電力

ハルエネでんきのメリットデメリット

2016年4月からの日本では電力の自由化が始まりました。
皆さん、電力自由化、という言葉を聞いたことがありますでしょうか。また、電力自由化と聞いてどんなことが頭に思い浮かびますでしょうか??

この記事では新しい電力プランを販売している株式会社ハルエネに注目をし、電力自由化によって消費者はなにができるようになったのか、またハルエネはどういったサービスを提供しているのかを紹介致します。

電力の自由化と言われてもすぐにはイメージが付き辛いですよね。今までは部屋を借りると既に固定の電力会社がいて、特に何も不思議に思うことがなくただ請求される金額を支払うというのが普通だったのですが、ここに一つ「電力会社はどこにしようかな?」という疑問が発生するのです。

お得になるのであればもちろん変えればいいし、今のままで十分と思い特に何も変えないというのも個人の自由だと思いますが、知らないよりも知っている方が良いというのは多くの人が納得してくれることだと思います。

電力自由化ってどういうことだろう。具体   的な会社は?評判は?メリット・デメリットは?電力小売業者のビジネスモデルは?など疑問に思っている方の疑問をハルエネという会社の例を元に解決することがこの記事でできればと思っています。

具体的なサービス内容について

ハルエネの事業は主に法人相手に行っております。

一般家庭用のプランも備えているということですが、主には店舗を運営している法人向けに営業活動を行っているようです。

店舗を運営している法人というと、どのような業種が考えられますでしょうか?例えば飲食店、服屋、小売店などが対象になりそうですね。

ハルエネが電気をどうやって販売しているのか、その仕組についてですが、まず抑えなければならないのは発電業者と電力販売業者の違いについてです。
簡単に違いを記載しますと、発電業者はその字の通り火力・太陽光・原子力など様々な手法を用いて電気を作る業者のことです。
発電業者の例を挙げると例えば皆さんが思いつくような大企業が挙げられると思います。中部電力、関西電力などが発電業者ですね。

発電業者が発電した電力を販売するのが、ハルエネなどを含む電力販売業者というわけですね。
ハルエネは電力を買い取り、他商品などの組み合わせや割引プランを作成し営業を実施、そして送電にあたっては発電業者の送電網を使用するという仕組みです。
電力の商社版?という風に考えて頂けるとわかりやすいですね。
この他商品との組み合わせやどのようにプランづくりをするのか、ということが株式会社ハルエネの腕の見せどころということになっているのですね。

電力の自由化とは?

ハルエネがどのように電力を販売しているのか、という点については前段で記載した通りです。

では、2016年の電力自由化においては何が変わって、どんな良いことがあるようになったのでしょう。

電力自由化の前の日本社会は住んでいる地域によって電力の販売業者が決まっており、どこから買うのか、どんな料金で買うのかが非常に限定的な状態でした。
実質的な独占状態が続いていたのが、この電力業界でした。みなさんも小さなときは東京に住んでいれば東京電力から請求書がきて、関西に住んでいる方は関西電力から請求書が来ることに一切の疑問は持たれなかったのではないでしょうか?

このような状況だったのですが、2016年より電力をどの会社から購入するかを選んでも良い、と仕組みが変更になり、市場全体に競争が発生したのです。
ここでハルエネのような新興業者が台頭してきて、他サービスとの組み合わせなどを駆使するようにこれまで大企業が独占をしていたマーケットに進出しているのです。
電力というのは他商品とは違い、消費者に届けるにあたっては発電所、送電網など、大きなインフラが必要であり新興企業の参入障壁が非常に高かったのですが、販売業だけ行えるということで新興企業が出現したのですね。

日本では企業がマーケットを独占するということはもちろん禁止をされており、独占状態が発生してしまうと商品・サービスの質が向上しなくても売上が立ってしまうので消費者からするとより良いサービスを受けることができません。電力販売会社が自由に選べるというだけで競争原理が働き消費者にとっては非常に良い市場状態になったのではないでしょうか。

他新電力業者との違いって?

 

さて、ここまでハルエネという会社の概要、また今回の電力自由化についての背景を記載致しました。
では実際にサービスを導入する、電力販売会社を見直す際にはどのようなことに注意しなければならないのでしょうか。

ネット上でもこの点については様々な疑問が寄せられており、一部を抜粋しつつ調査をしてみたいと思います。

「電気の質は変わらない?供給が不安定にならないの?販売会社が倒産したら停電になるから大きな会社の方が安心なんじゃないの?」

なるほど、こういった不安は確かにあるかもしれませんね。結論から書きますと、電気の質も変わらないし、供給も不安定になりませんし、例え倒産したとしても停電になることはありません。上段にて記載をしている通り電力販売会社は電力を発電業者から仕入れ、サービスを組み合わせて販売を行っているだけですので、電力自体の質も変わりません、実際に日頃電力を使用する場合にも何一つ変化はないと言って間違いないでしょう。
また仮に倒産した場合については地域の電力会社が代替で送電を行うことが国によって義務付けれているので問題はありません。


そもそも電力の小売業を行う場合には国による認可が必要であり、電力をきちんと販売できるのかどうかの審査を経なければ事業者として営業を行うことはできませんので、倒産するということ自体も殆どないのではと思います。

「そもそもなんで安くなるの?」
質が変わらないのになぜ電気料金のみ下がるのか、ということについての疑問ですが当然の疑問だと思います。
各社電力小売業者の回答はこちらです。

株式会社ハルエネ:
発電事業者から安く電力を調達し、設備投資等にかかるコストと、人件費等の固定費を抑制をしているので、
従来の電気料金よりも安く提供することが可能となります。

株式会社LOOOP:
従来の電力会社とは異なり、火力発電所や原子力発電所のような大規模な施設を持たないため、固定費が少なくてすむからです。

ということでやはり固定費用を小売に徹することで固定費用を削減し、月額費用を削減している点は殆どの会社で同じようですね。
auもauでんきという名前で電力小売業界に進出していますが、auの場合は既存の顧客を中心に携帯の利用料だったりauWALLETとの組み合わせ、ポイントの付与など、
単なる値下げではなく、他サービスと組み合わせを行うことをウリにしているようです。
このように電力小売り業者各社は様々試行錯誤をしながら営業活動を行っているようです。昨今では数多くの小売業者が出現している状況でございますが、
電力が安くなったり、メリットを「感じる人がいるからこそ業者が増えているのだと思います。各社ホームページは備えていますので一度電気料金のシュミレーションを依頼してみるのはいかがでしょうか。
また、複数の企業にてシミュレーションを行い、値段を横に並べて料金やプランの比較をしてみるのも面白いかも知れませんね。

総括

これまで電力自由化について、またハルエネのネット上の口コミと記載していましたが、いかがでしたでしょうか。
2016年以降様々な業者が出現をし、営業活動も盛んに行われているようです。

株式会社ハルエネは低圧部門においては小売業者内で上位のシェアを獲得しており、
加入する方も増えてきているようですね。営業担当から電話がかかってきた場合には少し耳を傾けて、
月々の電気料金が安くなりそうであれば検討を進める。特に変わらない、むしろ高くなるということがわかればしっかりとその旨を伝えるということで問題ないと思います。
ただ電力販売会社が発電をしている訳ではないので、電力小売業者は発電会社から電気を仕入れているため、
電気の質が変わることがないという点、また停電などが発生したとしても影響はないということを知ってさえいればお互いに話がスムーズに進むのではと思います。

これからも新しい業者がどんどん出てくると思いますので、どんな新しいサービス形態が生まれるかをチェックしていきたいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。