということです。

投資スタイルによって狙うポートフォリオは異なります。

つまり、投資スタイルに応じたポートフォリオを組めるようなれば、仮想通貨の投資を成功させることもできると考えられています。

経済の歴史

ここからは、日本の経済の歴史について理解を深めていきましょう。

日本経済は、戦後飛躍的な高度経済成長を遂げました。

現在は低成長期と呼ばれていますが、どのような歴史を経て現在の経済に至ったのでしょうか?

戦後の経済成長

2次世界大戦が終戦となったのは1945年です。

日本が、第2次世界大戦で壊滅的な被害を受けたことは多くの方がご存知の通りです。

その当時は、GHQの占領政策による財閥の解体や、被災した生産設備・物流の寸断・物資の不足など、数々の要因で日本経済は混迷状態となりました。

また、地主も農地改革によっていなくなり、自作農が数多く誕生したことで経済の民主化を進めていったのです。

1950年になると、朝鮮戦争が勃発し、日本を前進基地として特需景気が発生したことで、日本産業が大きく繁栄していきました。

1954年~1974年は高度成長期と呼ばれた時代で、朝鮮特需景気で獲得した外貨を元手に設備投資の生産増大、戦災の復興によるインフラ整備、労働賃金上昇における購買力増大で製造業が発展しました。

また、1964年の東海道新幹線や東京オリンピックなどの特需によって日本経済は好調になっていったのです。

1960年に池田内閣が発表していた「国民所得倍増計画」では、10年間で国民総生産(GNP)を26兆円に倍増させるというものでしたが、これが7年間で達成され、失業率も3%をきるほどにまでなりました。

国民所得倍増計画が終わった後も、日本経済はどんどん伸びていき、1980年代には高度施経済成長期からバブル経済へと投入することになります。

金利が下がったことで新事業を展開する企業も増え、土地の価格高騰の影響もあってバブル経済が膨らんでいったのです。

円高であっても貿易が黒字となり、第2次世界大戦後から1991年までの46年間の日本の経済発展は驚異的な記録を残しています。

バブル崩壊後の日本経済

1991年になるとバブルが崩壊し、飛躍的に成長した日本経済も低成長期に入ります。

バブルが崩壊したことで資産価格が下落し、日銀が必要以上に工程歩合を引き上げ続けます。

また、国内の政治体制の混乱やバブル後遺症の不良債権処理、アメリカで起こったリストラやダウンサイジングなどによる整理解雇ブームは、低成長期の大きな要因となりました。

その後終身雇用制度の崩壊やデフレ、資金調達の直接金融転換、産業の空洞化も進んでいます。

1998年になると、インターネットを活用したIT関連の株価が上昇し始めます。

アメリカの同時多発テロによりITバブルは崩壊したものの、労使関係の見直しや雇用の流動化が進み、経済格差が徐々に拡大していきました。

現在も低成長期が続いていますが、2012年に就任復帰した安倍晋三が掲げたアベノミクスの金融緩和によって、急速な円安・株高が起こり、日経平均もリーマンショック以前の水準へと戻っています。

ただ、中小・零細企業にはアベノミクスの効果が波及しておらず、今後の日本経済は不安材料が多い状態にあると言えるでしょう。

また、少子高齢化や賃金低下などで日本経済は縮小すると見られており、経団連や財界、大企業は政治への積極的な働きかけや海外市場の開拓も行っています。

日本で経済の自由を手に入れるには

リバティーレジデンツのテーマになっている「居住地の自由」において、経済の自由は重要な項目の1つになっています。

今後の日本経済は、不安要素が多く、その中で資金形成を行っていくには困難を要するのではないかと考えられます。

しかし、資産運用・会社経営者・権利収入などによって効率良く収入を得るためにはリバティーレジデンツで実践的に学ぶことが大切になってくるでしょう。

近年話題の仮想通貨や、人生に影響を与える情報も豊富に習得することができます。

今後の日本経済を踏まえても、経済的な自由を手に入れることができるリバティーレジデンツは注目されていくに違いありません。

仮想通貨と経済の関係

リバティーレジデンツでは、経済的な自由を手に入れるため、様々な分野を学習することができます。

仮想通貨もその1つで、日本の経済市場においても何かと話題の仮想通貨について詳しく習得できる特徴があります。

そもそも仮想通貨は、どのようにして誕生したのでしょうか?

ここでは、仮想通貨の誕生や経済との関係について紹介しましょう。

仮想通貨が生まれたきっかけ

仮想通貨誕生のきっかけとなったのは、2008年にインターネットに核となる論文を「サトシ・ナカモト」という人物が公開したことです。

そこには分散技術であるブロックチェーンと秘密鍵での暗号管理における理論が記載されており、それに基づく研究やソフトウェア開発が進み、3ヶ月後には仮想通貨ビットコインが誕生しました。

2010年に仮想通貨取引所が誕生してからというもの、ビットコインの売買取引が行われたことで通貨としての価値が生まれたのです。

ビットコイン誕生当初はハッキングやシステム障害も多々ありましたが、現在利用できるサービスは拡大しており、仮想通貨の銘柄も取引所も増え注目されています。

法定通貨にはない利点がある

仮想通貨は、デジタル通貨であり法定通貨とは全く異なります。

法定通貨は、日本では言えば「円」、アメリカで言えば「ドル」などの各国が定めている国の通貨です。

日本の法定通貨は日本銀行が発行管理しています。

発行数の上限もなく、そのときの情勢に合わせて中央銀行が発行数を決定し調整しているのが特徴です。

仮想通貨は、日本銀行のような管理機関がなく、発行上限も決められており、変動することもありません。

日本ではまだまだ信頼性に欠ける仮想通貨ですが、世界では法定通貨よりも信頼されているケースも多いです。

それは、法定通貨よりも優れている点が仮想通貨にはあるからです。

法定通貨は偽札などの問題がありますが、仮想通貨は偽物を作ることが不可能で、世界共通で決済・送金ができます。

そのため、世界各国に行く度に換金する必要もなく、経済活動に関わるコストも、法定通貨に比べると圧倒的に抑えることができるのです。

仮想通貨は、誰でも・どこでも・いつでも手間をかけることなく送金することができます。

目に見えないデジタル通貨だからこそ、今後世界敵に利便性が高まることが予想されており、日本でも浸透していくのではないかと言われているのです。

日本でも、仮想通貨市場の広がりで仮想通貨決済を導入している企業も増えてきています。

注目されている市場であるだけに、白石達也のリバティーレジデンツで仮想通貨を習得することは、大きなメリットがあることでしょう。

今後の仮想通貨の役割

仮想通貨の将来性が期待されている中で、現在はその価値の乱高下が続いています。

日本では、仮想通貨を投機対象として見ている方が非常に多く、値動きの激しさに躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか?

しかし、仮想通貨は大きな可能性を秘めていることも確かです。

ここからは、今後の仮想通貨の役割についてまとめていきます。

増えている訪日外国人

仮想通貨は、外貨を日本円に両替する手間や手数料をなくすことができるため、2020年に開催される東京オリンピックに向けてインバウンドビジネスの成長が期待されています。

ここ数年、日本では訪日外国人の数や国内での消費額も上昇傾向にあります。

外国人が日本国内でたくさんお金を使ってくれることは、日本滞在への満足度が高いことを意味しており、再訪を含めて今後もそういった傾向は続くことが予想されているのです。

しかし、世界各国に比べると、法定通貨を主とする日本の経済状況に不満を持つ外国人が出てくる恐れもあります。

日本には、外貨の両替ができる窓口も両替所も少なく、交換にも手数料がかかります。

日本で多くの消費を考えている外国人がいても、その範囲が狭まれば不満が出る可能性も高いでしょう。

仮想通貨は問題解決の鍵になる

東京オリンピックの年になれば、これまで以上に多くの外国人が訪れることになります。

そこで仮想通貨は、こうした問題を解決する鍵になると期待されているのです。

現在は、仮想通貨を使用できる店舗や場面も少ないですが、インバウンドビジネスの成長で今後増えていくことが予想されています。

将来的には、身近な飲食店や宿泊施設、交通機関でも利用可能になっていくでしょうし、そうなれば訪日外国人は両替をせず消費意欲を満たすことができるでしょう。

法整備とシステム問題解決に向けて

日本では、飲食店や宿泊施設、交通機関などといった身近なところで仮想通貨を使用することはまだできません。

また、それらを実現するには法整備やシステム問題も解決する必要があります。

日本政府は、仮想通貨に対して懐疑的な見解を持ちながらも、仮想通貨取引所としてのあり方や今後の改革的役割についても検討しているのではないかと言われています。

そうなれば、徐々に仮想通貨が国民に浸透され、普段の買い物や移動にも仮想通貨決済を利用する方が増えていくに違いありません。

仮想通貨は、単なる投機としての役割を果たすだけではありません。

2017年には、日本においても正式な支払い方法の1つとして仮想通貨が「通貨」として認められています。

今後、日本でも仮想通貨に関わる機会が増えてくると考えられ、仮想通貨の将来性を期待して長期的に保有する方や、単純な投機として資金形成を行う方、お小遣い稼ぎや興味本位で始める方もいるでしょう。

日本政府も、仮想通貨に対して前向きな姿勢を示していることがわかっています。

世界的にも仮想通貨がさらに浸透していくでしょうし、将来性が高い通貨と言えるのではないでしょうか?

リバティーレジデンツで仮想通貨を熟知しよう

リバティーレジデンツは、仮想通貨の将来性にいち早く着目し、基本的な知識や、取引における注意点に至るまで、あらゆる情報を学ぶことができます。

日本ではまだまだ仮想通貨を保有している方は少ないです。

しかし、日本政府が仮想通貨を正式な通貨として認めていることからも、今後は仮想通貨保有者が増えていくことがわかります。

そこで、無知な状態で仮想通貨を保有するのではなく、リバティーレジデンツで仮想通貨における正しい知識や取引におけるノウハウまで習得した上で保有することが大切ではないでしょうか?

仮想通貨が担う役割は、今後さらに拡大していくことでしょう。

まとめ

白石達也のリバティーレジデンツや、日本経済の歴史、仮想通貨についてまとめてきました。

リバティーレジデンツは、近年注目されている仮想通貨をはじめ、経済において必要な知識や最新の情報を基に実践的な学習をすることができる教材プログラムです。

仮想通貨に関する知識を提供するコンテンツやプログラムは、現在インターネットを通じて多く目にすることができます。

しかし、その中には間違った情報も多く、正しい知識を持って運用していくことは難しいのではないかと言われています。

また、リバティーレジデンツはただ単に仮想通貨の基本要素を教えてくれるだけではなく、投資を行う上で必要なポイントや、その方にあった投資方法を選択することの大切さも教えてくれます。

これは、他の情報商材にはない魅力なのではないでしょうか?

リバティーレジデンツは、仮想通貨をはじめとする経済関連の情報だけでなく、経済的に豊かに暮らしていくためのノウハウや、自由に生活していくために必要な知識も豊富に習得できるよう、様々な分野の情報を常に提供しています。

いつでも・どこでもインターネットを通じてその方に合う方法で学習することができるプログラムなので、ただ配信されてくる最新情報を気ままに読んでいるだけでも、人生に大きな影響を与えてくれるに違いありません。

日本の経済状況は、上記でも触れた通り不安定な状況で推移しているのが現状です。

そんな中で、効率的に資金形成しながら自由に暮らしていけるようになるには、どれだけの努力が必要になるでしょうか?

リバティーレジデンツは、不安定な経済状況の中でも、そのときに必要な情報を入手できます。

だからこそ、安心して自分に必要な知識を学び、お金を稼ぐためのノウハウを身に付けることができるのです。

仮想通貨は、世界的にも広がりを見せており、それは日本でも同様です。

日本では訪日外国人数が年々増えており、仮想通貨による決済手段の導入や、仮想通貨の日常的な利用が期待されています。

それだけ注目される仮想通貨も、リバティーレジデンツでは豊富な情報の中から学ぶことができるのです。

リバティーレジデンツは、現代に欠かせない情報を深め理解し、実践できるようになる方が1人でも多く増えて欲しいという白石達也の願いが込められたプログラムです。

ここまで、リバティーレジデンツをはじめ、日本の経済状況や仮想通貨の関係について理解を深めてきました。

情報社会と呼ばれる現代では、その中から本当に正しい情報を見つけ、学ぶことは難しくもあります。

しかし、白石達也のリバティーレジデンツのようなプログラムは、人々にとって非常に役立つものになっていくに違いありません。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。